ハイクラス転職で成功して年収800万円以上になる方法【エージェントのお勧めランキングも】

2778

View

スポンサーリンク

ハイクラス転職、ハイキャリア人材の転職を成功させるためには、転職の実態やヘッドハンター・エージェントの活用のコツを知ることが大切です。この記事では、さらなるキャリアアップを目指すエグゼクティブ人材、ハイクラス人材の転職を成功させる方法を紹介します。
キャリアカーバーやビズリーチ、20代向けの転職エージェントなど、気になる人材エージェントのお勧めランキングも!

ハイクラス転職の定義とは

ハイクラス転職の定義とは

「これまでの時間と努力、転職してハイキャリア・年収アップに繋げたい。」

そう考えている方には、普通の転職ではなく、「ハイクラス人材」としての転職を目指すことをお勧めします。まずは、「ハイクラス人材」とはどんな人材を指すのかを見ていきましょう。

ハイクラス人材とは

ハイクラス人材の定義

「ハイクラス人材」とは、一般的には経営の目線をもってビジネスにおいて価値を発揮できる人材を指します。ですが仕事の多様化が進む中で、必ずしも経営幹部でなくても、高いスキルをもった専門職の人材もハイクラスとして評価される場合も出るようになりました。

とはいえ、役職や経験に比例して年収は上がるものです。そのため、多くの求人サイトやエージェントの中では、「年収800万円以上、部長以上の役職の転職」をハイクラス転職と表現しているようです。

※ 後ほど紹介するエージェントの中には、年収800万円以下でも利用できるエージェントがあります!

転職前の年収

ハイクラス人材であるかどうかは決して年収だけで測れるものではありません。ですが転職市場を見てみると、やはり年収はその人の市場価値を図る重要な指標の1つとして使われていることが分かります。

この記事で紹介する転職エージェントは、年収500〜600万円以上の方が対象となっています。

転職時の年齢

ハイクラスになると、以前は40代以上を対象にした転職エージェントが多く見られましたが、20代、30代などさまざまな年齢を対象にした転職エージェントが登場しています。

ただ、年齢が高くなればなるほど求めるポジションや条件が厳しくなる傾向にあるため、求人数は少なくなります。

ハイクラス転職市場5つの特徴

ハイクラス転職市場の特徴

転職の成功には、ハイクラス転職の市場の特徴をしっかり把握することが最初に重要になります。ハイクラス転職市場の注目すべきポイントは、以下の5つです。

1.非公開求人が多い

当たり前ですが、収入の多い上流のポストほどその数は少なくなります。エグゼクティブ求人やハイクラス求人はその部分にあたるため、求人は極めて希少なものになります。

また、ハイクラスの求人は企業にとっても、人材会社にとっても非常に重要なポジションとして扱われます。特にエグゼクティブ層を採用することは、企業にとって重要なビジネス戦略に大きく関わるものです。

そのため、ハイクラス求人は希少である上に、一般的な求人サイトや企業ホームページでは公開されにくいのが特徴です。

2.精度の高いマッチングが必須

ハイクラス人材の採用が企業戦略に直結するということは、そのマッチングも非常に慎重に行われるということ。

企業が重要なエグゼクティブ層のポストを募集する際は、そのポストに必要なスキルと経験に加えて、求める人材像も明確にあります。

さらに求職者の側の皆さんにも、これまでの豊富な経験や高い専門性を手にキャリアアップ、収入アップを目指して転職活動を行うと思います。仕事内容だけでなく、待遇や給与など求める条件も明確で、求人を吟味してから応募をする方がほとんどです。

このため、ハイクラス転職には細かな部分、重要な条件、様々な観点から精度の高いマッチングが必須となっています。

3.グローバル化

これはハイクラス人材に限った話ではありませんが、今や多くの日系企業が海外進出をして新しい市場を開拓するべく戦略を打ち出しており、それを支える人材の不足が企業の課題となっています。

特にハイクラスの人材として、海外の工場管理、物流管理、新拠点の拠点長など、現場で現地の人材をまとめることができる管理の経験者が求められています。

高い語学力というよりも、現地市場に対する知識、海外でのビジネス経験、日本でのマネジメント経験が高く評価されるポイントになっています。

4.成長著しいベンチャー企業

最近ではメルカリが大手企業のトップ人材を引き抜いたことが話題になっていましたが、このような急成長を遂げているベンチャー企業も、エグゼクティブクラスの人材を探し求めています。

終身雇用が当たり前だった時代とは異なり、積極的に自らのキャリアアップを追求したいハイクラス層と、優秀な人材を迎え入れることで急成長を狙いたいベンチャー企業の需要がマッチしているのが近年の特徴です。

5.M&Aの増加と後継者問題

近年、日本企業の海外M&Aはますます増えています。買収に伴って、会社外部から経営者を採用する機会も多く、エグゼクティブ層の需要が高まりを見せています。

海外M&Aだけでなく、後継者不足により事業のM&Aを行う日本企業も跡を絶ちません。事業を引き継いでくれるハイクラス人材を求める企業は数多くあり、経営に関わりたいハイクラス人材のニーズにも応える形でチャンスは多くなっています。

ハイクラス層の転職のメリットとは?

ハイクラス転職のメリット

ハイクラス転職を行うメリットとは、どんな部分になるのでしょうか?

◎キャリアアップ・ポジションアップ

終身雇用が確実ではなくなった現代において、会社に安定を求めるよりも、個人としての経験やスキルが重要視されるようになってきています。

ハイクラス人材は今の環境からステップアップをすることで、経営などビジネスにおいてトップが行う業務に携わって経験やスキルに繋げることができます。

◎収入アップ

当たり前ですが、ハイクラス転職では役職・ポジションのアップと年収のアップを期待することができます。

大企業でもベンチャー企業でも、重要なポストを探す場合には、人材コストを問題としていない企業が多いからです。

彼らは人材コストよりも、会社の将来を左右するような新規事業を立ち上げたり、事業の拡大に必ず貢献してくれるであろう人材を見つけることの方が重要です。

つまり、ハイクラス人材を探している企業は、それが満たされている高年収、高ポジションでとにかく迎え入れたいと考えています。

◎同業界で、トップを目指す

どんな業界でも、トップの企業の中でハイクラス人材として働くことは大きな魅力があります。これまでの同業界の知識や経験を活かしながら、より規模の大きい案件に携わることができたり、トップレベルの人材と一緒に刺激のあるビジネスをすることができます。

すでにトップの企業で働いている人であっても、業界ランキングでは下位の企業に転職するハイクラス層もいるようです。これからトップを目指すために勢いにのる企業や、独自の路線を貫いて一定の地位を築いている企業は、ハイクラス転職でも価値のある選択となります。

◎別業界で、価値を発揮する

まったく別の業界へ転職するハイクラス層もいます。

もちろん、また新しい知識やスキルが必要になるので努力が必要になりますが、別業界で身に付けた知識や視野が、転職先の企業にとって必要とされている場合、十分活躍ができるからです。

ハイクラス転職の方法は2種類

ハイクラス転職のメリット

ハイクラス転職をする方法は、大きく分けて2つあります。

①すぐに転職したいなら ⇒ 転職エージェントを活用する

短期間で一気に多くの求人を紹介してもらい、複数の企業を比べることができるため、早く転職をしたい人には転職エージェントの利用がお勧めです。

登録をすると、一人ひとりにキャリアコンサルタントが付き、カウンセリング・面談を通して、あなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。

②じっくり転職を進めたいなら ⇒ ヘッドハンターを利用する

スカウト型の転職サービスに登録することで、ヘッドハンターからのスカウトを待つ方法です。

企業にとって重要なポストであればあるほど、信頼のおけるヘッドハンターに採用の手伝いを依頼したり、非公開求人としてヘッドハンターに依頼をするケースが多くあります。

エージェントとヘッドハンター、どちらが良い?

では、転職エージェントとヘッドハンターのどちらを利用すべきなのでしょうか?

実際、無料で登録できるスカウト型の転職サービスを利用すると、無料でヘッドハンターからのスカウトを待つことができるため、転職エージェント併せて登録をしておくことが理想的です。

ただ、ハイクラス求人を扱っているヘッドハンターからのスカウトをもらうためには、自分の経歴やスキルをしっかりアピールする力が必要となり、スカウトがもらえるかどうかはその能力次第となってしまいます。

そのため、まずは転職エージェントに登録をして、キャリアコンサルタントに相談をすることがお勧めです。

転職エージェントを活用する時の3つの注意点

転職エージェントを使うときの注意点

転職エージェントを利用する場合は、以下のような点に注意して、最大限エージェントを活用できるようにしましょう。

1.コンサルタントが合わなければ、変えてもらう

キャリアコンサルタントとの相性は、転職の成功を左右します。

もし、このコンサルタントとは考え方が合わない、話がしにくい、と感じたら、できる限り早くコンサルタントを変更してもらうようにしましょう。

2.エージェントからの連絡には必ず反応をする

転職エージェントは、求人企業から求人案件を受け取った後、紹介できる人材をデータベースの中から探していきます。

その際に、積極的にやり取りが行える候補者とは、採用の可能性が高いと判断をされるため、多くの求人紹介を獲得することができます。

3.口コミサイトを利用して、会社の実態をチェックする

転職エージェントからの情報は、企業側から受け取るものも多くなっています。

企業理解には企業からの情報も重要ですが、加えて、できる限り社員からの情報を得られるようにしましょう。お勧めは、口コミサイトで実際の声をチェックすることです。

もちろん、こういった口コミはネガティブな意見を持った人が投稿しやすい傾向にあるので、全てを鵜呑みにしてはいけませんが、一意見として受け取りましょう。

ハイクラス転職にお勧めの人材エージェント3選

お勧め転職エージェント

ではここからは、ハイクラス転職にお勧めしたい人材エージェントをランキング形式で紹介していきます。

1.圧倒的求人数をもつ最大手「リクルート」で、満足度の高いキャリアアップを目指すなら
 ⇒ 「CAREERCARVER(キャリアカーバー)

2.英語を使いながら、海外関係の仕事・グローバル企業で活躍したいなら
 ⇒ 「ロバート・ウォルターズ

3.外資系企業への実績・信頼度ともにトップクラスの「JAC」で外資系を目指すなら
 ⇒ 「JACリクルートメント

◯ 登録をして、ヘッドハンターからのスカウトを待つなら
 ⇒ 「ビズリーチ

【1】リクルート(キャリアカーバー)

⇒ 国内最大手!圧倒的求人数で、キャリアアップを目指すなら

キャリアカーバー

もし現在の年収が600万円以上で、IT・コンサル・メーカーを志望している場合は、リクルートが運営するハイクラス向け転職サービスのCAREERCARVER(キャリアカーバー)への登録がお勧めです!高収入、経営ボードが前提の非公開求人を豊富に扱っています。

エージェントは厳選されたメンバーで構成されているのも安心できるポイント。ヘッドハンターからのスカウトを受けると、ハイクラス転職に関して相談をすることもできます。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)に登録する(無料)

【2】ロバート・ウォルターズ

⇒ 英語を使いながらグローバル企業で活躍したいなら

ロバート・ウォルターズ

英語力に自信がある人は、「英語を活かせる求人」のみを扱っているロバート・ウォルターズには必ず相談しておくべきです。

外資系・日系グローバル企業での英語を活かした転職をサポートするエージェントです。世界主要都市28カ国でオフィスを持つ外資系の人材エージェントでありながら、日本でのビジネスの歴史も長く、信頼度の高い会社です。

比較の上で重要ポイントであるコンサルタントは、全員バイリンガルで満足度93%を誇っています。外資系ならではのスピード感をもって選考も進むことができるためお勧めです。

ロバート・ウォルターズに登録する(無料)

【3】JACリクルートメント

⇒ 日本での実績は信頼度◎外資系へのキャリアアップを目指すなら

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、海外に関わる仕事でキャリアアップ・収入アップを目指す人にお勧め。イギリスで誕生した人材エージェントで、海外案件と外資系企業に強みをもった会社です。

国内大手企業への転職にも強いですが、同時にベンチャー企業の役員といった案件もあります。また、海外との強いコネクションがあることから、国内の外資系企業から海外就職への道も提供してくれるのも大きなメリットです。

国内サービス拠点は、東京・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸の7箇所。管理職以上の案件を豊富に扱っており、専門性の高いコンサルタントに定評があるエージェントです。

JACに転職相談する(無料)

ビズリーチにもレジュメ登録

⇒ 登録をして、ヘッドハンターからのスカウトを待つなら

ビズリーチ

ビズリーチはエージェントではありませんが、ヘッドハンターからのオファーを受けることで、ヘッドハンターとの面談を受けられます。キャリアアップのチャンスを掴むため、とりあえずレジュメ登録だけでもやっておいて損はないでしょう。

ビズリーチに登録する(無料)

まとめ

相性の良いコンサルタントと出会う

まずは相性の良いキャリアコンサルタントと出会うこと

ハイクラス転職に人材エージェントの活用をお勧めする最大の理由は、専任のキャリアコンサルタントがあなたのキャリアプランについての丁寧なカウンセリングを行ってくれるだけでなく、採用決定につながる選考対策まで、きめ細やかなサポートを提供してもらえることです。

話しやすく、あなたの価値観を深く理解して沢山の求人を紹介してくれるような、相性の良いコンサルタントに出会うことが、転職の成功にとって非常に重要になります。

まずは転職エージェントに登録をして、人生の転機を素晴らしい経験にするべく、頑張って下さい!

お勧めエージェント一覧

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ハウツー
  • 転職
  • 就職
  • 人材エージェント
  • 転職エージェント
  • 海外就職
  • 海外転職
  • 外資系

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!