アメリカ留学の都市はどこにする?アメリカ留学でおすすめの都市

7489

View

スポンサーリンク

アメリカには、ボストン・ニューヨークなどの東海岸の都市や、ロサンゼルス・サンフランシスコ・サンディエゴ・シアトルといった西海岸の都市など、日本人の留学先に人気の都市が数多くあります。ですがいざ留学先を決めるとなると、物価が高いのか安いのか、治安は良いか悪いか、田舎を選ぶべきか都会を選ぶべきか…など、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、アメリカの各都市の魅力と治安・気候・学校の特徴、そして都市選びのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

都市を決める前に

アメリカの都市を決める前に考えること

まずはアメリカ留学で何をしたいのか決める

アメリカ国内でも、留学先の学校や留学計画によって滞在する場所は異なると思います。あなたがしたいアメリカ留学には、どんな教育機関が最適なのか、またその留学費用の相場はどれくらいなのかを知ってから、留学先の都市・地域を選ぶようにしましょう。

安全な都市を選ぶ

また、日本とは違ってアメリカは街中に多くの危険が潜んでいます。たとえ治安が良いと言われている都市であっても、現地の女性は防犯対策に抜かりがありません。慣れない日本人なら一層高い意識が求められます。

安易に留学先や滞在先の都市・地域を選んでしまえば、そこが貧困地域であったために治安が悪い場所だった…なんてことも。より安全な留学にするために、都市選びには細心の注意を払いましょう。

ではここからは、アメリカ留学におすすめの都市を紹介していきます。

ニューヨーク留学

ニュヨークの町並みです

世界経済の中心地での留学

アメリカ最大の都市ニューヨークは、ウォール街をはじめ世界中の企業や金融機関が密集している世界経済の中心地で、ニューヨーク州の主要都市です。ニューヨーク市内は観光地としても有名で、自由の女神像やエンパイアステートビルなどの名所も多く存在します。憧れの”ニューヨーカー”ライフを体験しながら勉強できる学校での留学は、旅行ではなかなか味わえない経験になるでしょう。

多様な文化と価値観が集まる都市

市域人口は800万人にも上り、世界各国から移民やビジネスパーソンが集まっています。多様な文化や価値観の違いをもつ人たちと友情を育むことができるのも、ニューヨーク留学の大きな魅力です。多様な文化を受け入れているからこそ、ちょっと変わった面白いレストランや、美味しい日本食レストランがたくさんあるのが留学生に嬉しいポイント。

ニューヨーカーの生活文化に浸る

ニューヨークの人々は忙しい中でも自分の時間を楽しむことを大切にします。クラブで思いっきり楽しんだりジムでトレーニングしたり、ヨガ教室に通ってヨガ生活を楽しんだり。夏にセントラルパークで開かれるフリーイベントも、たくさんの人で賑わいます。パーティーなどイベントごとが多いため、こぎれいな上質のバッグやお財布がニューヨーク生活の必需品になります。

ショッピングなら、ブルックリンの古着屋や雑貨屋でオシャレを楽しめます。ニューヨークならではのボリューミーで可愛い色としっかりした甘さが特徴のお菓子も、女性の心を掴む要素かもしれません。

MBA留学に適した都市

世界の経済・ビジネスの中心地であるニューヨークは、アメリカで人気のMBA留学にもぴったりの都市です。活気のあるニューヨークでビジネスを学ぶ留学は、経営者や起業家を目指す人だけでなく、ビジネスや消費社会に対して広い視野をもつために勉強したいと考える人におすすめです。

ロサンゼルス留学

ロサンゼルスの街並みの写真です

アジア人も多い人気の都市

カリフォルニア州最大の都市であるロサンゼルスは、ニューヨークの次に人口が多い都市です。アメリカの都市の中での特にアジア系の移民も多い地域で、日本人人口も多く、移住先としても留学先としても人気を誇っています。

昔は治安が悪い地域として有名でしたが、治安部隊の積極的な活動により現在は犯罪率が大きく低下しているようです。ロサンゼルスは中心街こそ高層ビルが立ち並んでいるものの、郊外へ行くと豊かな自然が広がっています。

インターンシップのチャンスも多い

都市部では仕事を得られる機会も多いので、OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)を使ってインターンシップをすることが可能です。ハリウッドもあり映画産業が栄えているので、ロサンゼルスのプロダクション会社でインターンシップするチャンスもたくさんあるでしょう。

観光も楽しめる留学

また、ロサンゼルスにはハリウッドやビバリーヒルズ、ロングビーチ、ディズニーランドなど、多くの有名な観光地があります。留学中の休暇も、十分楽しむことができるでしょう。

中にはハリウッドとビバリーヒルズに校舎を持つ学校もあります。アメリカを代表する世界のトレンド発信地の文化を日々肌で感じながら勉強ができるのも、ロサンゼルス留学の魅力です。ただ、観光スポットに近いほど税や物価も高いので、留学にかかる生活費には注意が必要です。

サンフランシスコ留学

サンフランシスコにあるゴールデンゲートブリッジの写真です

西海岸の経済都市での留学

カリフォルニア州の北部にあるサンフランシスコは西海岸の中でも主要都市となってり、ロサンゼルスと同様、経済都市としても有名です。北部には世界のIT企業が軒並み集めっているシリコンバレーがあり、生活水準も高く優秀なホワイトカラー層が多く集まっています。

シリコンバレーもある影響からサンフランシスコの人々は健康やトレンドに敏感です。日本でも注目されたBlue Bottle Coffeeなどのサードウェーブコーヒーの流行の始まりの地であり、その他にも健康飲料の「コンブチャ」が人気を博しています。

自然もあり穏やかな気候で住みやすい都市

年間を通して穏やかな気候であり、日本人にとっても住みやすい都市となっています。そのため長年日本人から人気のある留学先で、ボランティアプログラムをもつ老舗の語学学校など、注目を集める学校がたくさんひしめき合っている都市です。穏やかといえども、朝晩の気温差は大きくなりがちで、常に日差しが強いのでサングラスや日焼け止めはサンフランシスコ生活の必需品です。

ニューヨークと比較すると、自分の時間をゆったりと楽しむ人が多いようで、週末には広い公園でのんびり過ごす人や、ミュアウッズ国定公園などの近郊の自然を楽しむ人もたくさん見られます。経済都市でありながらリラックスできる環境もあるのがサンフランシスコ留学の魅力です。

世界の食文化が浸透している都市

移民が多いことから美味しいメキシカンレストランがあったり、中国の飲茶文化が広く浸透していたりするのもサンフランシスコの特徴です。ただ、サンフランシスコもアメリカでもっとも生活費が高い都市のひとつとして知られているので、留学費用はよく調べておくことが大切です。

サンディエゴ留学

サンディエゴの町並みです

今人気の国際都市での留学

成田空港から定期便が就航していて日本からのアクセスの良いサンディエゴは、カリフォルニア州でロサンゼルスの次に大きい都市です。メキシコ国境に位置するため、メキシコ文化とアメリカの文化が交わった国際都市にもなっています。また、日本食を扱う日系スーパーマーケットも多いので長期留学をする人には特に嬉しいポイントになるでしょう。

安定した治安を保つ、程よい規模の都市

観光地としてはあまり知られていない都市ではありますが、動物園や水族館といった友達やホストファミリーと楽しめる観光スポットもたくさんあります。治安も安定しており、大都会はニガテという人でもリラックスしてしっかりと勉強できる学校が充実しているのがサンディエゴ留学の魅力です。日本人の留学先や移住先としても大変人気になっています。

シアトル留学

シアトルの高速道路の写真です

日本でも有名なプロダクト・文化の発信地としての魅力

ワシントン州最大の都市であるシアトルは、コンピュータ産業やバイオテクノロジーなどの分野が盛んな地域で、あのマイクロソフトの本社やスターバックスコーヒーの1号店があることで日本人にも有名です。その他シアトルにはおしゃれなカフェ・スイーツ店があることや健康食材への意識が高いことで日本の女性の間でも人気で、あまり知られていませんがGum wallといった面白い穴場の観光地もたくさんあります。

日本との深い繋がりから日本人が住みやすい都市

また、かつて多くの日本人が移民としてシアトルに渡った歴史もあるため、今も美味しい日本食レストラン日本食材が手に入るスーパーが多くあります。中には本格的な日本のラーメン屋さん和牛が食べられるステーキレストランがあったり、さらには日本語が通じる美容室まで。シアトルの日本人向けの生活情報サイトも充実していて、ホームシックの際に日本人コミュニティーに救われる経験をする人も少なくありません。

雨が多めで四季があるシアトルの気候

気候も温暖で、地中海性気候に属しています。四季はありますが、温度や湿度は日本とは異なるので服装に注意が必要になります。また、シアトルは雨が多いので夏の留学がおすすめです。現地に住む人にとって雨は日常なので、傘をあまり差さないシアトルの人々の光景に最初は驚くかもしれません。

読書の街シアトルでの生活

シアトルの人々が利用する交通機関は主にバスです。乗り方は簡単なので、読書の街シアトルで本屋巡りをするのもいいかもしれません。本屋だけでなく、シアトルには建築設計が有名なシアトル公共図書館を始め、さまざまなコンセプトをもった図書館があります。そんな図書館を活用して、日本語の本・CDを無料でレンタルすることもできます。

留学後に仕事のチャンスがある

経済成長が著しいシアトルでは、留学後に現地で仕事を見つけすくなっています。そのため色んなバックグラウンドをもった人がシアトルに集まっています。シアトル留学には、留学を終えてからのキャリア選択にも大きなメリットがあるのです。

スポンサーリンク

ボストン留学

ボストンにある公園の写真です

本当のアメリカの姿が見られる、歴史ある都市

マサチューセッツ州にあるボストンの人口は65万人ほどで、他の都市と比べて日本人の人口が少ない地域です。製造業を中心に栄えており、近代化を象徴するニューヨークとは異なり、アメリカのリアルな文化に触れられる都市であると言われています。アメリカで最も歴史の古い街でありながら国際色豊かな学生街でもあります。

学生の都市でのアカデミックな留学

リベラルアーツ教育が盛んなアメリカにおいて最高峰で最古のハーバード大学や、名門のエマーソン大学美しいキャンパスを持つボストン・カレッジを始め、ボストン都市圏内には60以上の大学があると言われています。そんな学生街ボストンでは、大学進学を目指す学生のための語学学校も多く、日々たくさんの刺激を受けて高いモチベーションを持って勉強できる良い環境に恵まれるでしょう。

ちなみに、語学学校を予約するときは学校に直接手続きできるサイトを利用することをおすすめします。自分で手続きするのが不安な人や時間がない人は、留学の契約を仲介する業者である留学斡旋業者(留学エージェント)を利用することもできますが、自分で手続きすると仲介料を節約できたり、学校スタッフとのやりとりを通して正しい情報を確実に得られるのでおすすめです。もし業者を利用する場合は、信頼できる業者かどうかしっかり判断し、自分でトラブルを回避できるよう努力を忘れないようにしましょう。

物価が低めで生活にも便利で豊かな都市

ただ、12月〜3月は気温が氷点下になることが多く大雪が降るので、寒いところが苦手な方にとっては少し住みにくい地域かもしれません。交通面では、アメリカ初の地下鉄ができた歴史をもち、現在でも公共交通機関のMBTA(マサチューセッツ湾交通局)が市民の足として利用されています。

アメリカ国内でもボストンは有数の美術館数を誇り、中でもボストン美術館はモネの作品が並ぶ「モネの部屋」で有名です。物価はややニューヨークよりも安いので、ボストン留学ならある程度費用を抑えられるでしょう。

人気の都市

アメリカで人気の都市は?

日本人の留学先として人気があるのが、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなどの国際都市です。移民も多く、日本人を受け入れてくれる文化があります。それらの地域には日本人が多く移住しており、情報収集もしやすいので生活に困る機会が少ないので留学初心者にはおすすめです。

留学経験者がおすすめする都市

アメリカ留学経験者はその都市に留学してどう感じたのか、どの都市をおすすめしているのかは気になるところです。実際にアメリカで生活してみないと分からないその都市の魅力や注意点などは、留学経験者の口コミを確認したり直接質問をしてみるのが良いでしょう。

また、アメリカにはその都市ごとに特徴ある留学エージェントが存在しています。都市の口コミだけでなく、留学エージェントに関する情報も集めるようにしましょう。留学業界には法規制がないため、一部の悪質な留学エージェントは倒産して入学金・学費の未払いを起こしたり、提供する曖昧な情報が誤解を招き訴訟に発展することも少なくありません。

留学フェアで情報を得る

人気の都市の情報を手に入れたら、その都市にある学校が参加している留学イベントを活用するのがおすすめです。なぜなら留学イベントではアメリカから来た学校スタッフと直接会って話すことができ、話すうちに現地の魅力や雰囲気が感じ取れたり、現地の人でしか分からない地域の注意点や最新情報について詳しく聞くことができるからです。先ほど触れたような、留学に関するさまざまなトラブルを回避するために、こういった機会を活用すると良いでしょう。

特におすすめなのは、アメリカ大使館が主催するアメリカ留学フェアです。人気の都市の留学情報が一気に手に入るおすすめのイベントなのでぜひ参加してみましょう。

物価が安い都市

アメリカの街並みの写真です

南部にあるミシシッピ州テネシー州などはアメリカの中でも物価が安い地域として知られています。逆に日本人の留学先として人気のあるニューヨークやサンフランシスコなどは物価がとても高い地域となっています。

治安の良い都市

笑っている少年の写真です

アメリカの治安事情

バーモント州ワイオミング州などの地域は大都市と比べて比較的治安は安定している地域で、犯罪率も低いです。逆に、ニューメキシコ州ネバダ州などは治安が悪い州として有名で、現地のアメリカ人でも犯罪やトラブルによく巻き込まれるので留学先として検討する際は注意が必要となります。

日本人の留学先として人気のニューヨークやロサンゼルスは治安が悪いと思われがちですが、アメリカの中では治安が良い地域として認識されています。このように治安は、日本人が持っているイメージと現在の状況とは異なっていたり、年々変化していたりするものです。

治安の良い地域・学区の見つけ方

漠然とした情報に頼るのではなく、FBI(アメリカ連邦捜査局)のUniform Crime Reportingなどアメリカの公的な情報サイトや、その情報を元にしたアメリカの治安に関するサイトを参考にしっかりと調べる必要があります。例えばCBSが作成した『FBI’s Violent Crime Statistics For Every City In America』や、実際にアメリカ人の保護者が治安の良い学区を探すために利用しているサイトなどが参考になります。

また、どこであっても危険な場所には近づかないようにしましょう。危険な場所ではなくてもタクシーや飛行機など身近な場所でのトラブルも起こりえます。留学中は常に意識をもって行動できるようにしましょう。

田舎と都会どちらが留学におすすめ?

アメリカの田舎の写真です

勉強漬けの留学生活を送りたいという場合は、誘惑の少ない田舎の地域での留学をおすすめします。しかし、田舎であるほどスーパーやコンビニが少なく、不便な生活を送る可能性が高くなったり、日本人が少ない地域だったりします。

移動には常に車が必要になるなど、田舎での留学には注意すべき点もあります。移動のすべてに車が必要となると、気軽に外でお酒を楽しめないなどのデメリットも。逆に都会での留学は学生にとっては生活費用がかかりすぎてしまうのが悩みどころです。

まとめ

いかがでしたか?世界の中心で活躍できる都市ニューヨークに、世界のトレンド発信地ロサンゼルス、のんびりと自然のある環境で勉強できるサンフランシスコや、メキシコの文化も取り入れ治安も安定しているサンディエゴ、就職のチャンスあふれるシアトル、そしてアメリカの歴史が感じられ物価もやや低めの都市ボストン。あなたの求める留学にぴったりの都市はありましたか?

英語を覚えたい人にお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談