語学留学を成功させるには?語学留学をする前に知っておきたいこと

2566

View

語学留学は外国語を学ぶのに最適な方法です。最近では英語が話せない人にとっても留学しやすいようにプログラムが組まれていたり、子供向けの語学留学が充実してきたりと敷居も低くなってきました。今回の記事では、そんな語学留学に関する情報をお伝えいたします。

スポンサーリンク

英語

勉強する生徒の写真です

英語を学ぶのにおすすめの国は?

語学留学初心者にもおすすめできるのは以下のような国です。

-ハワイ(アメリカ)-

ハワイには日本人を対象にした語学学校が多くあり、日本語でのサポートも充実しています。また、現地でも日本語が通じる場所が多く、まさに留学初心者にはもってこいの留学先と言えます。

-イギリス-

綺麗なブリティッシュ・イングリッシュを学ぶためにイギリスへ語学留学をする方は数多くいます。特にロンドンでは語学学校の種類が充実しており、自分が学びたいレベルに合わせて語学に磨きをかけることができるでしょう。

-カナダ-

癖のない英語を身につけるにはカナダは一番良い留学先とされています。首都バンクーバーの語学学校には世界中から留学生が集まっており、国際感覚を磨くことができるでしょう。

-フィンランド-

フィンランドの母国語はフィンランド語ですが、現地には英語が学べる語学学校が数多くあります。フィンランドの教育水準は世界一と言われており、一流の講師陣の元で語学力をあげることができます。

-ニュージーランド-

のどかな環境で英語を学びたい、そんな方にはニュージーランドへの語学留学がおすすめです。ニュージーランドの大学は付属の語学学校(ESL)が数多くあり、多様なレベルでの学習が可能になっています。

アジア圏の人気も上昇

-タイ・バンコク-

タイのバンコクでは母国語こそタイ語ですが、住みやすさや物価の安さから日本人にも人気の留学先となっています。現地には外国人向けの英語を学べる語学学校が充実しているので、タイ語に限らず英語も習得できるチャンスがあります。

台湾

日本からのアクセスの良さから人気を集めている台湾では、英語の語学学校も多く存在します。日本人に人気であるのが英語と中国語を学べるプログラムを提供している語学学校です。

-フィリピン-

格安の語学留学先として人気であるのがフィリピンです。現地では語学学校がたくさんあり、学びたいジャンルやコースを自由に選ぶことができます。特にリゾート地であるセブ島では若い日本人にとても人気です。

英語ができない人でも大丈夫?

語学学校ではそもそも「英語が話せない」という方に向けてプログラムが組まれているので、たとえ英語力ゼロだとしても安心して授業を受けることができます。

履歴書にも書ける?

語学留学での経験は企業にも評価されます。履歴書には教育機関と区別するために「〇〇学校(語学留学)」という書き方をするのが一般的です。

中国への語学留学

学校内の写真です

格安で留学できる中国

費用を抑えて語学留学をできるのが中国の魅力です。現地には日本人向けの語学学校も多くあるので、中国語が話せなくても安心して留学をすることができるでしょう。

ビザ

180日以内の留学の場合は訪問ビザ(Fビザ)、180日を超える留学の場合は留学ビザ(Xビザ)を取得することになります。詳しくは在中国日本国大使館のホームページをチェックしておきましょう。

大学でも学べる

中国の外国語系の大学では大学付属の語学学校があり、短期集中型の留学プログラムを受けることができます。大学内のキャンパスで授業を受けることができるのも魅力の一つです。

1週間からの滞在も可能

15日以内の滞在であればビザは必要ないので、面倒な手続きなしで留学をすることができます。また、1週間や2週間と言った短期プログラムの充実しているので、休暇を利用した留学もできるでしょう。

-北京-

北京で語学留学ができる受入先の例です。

小学生・中学生

勉強する子供の写真です

夏休みなどを使った短期プログラムが一般的

近年、長期休暇を利用して小学生や中学生が短期で語学留学をするというケースが増えてきました。また、小・中学生用の留学プログラムも充実してきており敷居が低くなってきています。

英語を学ぶ一番の時期

小・中学生という英語を習得しやすい時期に学ぶことで語学学習の定着が期待されます。英語を学ぶための小・中学生向けの語学学校は多いので、保護者の方はお子さんに合った学校を見つけてあげてください。

社会人

社会人留学

短期留学からでも始められる

忙しい社会人の方でも気軽に語学留学ができる語学学校は年々増えてきています。中には1〜2週間からできる留学プランもあり、会社を辞めずに有給休暇などを使って語学を勉強することもできます。

転職・再就職前のスキルアップに英語を学ぼう

語学力があることは企業でも高く評価されます。転職前に語学留学をする方も多く、キャリアアップやスキルアップにも繋がります。特に英語は管理職クラスでは必須となってきているので、習得しておくことに越したことはないでしょう。

退職後のセカンドライフに

仕事を退職した後に留学をする方も急増しています。シニア向けの留学プランも増えてきており、セカンドライフとして楽しむ方法もあります。

40代にも人気

社会人の語学留学の中でも、40代の方の留学人口は特に増加傾向にあります。最近では管理職では英語などの語学力を求められることが多くなってきており、思い切って海外まで留学する方も増えてきています。

⇒関連記事

奨学金

留学奨学金をもらえるのは学生だけではありません。テンプスタッフグループのスカラシップ制度などをはじめ、語学留学でも社会人に奨学金を付与している民間の企業は数多くあります。

就活には有利?それとも不利?

面接している女性の写真です

就活には有利?

語学力は企業には高く評価されます。最近では採用の一つの指標としてTOEICなどの語学試験の点数を求める企業も多くなってきており、語学留学によって得られる成果は評価されやすくなってきています。

不利になってしまう時も

語学力が評価されても、語学留学そのものが評価されるとは限りません。大学生の留学人口は増えてきており、海外での生活経験は特別ではなくなってきました。大切なのは、語学留学によって何を得るか、何が成長できたかということです。

就職先

語学留学経験者の就職先として考えられるのは以下の通りです。

  • 外資系企業
  • 海外営業
  • 旅行関係
  • 貿易系
  • 海運系
  • キャビンアテンダント
  • グランドスタッフ
  • 商社

休学して就活前に留学するケースが増加

現在、大学生の40人に1人が休学をしているというデータが出ています。その中で、大学3〜4年次に休学をして語学留学へ行く学生も増えてきており、就活前のスキルアップとしての語学留学のスタイルも浸透してきました。

⇒関連記事

現地就職のチャンスも!?

語学留学は日本の就活だけでなく、海外の現地採用のチャンスを掴むことができます。留学先で就職先を探すというケースもあれば、留学先とは別の国へ行き就活をするケースもあり、その方法は様々です。

スポンサーリンク

費用・授業料

お金の写真です

各国の授業料及び現地での住居費の目安です。あくまでも目安ですので、参考までに。

授業料(1ヶ月)現地での住居費
アメリカ20~25万円4〜8万円
イギリス25〜30万円5〜9万円
カナダ25〜35万円5〜7万円
オーストラリア15〜30万円6〜10万円
ニュージーランド15〜30万円5〜9万円
フィンランド20〜40万円7〜12万円
中国3〜6万円2〜4万円
台湾3〜5万円2〜4万円
フィリピン6〜15万円3〜5万円
タイ9〜20万円3〜5万円

格安で語学留学をするには?

お金を持っている女性の画像です

おすすめの国

格安で語学留学をしたい方におすすめなのが、物価が安い国での留学です。フィリピンなどの東南アジア地域ではまだまだ物価は安く、都市圏では日本と同じ水準の生活を送ることができます。また、中国への語学留学も格安で行けることで人気を集めています。

短期なら格安で留学できる

短期間の留学プログラムはどの国でも充実してきており、格安での語学留学プランを提供している学校も多くあります。詳しくは、格安語学留学サイト「Langpedia」をチェックしてみましょう。

留学に伴う不安

悲しい顔をしている男の子の写真です

語学が苦手という人にとっては初めての留学は不安かと思います。しかしながら、海外で語学力を磨くという経験は一生の財産となるに違いありません。海外も生活してみるば慣れるもの、思い切って留学してみることをおすすめします。

留学を成功させるには?

陽気な女性の写真です

語学留学で効率的に語学力を伸ばすには、授業の予習・復習が不可欠です。第2・第3言語の習得は決して容易ではないので、留学前に基礎的な学習をしておく必要もあります。

まとめ

第2言語を取得することにより、キャリアアップやスキル向上につながります。語学留学は、そんなチャンスを掴むことができる絶好の機会です。いま語学留学を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/