短期留学におすすめの留学エージェント3選!失敗しない短期留学のエージェント選び

1602

View

スポンサーリンク

短期留学に行きたいけど、留学エージェントは利用すべき?どの留学エージェントがいいの?そんな人のために短期留学におすすめの留学エージェントを紹介します。留学エージェントを利用する上での注意点やデメリットもお伝えするので、これから短期留学したい人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

  1. ペンギンちゃん

    ・短期留学したいけど、留学エージェントはどうしよう?
    ・正直どの留学エージェントがいいのか分からない!
    ・短期留学ってエージェントを通さないと手配できないの?

と、困っていませんか?

本記事では、自分に合った留学の手配方法が見つけるために、短期留学の留学エージェントの特徴を解説します。

⬇︎本記事でわかること

  • 留学エージェントのメリット・デメリット
  • 短期留学のエージェントを選ぶポイント
  • 短期留学におすすめのエージェント
  • 留学エージェントを利用しない方法

短期留学におすすめの留学エージェント3選

複数の短期留学ができる国のサポートしてるエージェントや、現地エージェント、個人手配をサポートしている会社まで幅広く紹介します!

おすすめ1:個人手配サポート「ラングペディア」

個人手配サポート「ラングペディア」のトップページです
 
手配可能な対象国カナダ・オーストラリア・アメリカ
ニュージーランド・イギリス・アイルランド
フィリピン・マルタ・マレーシア
シンガポール・ドバイ・南アフリカ

※英語圏以外のイタリアやドイツの語学学校も相談可能。

ラングペディアの特徴

ラングペディアは、生徒が直接学校に手続きする個人手配をサポートする無料サービスです。厳密には留学エージェントではありませんが、留学手続きのサポートをしています。

  • 一人で手続きするのが心配
  • エージェントを利用するのが不安
  • 余計な費用を抑えて少しでも安く留学したい!

このような希望を持った人に、まさにぴったりの留学サポートサービスです。

おすすめポイント

留学エージェントは利用すると、エージェントと学校のキャンセル規定にそれぞれサインする必要があります。新型コロナなど不測の事態の際、トラブルのリスクが高まります。

それに対してラングペディアであれば、個人手配なので学校のキャンセル規定だけサインすればOKです。個人手配だからこそ余計なリスクを回避できるメリットもあります。

基本情報

会社名/屋号Langpedia(ラングペディア)
住所東京都品川区西五反田5-9-20
設立2016年9月
ウェブサイトhttps://langpedia.jp/

おすすめ2:スマ留

スマ留公式バナー
 
手配可能な対象国カナダ・オーストラリア・アメリカ
ニュージーランド・イギリス・アイルランド
フィリピン・マレーシア・ドバイ・南アフリカ

スマ留の特徴

年間利用料者数10,000人以上のスマ留は、語学学校の「空き時間」や「空き場所」を利用することによって
留学費用を従来の最大半額に抑えることを実現した人気の留学エージェントです。

スマ留の各国の留学では国と期間さえ決まれば料金が決まり、
あとは同一価格で自由に学校を選ぶことができるので、
よりシンプルに安く留学をすることが可能です!

おすすめポイント

さらにJTBグローバルアシスタンスと連携し現地オフィスを構えているため、
現地にいながら365日24時間サポートを受けることができ初めての留学でも安心です。

無料カウンセリングはオンラインにも対応。
全国から相談可能なので、コロナ情報をはじめとする現地の最新情報からなんでも気軽に相談できます。

基本情報

会社名/屋号株式会社リアブロード(Re-abroad INC)
住所東京本社:東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル3階
設立2014年12月
ウェブサイトhttps://smaryu.com/lp/salon4/

おすすめ3:留学ジャーナル

留学ジャーナル公式ページのスクリーンショット
 
手配可能な短期留学対象国カナダ・オーストラリア・アメリカ・イギリス
ニュージーランド・アイルランド・アジア
フランス・イタリア・ドイツ・スペイン

留学ジャーナルの特徴

日本の主要都市にオフィスがある大手留学エージェントです。

世界各国の留学を取り扱っており、短期留学から高校留学、大学・大学院留学まで幅広くサポートしています。

留学カウンセラーと手続きカウンセラーの担当2名がサポートするのも、留学ジャーナルの特徴です。

おすすめポイント

定期的に短期留学に興味がある人向けに説明会や、キャリアアップのセミナーを開催しています。

何より世界約6,000校と多くの学校を取り扱っているので、たくさんの選択肢の中から選びたい人におすすめです。

基本情報

会社名/屋号株式会社 留学ジャーナル
住所東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル 6階
電話番号0120-890-987
設立2003年9月
ウェブサイトhttps://www.ryugaku.co.jp/

短期留学での留学エージェントのサービスとは

留学エージェント

留学エージェントのサポート内容

そもそもこの記事で紹介する「留学エージェントとは何か?」を紹介しますね。

留学エージェントとは、以下のサポートサービスの提供している留学の手続きを代行する会社のことを言います。

  • 留学の相談
  • 留学プランの提案
  • 学校の紹介・入学手続き
  • ビザ申請のサポート
  • 滞在先の手配
  • 航空券・保険の手配

留学エージェントによっては、仕事の紹介や面接の練習といった短期留学ならではのサポートを実施している会社もあります。

短期留学のエージェント種類

  1. 留学エージェントには2タイプあるよ

    キリン先輩

タイプ1:現地エージェント

日本にはオフィスを持たず、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなど、留学先の国にオフィスを持つ留学エージェントのことを「現地エージェント」と言います。

タイプ2:国内エージェント

東京、大阪、名古屋、福岡な日本の主要都市に拠点がある留学エージェントです。

各エージェントの特徴

   
現地エージェント・現地の最新情報に詳しい
・現地サポートがある
・留学先の国に特化したエージェントが多い
国内エージェント・時差関係なく留学相談ができる
・対面のカウンセリングも希望できる
・世界中の留学をサポートしているエージェントが多い

留学エージェントのメリット

留学エージェントは、現地オフィスがある会社もあり、渡航後のサポートを実施しているところもあります。

緊急事態の対応や、海外生活のアドバイスをする現地サポートは初めての留学でも安心です。

留学エージェントのデメリット

留学エージェントは提携している学校や滞在先を紹介するので、すべての語学学校やプランを手配できる訳ではありません。

また、留学エージェントにとって利益がある学校を紹介される場合もあるため、事前にどんな学校があるか調べておきましょう。

留学エージェントを通さないで手続きする方法

短期留学
Jan Vašek by Pixabay

短期留学はエージェントを通さないと手続きないのでしょうか?先に結論をお伝えすると、留学エージェントを利用せずに短期留学の手続きはできます。

1. 語学学校に直接申し込みをする

語学学校はWebサイトからお申し込みが可能。見積もり書の作成依頼も問い合わせフォームからできます。

英語での問い合わせ方法については「自力で留学したい人は必見!語学学校への問い合わせ英文例」を参考にしてください。

日本人スタッフや日本語が話せるスタッフが在籍している語学学校を選べば、英語でなくても大丈夫です。

ただ、スタッフは自分たちの学校を勧めるので、気になる学校を絞った段階で問い合わせしましょう。

  1. 学校診断で自分に合った語学学校を見つけてみよう!

    キリン先輩

\ 学校選びでお困りですか? /

【無料】学校診断サービス

2. 個人手配サポートサービスを利用する

まだ学校が決まっていない人は、LINEまたはメールで、短期留学や語学学校について無料相談ができるサービスもおすすめです。

このサービスを利用すれば、留学エージェントに相談するように中立の立場からおすすめの短期留学の案内と手続きサポートしてくれます。

実際の手続きは学校とやり取りする個人手配になります。もし分からないことがあれば相談ができるサービスです。

個人手配について知りたい人は「JASSOも推奨!自分の留学は自分で作る」を参考にしてください。

【無料】留学の相談をしてみる

\ LINE相談はコチラ /

【無料】LINE相談

⬇︎個人手配の参考記事

スポンサーリンク

留学エージェントの注意点

留学エージェント
Photo by energepic.com from Pexels

留学エージェントの利用を検討している人は、実際に多くのトラブルが発生している事実をしっかり理解した上で利用することをおすすめします。

国民生活センターには1995年〜2004年までに3436件の相談があります。実際に留学エージェントの倒産によって多額の留学費用を支払ったのにも関わらず、留学に行けなくなった人が過去に1000人以上も存在しています。

上記の記事は、弁護士に確認をして執筆された留学エージェントに関する調査記事です。これらを参考しておけば、留学エージェントのトラブルに巻き込まれることを避けられます。

トラブルに巻き込まれない為の10ヶ条

  • 【1】一括資料請求に要注意。留学エージェントから電話が来ることも
  • 【2】事前に留学エージェントをリサーチする
  • 【3】自分がイメージしている留学、受けたいサービスを明確にすること
  • 【4】契約する前に、複数の事業者を比較検討すること
  • 【5】事前に契約書(約款)を必ず読むこと
  • 【6】契約はよく考えて慎重に!クーリング・オフ適用なし
  • 【7】留学エージェントを使っても、留学代金は自分で学校に支払う
  • 【8】留学エージェント利用者自身も留学に関する知識を持つこと
  • 【9】それでもトラブルになってしまったら、消費生活センター等に相談すること
  • 【10】個人手配をする
  1. キリン先輩

留学エージェントを選ぶポイント

留学エージェント
William Iven by Pixabay

カウンセラーとの相性や留学エージェントの提携校の数など、似たような会社でも違いはあります。

とくに短期留学は期間が限れているので、希望にあったサポートをしてくれる会社を選びましょう。

1. 目的にあったプランがあるか

短期留学でも試験英語に特化し学校や、観光も楽しめるコースがある学校まで幅広い選択肢の中から選べます

しかし、中には利益率が高いオプションがセットになった短期留学プランや、語学学校を優先的に紹介するエージェントもあります。

特定のプランや学校ばかり勧められる場合は、留学エージェントにとって都合の良い案内の可能性も...!

  1. ペンギンちゃん

    2〜3社に相談してみるのもいいよ!

2. 見積もりの内訳の詳細があるか

無料エージェントでもすべてが無料ではありません。留学前のサポートサービス、現地の緊急サービスといった有料のオプションサービスもあります。

また語学学校にかかる費用は、授業料・入学金・教材費・滞在費・送金手数料など細かい内訳があります。何にいくらかかっているのか、有料オプションが必要か、しっかり確認しましょう。

3. 短期留学開始までの流れが明確か

申し込み前は熱心に連絡をくれたのに、お金を支払った途端に連絡が少なくなる留学エージェントもあります。

とくに短期留学は、ビザ申請が必要な場合と不要な場合があるので、渡航までのスケジュールを早めに教えてくれない場合は要注意。

留学開始までの必要な準備と明確なスケジュールの案内、サポート内容をしっかり伝えてくれる留学エージェントがおすすめです。

現地でのサポートも希望する人は、料金や具体的なサポート内容を事前に確認しましょう。

留学エージェント選びに迷ったら

本記事で紹介した留学エージェント以外に、留学や短期留学を取り扱っている留学エージェントはたくさんあります。

留学エージェントは便利な反面、会社によってはサポート費用や手数料がかかり、留学プランの選択肢が限られたりします。

無駄なサービスをカットするために、留学エージェントの様々なリスクを理解し、留学や短期留学の下調べをしましょう。

ラングペディア

どうやって留学エージェントを選べばいい?」「留学エージェントを使わないで短期留学する方法はないの?」と感じた人におすすめなのが、個人手配サポートのラングペディアです。

個人手配」をコンセプトにしているので、もちろん余計な費用は一切かかりません。学校選びや留学プランの相談から、手続きサポートも受けられます。

留学エージェントと比較したり、自分に合った留学手続きの参考になれば嬉しいです。この記事を読む皆さんが、納得のいく短期留学になることを叶うことを願っています。

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、学生数や国籍比率、料金等の変動しやすい情報についても聞けるよ!

    キリン先輩

\ 留学でお困りですか? /

【無料】留学の相談をしてみる

\ LINE相談はコチラ /

【無料】LINE相談

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!