留学が高校生に与える影響とは?高校生で留学を経験する意味

4681

View

大学で留学をすればいい、または留学は必要ないと考えている人が少なくない世の中で、高校生で体験した留学は人生において大きな意味をなすのは間違えないだろう。ここでは、高校時代に留学を経験した著者の立場から高校生で留学を経験する良さを紹介したいと思う。

スポンサーリンク

柔軟な感受性

高校生の最大の武器は、大人にはない柔軟な感受性である。高校生は大人への発達途中で最も成長する時期であるにも関わらず、子供というわけでもない。この重要な成長期に留学をすることで、今まで体験できなかった刺激、客観的に自国を見ること、海外の人の価値観や物の捉え方を知ること、世界の中での自分の存在に気づくことによって少しでも素敵な大人への道に一歩進めるのではないだろうか。

恥ずかしさを気にしない

大学で留学をする際、私たちは英語を話せることを前提とされるだろう。なぜなら英語で専門分野を勉強するからだ。ましてや交換留学においては大学の代表として送りこまれているのでなおさらである。しかし、高校生がする留学は違う。

高校生の参加する留学の多くは語学学校に行ったり、留学を体験するということを目的とし、世界から英語を学ぶという同じ目的で集まった人たちと過ごすため英語が話せないことは恥ずかしいことではないどころか当然なのである。そのため話せなくてもしっかりとサポートをしてくれるのだ。そして最も重要なことは、高校生の内に留学を体験して自分の未熟さを知り、大学で再度留学する際や将来に生かすための努力をすることである。

スポンサーリンク

将来にむけてのスタート地点

高校生の内に体験した留学をきっかけに将来の夢やその過程を変える人は少なくはない。それだけ高校生の時期に行く留学が与える影響は大きいのだ。そして高校生の段階なら、大学などで専門的な勉強を始める前段階であるため簡単に進路変更をすることが可能である。将来の進路を考える段階で、もう一度何をやりたいのかを確認し、前に進むきっかけとなること間違えない。

まとめ

高校時代の留学経験ははただの思い出作りでは終わらない、将来の自分を大きく変えるきっかけとなるということを知っていただけたら幸いだ。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

smile_haruka
smile_haruka

トビタテ留学JAPAN高校1期生としてオックスフォードに5週間留学していました。高校卒業後はイギリスの大学に進学し、英語教育の勉強をする予定です。よろしくお願いします。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!