セブへ留学するには?ーセブ島留学

246

View

近年、格安語学留学で話題を呼んでいるフィリピン留学。そんなフィリピン留学の滞在先としてもっとも人気であるのがセブ島です。リゾート地として人気であるセブシティを中心に、語学学校が多く集まっています。今回はそんなセブ島留学に関する情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

語学学校

勉強する女性の写真です

1ヶ月から短期留学できる

セブ島には1週間や1ヶ月から短期留学できるプログラムを組んでいる語学学校がたくさんあります。こういった短期留学プログラムは、長期休暇中の学生や転職活動中の社会人の方にも人気です。

スパルタ式の語学学校が人気?

語学学校の中には、朝から晩まで勉強漬けのスパルタ式カリキュラムが組まれている学校があります。短期で集中して語学力を身に付けたいという方にとてもおすすめです。

格安で留学できる!

セブ島の語学留学の魅力はなんといっても授業料が安いことです。住居+3食付きで1ヶ月の授業料が15万円という語学学校も存在します。格安の語学学校は弊社の運営する語学学校の予約サイト『Langpedia』から探すことができるので、気になる方はチェックしてみてください。

無料で留学できる学校も

格安の語学学校が増えてきている中で、無料で数週間語学学校に通えるというプロモーションやキャンペーンも出てきています。期間や場所は限られてしまいますが、気になっている語学学校のホームページは随時チェックしておきましょう。

大学

サントトマス大学の写真です

セブ島には国公立大学と私立大学合わせて10校ほどの大学が存在します。世界大学ランキングの上位に入るような高い教育水準を保っている大学こそないものの、留学生向けに英語で授業が行なわれている大学も多く、学費が年間10〜20万円程度と安いのが魅力です。

サンカルロス大学のロゴです
名称Unibersidad ng San Carlos(サンカルロス大学)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学大学院
住所University of San Carlos, P. del Rosario St, 6000 Cebu, Philippines
電話番号+63 (32) 253 1000
公式サイトhttp://www.usc.edu.ph/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/2045/
Cebu Institute of Technology Universityのロゴです
名称Cebu Institute of Technology University
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学大学院
住所N. Bacalso Avenue, 6000 セブ フィリピン
電話番号+63 32 261 7741
公式サイトhttp://www.cit.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/2601/
アジアン・カレッジ・オブ・テクノロジーのロゴです
名称Asian College of Technology(アジアン・カレッジ・オブ・テクノロジー)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学
住所フィリピン Dakbayan sa Sugbu, P. del Rosario St
電話番号+63 63 238 2380
公式サイトhttp://www.act.edu.ph
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/3001/
ビサヤ大学のロゴです
名称Pamantasan ng Visayas(ビサヤ大学)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学大学院
住所University of the Visayas, Colon St., Cebu City, Philippines, 6000
電話番号+63 (32) 255-2434
公式サイトhttp://www.uv.edu.ph/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/3026/
サウスウェスタン大学のロゴです
名称Southwestern University(サウスウェスタン大学)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学大学院
住所Villa Aznar, Urgello St., Cebu City, Philippines 6000
電話番号+6332 415 5555
公式サイトhttp://www.swu.edu.ph
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/3416/
Cebu Technological Universityのロゴです
名称Cebu Technological University
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学大学院
住所M. J. Cuenco Ave, Cebu City, フィリピン
電話番号+63 32 412 0970
公式サイトhttp://www.ctu.edu.ph/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/5515/
サン・ホセ大学レコルトス校のロゴです
名称Unibersidad ng San Jose – Recoletos(サン・ホセ大学レコルトス校)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学
住所Magallanes St, Dakbayan sa Sugbu, フィリピン
電話番号+63 32 253 7900
公式サイトhttp://www.usjr.edu.ph
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/8620/
フィリピン・セブ大学のロゴです
名称Unibersidad ng Pilpinas sa Cebu(フィリピン・セブ大学)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学大学院高校
住所フィリピン 〒6000 Dakbayan sa Sugbu, Lahug
電話番号+63 32 233 0337
公式サイトhttp://www.upcebu.edu.ph
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/8955/
南フィリピン大学ファンデーションのロゴです
名称University of Southern Philippines Foundation(南フィリピン大学ファンデーション)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態大学大学院
住所Salinas Drive, Lahug, Cebu City, Cebu, フィリピン
電話番号+63 32 231 0178
公式サイトhttp://uspf.edu.ph/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/12017/

費用

お金の写真です

セブ島留学にかかる費用をまとめるとこのようになります。

費用1週間1ヶ月3ヶ月半年1年
語学学校の学費4〜7万円10〜15万円30〜50万円60〜100万円120〜200万円
大学の学費---8〜12万円20〜25万円
住居費1〜2万円2〜3万円6〜10万円12〜20万円25〜40万円
生活費1〜2万円2〜4万円6〜12万円12〜25万円25〜50万円
保険代1〜2万円2〜3万円5〜6万円10〜12万円20〜25万円

航空券代

セブへの航空券代の目安は往復3〜7万円ほどです。格安航空会社(LCC)のプロモーションやキャンペーンなどを利用すればさらに安くチケットを入手できる可能性があります。

スポンサーリンク

持ち物

スーツケースの写真です

留学する際には荷物は必要最小限に抑えたいですよね。以下のリストは、THE RYGAKUユーザーが選んだ留学必需品ですので、よろしければ参考にしてみてください。

必須の持ち物

パスポートパスポートのコピーも持って行きましょう。
航空券Eチケットは必ずプリントアウトしておきましょう。
海外旅行傷害保険必ず加入しましょう。
現金(日本円)クレジットカードが使えない場所もあります。
現金(フィリピンペソ)1万円分ほどのフィリピンペソを用意しておくと安心です。
常備薬医師の英文診断書も持参することをおすすめします。
クレジットカードVISAかMasterカードがおすすめです。
衣類・タオル1枚持参したほうが無難です。
洗面用具フィリピンのカミソリは肌荒れすることも多いようです。

日本から持参すると便利なもの

電子辞書英語学習には非常に便利です。
ノートパソコン現地生活の情報収集に役立ちます。
国際キャッシュカード現地のATMで日本の口座から現地の通貨を引き出すことができるカードです。
ティッシュ・トイレットペーパートイレットペーパーが備え付けられていない場所がほとんどなので注意しましょう。
筆記用具現地でも購入できますが、日本製の方が使いやすいです。
英語の参考書日本語の参考書はフィリピンでは手に入りません。
水着ビーチやプールに行く際に着ます。
コンタクトレンズ関連用品日本と同じものが購入できるとは限りません。
ビタミン剤・サプリメントニキビや口内炎ができやすい方は持って行くといいでしょう。
洗濯ネット海外ではあまり洗濯ネットが売られていません。
小旅行カバンかバックパック旅行に出掛ける時などに使います。
物干しロープハンガーがない場所でも安心です。
生理用品(タンポン)タンポンはあまり見かけないので、日本から持参しましょう。
日焼け止め肌に合うものを持参しましょう。
ヘアトリートメント・オイルフィリピンの水は硬いので髪が荒れやすいです。
インスタントの日本食お土産としても重宝します。

ブログ

ブログを書く女性の写真です

セブ島には多くの日本人留学生がいますが、ブログで現地の情報を発信している方も多くいます。留学生ならではの視点で留学生活の様子を伺うことができるので、気になる方は留学前にチェックしておきましょう。

『33歳♀セブ島留学体験記』

セブ島に3ヶ月間語学留学をしていた方が書いていたブログです。英語力を短期間の中で伸ばすためのテクニックや、現地での生活情報が書かれた記事が人気を集めています。

さて今日はセブに持ってきてよかったもののご紹介をしようと思います。1つは除菌ウェットシートです。食事の前にスプーンやフォークを拭いたり(衛生管理やばそうな店の場合)、缶ジュースの口を拭くのに活躍します。

セブでの生活必需品

口コミ

海辺の写真です

実際にセブ島留学をした人の口コミの一部を紹介していきます。口コミの全文や他の口コミは留学コミュニティサイト『アブログ』で閲覧することができます。
留学コミュニティサイト『アブログ』・フィリピンの口コミ

私は中学三年の時に二ヶ月間フィリピンのセブ島で英語を学びました。セブ島は、自然がたくさんある海がきれいな場所なのできれいなビーチで安全に遊べる場所がたくさんありました!!子供達に特に人気だったのがアイランドホッピングと呼ばれるイベントで、近くの海までボートで連れて行ってもらいシュノーケリングを楽しむというものでした。その後もロッジのような所でおいしいご飯まで食べることができました。その他にも、釣りや、乗馬体験できるパパキッズという場所も有名です。みなさん、セブ島に行った時はぜひぜひ足を運んでみてください(^_^)

makimore88

まとめ

これからセブ島への留学人口はますます増え続けると予想されています。治安の面で心配もあるセブ島ですが、現地で情報を随時チェックして最高の留学生活を過ごしてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • Cebu Institute of Technology University
  • 南フィリピン大学ファンデーション
  • ビサヤ大学
  • Cebu Technological University
  • サンカルロス大学
  • フィリピン・セブ大学
  • アジアン・カレッジ・オブ・テクノロジー
  • サウスウェスタン大学
  • セブ島
  • サン・ホセ大学レコルトス校

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/