短期留学で効果を出すには?短期留学におすすめの国とプログラム

4803

View

Wikimedia Commons

最近では、大学生だけでなく高校生などの留学初心者や忙しい社会人の方でも行きやすい短期留学のプログラムが増えてきました。格安海外留学のできるフィリピン・セブを始め、費用の安い留学が可能になってきたおかげで、短期留学者は年々増え続けています。短期留学は本当に効果があるのでしょうか?短期間で語学力・英語力は向上するのでしょうか?また人気度が高まる韓国留学やサマースクール、専門的な資格やスキルを身に付ける短期留学も気になるところ。そんな短期留学の費用や、短期間で効果を出すための方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

英語を学ぶ英語留学

女性の写真です

短期留学をする目的で一番多いのは「英語を身につける」こと、つまり英語留学です。英語は今や世界の共通言語となっています。英語力を身につけることで自分のキャリアやスキルの幅を広げることもできます。

英語が話せない人でも大丈夫!?

英語ができない人でも、短期留学を通して話せるようになるケースは多々あります。英語ができない人のほとんどは、自分が「全く英語が話せない」と思い込んでいる場合がほとんどです。苦手意識さえなくなれば、英会話をしていくうちに日常会話程度ならすぐ喋れるようになるでしょう。重要なのは、たくさん話すことです。日常英語は中学英語までの勉強で十分だと言われているのも、基礎さえあればあとは場数をこなすだけだからです。

費用も安いので初心者にもお勧め

短期留学は英語初心者の方に最もおすすめされている留学プランの一つです。短期間でどの程度英語力が伸びるかを試すこともできますし、集中して自分の目標レベルの英単語英語表現を覚えきってしまうこともできます。また、留学費用も安くお仕事や学校で忙しい方でも気軽に挑戦できます。最近では格安で短期留学ができるプログラムも増えてきているのでチェックしてみましょう。

勉強法次第で英語が話せるようになる

短期留学をする上で「短期でも効果はあるのか?」と思う方はたくさんいると思います。留学したからといって必ず効果が出るとは限りませんが、予習・復習を毎日行うなど勉強法を工夫することで短期間でも語学力の向上を図ることができます。

たとえ長期の留学だとしても、外国にいるだけで英語が話せるようになるとは言い切れません。シドニーなど日本人がある程度いる都市では特に英語環境を作る努力が必要になります。

アメリカへの短期語学留学

メジャーな留学先であるアメリカ語学学校には、大学付属や民間の語学学校、専門学校などの学校があります。大学進学を目指す短期英語コースのある学校や、ボランティアも体験できる学校色んなアクティビティを楽しめる学校など、短期でもそのプログラムにはさまざまな特色があります。

また、アメリカの中でも都市ごとに留学生活は変わってきます。短期間でも選ぶ都市や学校によってバラエティ豊かな経験ができる上、ネイティブスピーカーの環境で生きた英語を学ぶことができるのがアメリカ語学留学の魅力です。アメリカ留学の情報はアメリカ大使館主催のアメリカ留学フェアでも得ることができます。

アジア圏が人気

英語圏への留学と言えば北米ヨーロッパという印象がありますが、最近ではフィリピンなどのアジア圏への留学が人気です。短期留学であれば1ヶ月10万円以下で学校に通える国もあります。

フィリピン・セブ島留学

フィリピンのリゾートでの留学

リゾート留学か、スパルタ留学か

語学留学といえばセブ留学との言葉を良く耳にします。セブにはリゾートのイメージを連想する人も多く、リゾート地で留学をして効果はあるのかと心配する人もいるかもしれません。しかし実際にリゾート地であるのは地域は一部のみで、誘惑の多い場所に学校があるわけではありません。

リゾート型の学校だけでなく、フィリピン・セブではスパルタ語学学校も人気です。さらにフィリピン・セブの語学学校の選び方で重要なのは、日本資本か韓国資本なのかどうか。日本人が少なく、韓国の友達がたくさんできるのは韓国資本の学校ですが、韓国料理に不安を感じる人には日本資本の学校がおすすめです。

フィリピン・セブ島では最近、小中学生を対象にした短期のキッズプログラムを開講している語学学校が増えています。フィリピンの人々がもつ日本への好感度は高いと言われており、子どもと保護者が一緒に留学する親子留学が定着してきているのもフィリピン留学の特徴です。

フィリピンの英語は訛っているのか

フィリピン人の英語は訛っているのではと不安に感じている人もいるでしょう。実際現地で話されている英語は訛ってはいますが、フィリピン人のビジネス英語運用能力は非常に高く、彼らから学べることはたくさんあります。また、発音がきれいなことで有名なカナダとフィリピンの留学を比較しても、フィリピン留学の場合は格安なマンツーマンレッスンが多く、欧米留学の前の基礎づくりに最適なのが大きな違いです。生活費学費ともに格安なため、英語初級者が効率よく短期留学する際にも最適。休日にさまざまなマリンアクティビティを楽しめるという魅力もあります。

韓国への短期留学

韓国語を学ぼう

1週間から留学できる

短期留学の留学先として人気のある韓国では、1週間から学べる留学プランが人気を集めています。長期休みを利用し、短期集中で韓国語を学ぶため韓国留学を選ぶ学生や社会人の方が増えているためです。便利な地下鉄格安で安全なタクシーなど交通機関も整っている韓国は、日本と近い文化・雰囲気を持っていながらも割り勘はNGだったり、レストランでおかわりが無料だったりと、短期間でも異文化体験もたくさんできる国です。またソウルでの留学だけでなく、日本人が少なく観光スポットも多い済州島も穴場の留学先として人気です。

韓国語の語学留学

韓国には韓国語を学ぶための語学学校が多くあります。日本人向けの学校も数多くあるので、初心者の方でも安心して授業を受けることができます。

高校生の韓国留学

韓国には日本の高校生を受け入れてくれる教育機関は少ないのが現状です。しかし、語学学校であれば高校生向けにプランを出している学校もあるので、そちらを検討してみるのも良いでしょう。

社会人の韓国留学

韓国への短期留学は学生だけでなく社会人にも大変人気です。前述したように1週間から留学できるプランが充実していたり、本格的にビジネス韓国語を身に付けるための学校があるなど、留学プランも幅広くあります。

その他、短期留学にお勧め留学先は?

海外留学の滞在先選び

ハワイ留学

ハワイでは日本人のための語学学校が数多くあり、日本語サポートも充実している学校へ留学することも可能です。現地では日本語を理解できる方も多いので、初心者の方でも安心してハワイ留学に挑戦できるでしょう。と言っても、すべての場所で日本語が通じるわけではありません。日常会話程度の英語は自然と必要とされる環境なので、短期でも工夫次第で英語の環境に浸ることができます。アジア文化が浸透していることもあり、差別なども目立たず「ハワイアンタイム」と呼ばれるゆったりとした快適な時間を過ごせるのもハワイ留学のメリットです。

また、ハワイにはナチュラル志向の人が多いのでオーガニック食材・料理が好きな人には嬉しい留学先です。ハワイは物価が高いことでも有名ですが、現地の留学生とのルームシェアができれば滞在費を抑えることができ、きっと良い経験にもなるでしょう。遊びの施設も多く、誘惑が多い留学先ではありますが、防犯意識をもつことを忘れずしっかりと目的をもてる人ならハワイ留学を成功させることができます。

ニュージーランド留学

治安がよく、小中学生の留学先として日本の保護者から絶大な人気を誇っているニュージーランド。勉強することにだけ集中したい、そんな留学を考えている方にはニュージーランド留学がおすすめです。ニュージーランドの大学付属のESL(語学学校)が多くあり、そこへ短期留学することができます。もちろん民間の語学学校も数多く存在し、現地のニュージーランド人(Kiwi)と一緒に勉強ができる専門学校も人気です。ニュージーランドの学校の情報はニュージーランド大使館が主催するニュージーランド留学フェアでも得ることができます。

資格を取得する留学

資格取得

語学留学で取得できる資格とは

語学留学を通して、TOEICTOEFLIELTSなどの各種検定のスコアや資格を得ることができます。

ここからはアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダでどんな資格を得ることができるのか、紹介していきます。

アメリカ留学

アメリカでは経済、医療、介護、弁護士などの分野では世界トップレベルです。特に経済分野ではMBAや会計士の資格を取ることができ、自身のキャリアやスキルに箔をつけることができます。起業家大国のアメリカには数多くのビジネススクールが存在し、世界最難関と言われるスタンフォード大学のMBAから、職務経験がなくても挑戦できるMBA留学・ビジネススクール留学まであるのもアメリカの魅力です。

イギリス留学

語学留学のイメージがあるイギリスですが、専門的なスキルを身につけるためにイギリスへ渡る留学生は数多くいます。ビジネス、エンジニアリング、デザイン、アート(芸術)などの分野の資格を取得することができます。有名な美術作品が数多く展示されているイギリスの美術館や博物館の多くは、無料で公開されています。そんな環境でアート感覚を磨く生活ができるのもイギリス留学の魅力です。イギリス留学の情報はブリティッシュ・カウンシル主催のイギリス留学フェアでも得ることができます。

オーストラリア留学

オーストラリアにはTAFE(Technical and Further Education)という州立の職業訓練専門学校がオーストラリア全域に100校以上あり、ビジネスから農業、音楽まで幅広い分野の資格を取得することが可能です。TAFEでは週3日授業6カ月からのコースでCertificateやDiplomaの資格・学位を取ることができ、現地での就職にも有利に働きます。TAFEの情報はオーストラリア大使館が開催するオーストラリア留学フェアでも得ることができます。

カナダ留学

カナダにはキャリアカレッジという日本の専門学校のようなものがあり、スポーツトレーナーからネイリストまで、様々な業種の資格を取得することができます。また、それらのスキルが認められればカナダでの永住権を得ることもできます。カナダワーキングホリデー(ワーホリ留学)で仕事を見つける時に有利に働く資格の取得を目指して勉強する人もいます。

「人種のサラダボウル」と呼ばれるカナダでは、短期間でもさまざまな文化に触れる経験ができます。ビクトリアには美しい公園や歴史ある建物など観光地も多い上、、カナダ留学なら学生ビザであってもアルバイトができるのもメリットです。カナダ留学の情報はカナダ大使館が主催するカナダ留学フェアでも得られます。

短期留学で効果を出すには

立っている女性の写真です

短期でも効果はあるのか?

まず留学における「効果」を何に定義するかによって話は変わってきます。短期留学を、長期留学を決める前にその地域の雰囲気や学校の様子、その国の文化を知るためのお試し留学と考えた場合、短期で十分情報を得ることができます。または長期留学前に効率よく語学力を引き上げるための留学なら、短期留学にして自分に厳しく効率的な学習をするのは良い選択でしょう。このように短期留学だからこそできることを大切にするのが、成功する短期留学のポイントです。

短期でも語学力に効果はあるのか?

留学希望者が最も気になるのは、語学留学の場合、短期でも効果があるのかどうかについてだと思います。短期留学は2週間から可能な留学プランもありますが、日常会話程度の語学力を定着させるには最低でも1ヶ月以上は勉強する必要があると言われています。ですが、長く海外に滞在すれば語学が身につくわけではないので、短期間でできる努力をするようにしましょう。数週間しか留学できないという人は、学校選びの際に最短期間で語学力を上げることを目的としたコースを提供する語学学校を選ぶこともできます。また帰国してからも語学を使う環境を自分で整えることで語学力のさらなる向上が期待できます。

短期間で語学力を向上させるには

短期留学でも語学力向上で結果を出すための工夫・方法はたくさんあります。最初はなかなか現地の会話が聞き取れず、辛い思いをするかもしれませんが、上手く聞き返すことでリスニング理解力向上に繋げるようにしたり、身の回りの言葉から確実に覚えていくようにしましょう。スペインに短期留学をした経験者の中には、最初に「Porque(なんで?)」「Como(どうやって?)」「Que(なに?)」の3つを覚えてとにかく質問をたくさんしたと言う人もいます。先に会話しやすい単語を覚えて、短期間で語学力を上げる方法です。このように短期間でも正しい言語を身に付けるために重要なことは、ネイティブスピーカーの真似をしてとにかく積極的に話すことです。また、携帯の設定から友達とのチャット、思考に使う言語までを外国語にすることで、徹底的に日本語を排除して短期留学で成果を出す人もいます。

目的を明確にする

短期留学では目標設定が重要です。覚える単語数や読む本の数など、具体的なゴールを設定することで短期集中で結果にコミットすることができます。逆に、目標を設定しなければダラダラと授業を受けるだけになってしまう恐れがありますし、自分の軸がないために留学中にいくつも葛藤が生まれる可能性があります。流行の「国際化」「International」「異文化交流」という言葉に過剰に反応して留学するのでは意味がありません。本当に留学したいのか、なぜ留学したいのかを自分に問いかけ具体化していきましょう。

準備が大切

留学準備段階から基礎学習をしておくと、留学中に効率よく語学力を伸ばすことができます。できる限り予習をして留学に挑むようにしましょう。

また、近年留学斡旋業者(留学エージェント)に関するトラブルが数多く発生しています。語学学校や留学エージェントを選ぶ際は事前に口コミをしっかり確認することをおすすめします。実際に留学した人の口コミを読んだり、留学経験者・学校スタッフ・留学エージェントに質問したりして必要な情報の収集に役立ててください。

スポンサーリンク

大人・社会人こそ短期留学

女性の写真です

社会人の方でも気軽に短期留学ができる語学学校が年々増えています。1週間からの留学プランもあるので、会社を辞めずに長期休暇を使って留学することもできます。語学力を向上することで、転職前のキャリアアップやスキルアップにも繋げることができます。例えば、イギリス留学をするなら英語教師向けの英語教授法短期コースを提供している学校がいくつもあります。

海外では日本のように年齢にとらわれないことが多く、日本以上に自由にチャレンジできる環境があります。そのため社会人の経験を積んだ30代の人にも短期留学はおすすめです。最近では管理職クラスにも語学力が求められるようになってきているので、ぜひトライしてみてください。

おけいこ留学も人気

社会人留学は語学を学ぶためだけのものではありません。現地の伝統芸能や文化を学ぶための習いごと教室に通うための留学プランも増えてきています。得に退職後の方や主婦の方にとても人気です。

高校生の短期留学

高校生の留学

高校生でも海外へ留学できるプログラムが最近は増えてきています。留学をする時期は早いに越したことはありません。柔軟性が高く異文化適応能力も高い若い年齢のうちに留学することで、若い頃から視野を広げ将来へのモチベーションを高めることができます。自分の英語力も確かめることができるため、短期留学でも工夫次第で十分効果を出すことができます。

サマースクール

高校生向けの短期留学プログラムとして注目されているのが、サマースクールです。サマースクールとは、海外の大学や語学学校などの教育機関で6〜8月に開催される短期プログラムのことです。

高校生を対象としたサマースクールには2種類があり、一つは大学進学を目指す高校生が、現地の大学の授業を受ける大学準備プログラム(Pre-college Programs)です。自分で申込みするタイプのサマースクールはこちらが多くなります。自分の進学したい大学のサマースクールに参加して留学体験をしておきたい高校生から人気のプログラムです。

もう一つはイングリッシュ・キャンプと呼ばれる、英語圏の私立高校やボーディングスクールなどが海外の学生向けに行う短期語学研修プログラムです。留学エージェントを使って申込む場合はこちらのタイプが多くなります。世界各国から集まる留学生と短期間で交流して語学も向上できるお得なプログラムです。

ちなみに留学エージェントとは、留学に関わる契約の仲介を行う業者。留学業界には実は法規制がなく、悪質な業者の中には倒産すれば学費の未払いが発生するリスクがある会社もあり問題になっています。これまで訴訟に発展する事例もありました。留学エージェントを利用する際は、信頼できる業者かどうか見極めてから利用し、自分も留学に関する知識を持つことでトラブルを回避できるようにしましょう。

春/夏の短期留学

バケーションを楽しむ女性の写真です

学生の方は、日本の学校での授業に支障が出ない、夏休みや春休みを利用した短期留学が多いかと思います。長期休暇を活用した留学のメリットとしては、語学学校もちょうどその時期に合わせて留学プランを組んでいるため、世界中から集まる生徒と交流することがあります。春休みの短期留学プラン夏休みの短期留学プランは、毎シーズン更新されるのでしっかりチェックしましょう。

語学学校のキャンペーンプログラムなどの情報は、語学学校の予約サイトから得ることができます。

デメリットとしては、多くの日本人が同じタイミングで留学するため語学学校のクラスの日本人割合が多めになってしまうことや、学生が集中する期間は学費が高くなる学校もあることなどが挙げられます。

穴場の時期は、春よりも少し早めの時期である冬です。オフシーズンである冬は、航空代や滞在費が安くなることが多いため、留学費用を大幅に抑えることができます。

短期留学にかかる費用

お金の写真です

各国の短期留学費用のまとめです。

授業料(1週間)現地での住居費(1ヶ月)
アメリカ20~25万円4〜8万円
イギリス25〜30万円5〜9万円
カナダ25〜35万円5〜7万円
オーストラリア15〜30万円6〜10万円
ニュージーランド15〜30万円5〜9万円
韓国5〜30万円3〜5万円
フィリピン6〜15万円3〜5万円
タイ9〜20万円3〜5万円

留学にかかるお金はできる限り抑えたいもの。その国に合った節約方法を実践してみましょう。例えばカナダ留学中の節約方法としては、ドラッグストア(Shoppersなど)やスーパー(Safewayなど)の週末のセールでまとめ買いをする、現地の安売りのスーパーを見つけるなどがあります。物価の高いイギリスでは「2 for 1」を上手く活用して節約しながら観光したりレストランを利用したりできます。留学経験者の節約に関する体験談を仕入れておくと良いでしょう。

その他にも格安航空券購入サイトを利用したり、毎日サンドイッチを作ってランチ代を浮かせたりする工夫もできます。

失敗しないためにやっておくべき準備

勉強する女性の写真です

短期の語学留学の場合

短期留学を成功させるには、短い期間の中で集中して勉強する必要があります。そのためには、留学準備段階で予習をしておくと良いでしょう。海外ドラマのセリフを真似して覚えることで、海外での会話の感覚を掴んでおくのも良い準備方法でしょう。現地の人と上手くコミュニケーションを図るために、マナーを予習しておいたり、英語ニュースをチェックする習慣を留学前から付けておくのも良いかもしれません。また、留学後も復習をするなどして語学学習の定着を図ることをおすすめします。その他留学経験者がおすすめの語学教材を調べてみるのも良いでしょう。

実際のところ、留学前の日本にいる間でも英語を話す機会は作れます。スピーキングに苦手意識をもっている人は、自分と同じように英語を第二言語とする留学生と英語で話す練習をしてみましょう。きっと緊張することなく英語に慣れることができるでしょう。

その他の専門学校留学やビジネス留学の場合

語学学校ではなく、英語で何かを学ぶ留学の場合、留学前に語学力をしっかり鍛えておく必要があります。特に英語で授業を受けることに不安を感じている人におすすめな対策方法は、オンラインで受けられる英語の講義を留学前にたくさん視聴しておくことです。日本とは違った授業スタイルを知り、慣れておくこともできるからです。

また、新しいことを慣れない外国語で習うのですから、授業内容をしっかり理解できるようにするには予習と復習が重要になってきます。予習に関しては、日本にいるうちから留学中に学習予定の内容を日本語で勉強しておくと良いでしょう。

また、短期間と言えども留学生活を楽しいものにするためには礼儀を大切にしておきたいものです。現地の言葉での目上の人への丁寧な話し方・表現は留学前にチェックしておくと良いでしょう。さらに現地に集まる各国からの留学生とも楽しく過ごせるよう、世界の挨拶を覚えたり日本食をマスターしておくと、留学生活がより一層楽しいものになります。

短期留学の留学経験者の体験談をチェック

日本語でも英語でも自分の思っていることを発言することに抵抗がなくなりました。話すことに抵抗がなくなったのが大きかったです。また緊張せずに初対面の人とも接することができるようになりました。

オーストラリア短期留学で自分を変える!ーークイーンズランド大学留学経験者にインタビュー

まとめ

短期留学には安く気軽に海外へ留学できるというメリットがある分、集中して勉強しなければ効果が出ないというデメリットもあります。特に語学留学の場合、短期間でどれだけ語学力をつけたいのかを明確にさせる必要があります。

その上で、フィリピン・セブ島留学や韓国留学、サマースクール、資格を取る留学、ビジネススクール留学などのいろいろな短期プログラムを選ぶようにしましょう。短期間で効率的に勉強し、効果が出る短期留学にするためには、事前の情報収集と準備がかかせません。また、準備すればするだけ費用も抑えることができます。短期留学の前に必ず自分の留学の目的を確認し、充実した留学生活を送ってくださいね。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)