留学で英語を学ぶ!英語ができない人にもおすすめの英語留学とは?

5393

View

University of the Fraser Valley

最近は費用が格安の語学学校や奨学金が充実してきた影響で、英語を学ぶための留学をしやすい時代となってきました。留学するにあたって「英語が話せない」「英語の勉強方法が分からない」「英語を学ぶのにおすすめの国は?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。せっかく英語を学びに留学へ行くからには、留学に関する知識を貯め、英語力を向上し、入学前の面接から入学後のテストまでバッチリの状態にしたいですよね。今回は、英語留学をする上で大切な事項をまとめていきます。

スポンサーリンク

英語が話せる・しゃべれるようになるには?

英語を話している時の写真です
DFID - UK Department for International Development

英語が話せる・上達できる人の特徴

留学を通して英語が上手に話せる人たちにはいくつか特徴があります。それは、英語学習を習慣化していることです。そのためにはモチベーションを常に保つ必要があります。参考書であれば「1日1ページは必ず進める」など、クリアしやすい目標を定め学習を当たり前にすれば、「全く英語が話せない」ということはなくなるでしょう。

⇒関連記事

英語が話せない・全くできない人の特徴

一方で、英語が話せない人たちにも特徴があります。例えば、英語で話すこと自体に抵抗がある人です。どんな活動でもそうですが、アクションを起こさないとモチベーションを起こすことはできません。英語が喋れないと嘆いている人は、英語で話すことすらしていない傾向があります。留学先で英会話力が伸びないと感じている方は、まずは勇気を振り絞って英語で話しかけてみることから始めてみましょう。

⇒関連記事

英語は友達の作り方次第で上達する?

留学先での友達は英語力の向上にそのまま関わってきます。いつも日本人どうしで固まって行動している集団に入れば、当然英語を話す機会は損失されてしまいます。逆に、現地の学生や他の国から来た留学生たちや、学習意識の高いグループの中に入れば自然と英語力を伸ばすことは可能でしょう。留学中は期間が限られています。英語でメッセージを送り合うだけでも上達しますので、普段の友人との関わりの中でも英語に関わる機会を増やしていきましょう。

⇒関連記事

英語留学でおすすめの国は?

地図の写真です

英語圏の留学先

「流暢なネイティブイングリッシュを学びたい!」という方にとっては、やはりアメリカ、イギリスが留学先として人気です。また、カナダ、オーストラリアなどでは「英語+ワーキングホリデー」、「英語+インターンシップ」など英語だけでなく他のことも学びたいという方におすすめです。

⇒関連記事

英語ができない人におすすめの留学先はある?

カナダやオーストラリアの都市圏などでは移民も多く国際色豊かであるため、英語ができない人にも寛容な文化があります。そのため、親子留学やシニア留学をする方にも人気となっています。しかしながら、敷居が低い分そういった地域には日本人が多くいますので、留学先で日本人との交流を求めていない人は注意が必要です。

⇒関連記事

英語留学にかかる費用は?

費用を計算している写真です

留学費用の相場

アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの英語圏では、留学費用は学費や生活費を合計すると月に約20〜30万円ほどの出費が予想されます。フィリピンやマレーシアなどのアジア圏での留学では平均して月に約15万円ほどが必要になるでしょう。

⇒関連記事

格安で留学するには?

もし留学先の学校にこだわりがなければ、ワーキングホリデーやインターンシップなど働きながら安く英語を学んでいく留学の方法もあります。敷居が高い印象がありますが、最近では留学プログラムとセットでワーホリやインターンを組んでいるものもあります。また、フィリピンなどでは語学学校に格安で通うことができ、近年留学生が増加傾向にあります。

スポンサーリンク

留学に必要な英語力は?

勉強している留学生の写真です
ITU Pictures

英語留学をするには、やはりある程度の英語力は必要になってくるでしょう。留学前に英語力を伸ばしておくことは留学先での英語力での伸びにも繋がります。留学までの期間を使って事前準備をしていきましょう。

⇒関連記事

英語力を向上させるのに必要な期間は?

留学期間を決める上で、どのくらい時間をかければ英語力を伸ばすことができるかは気になるポイントであると思います。海外の大学で現地の学生と一緒に授業を受ける正規留学であれば、英語力を入学の基準に満たすまでに最低でも1年間の準備期間が必要になってくるでしょう。1ヶ月〜半年の短期留学であれば留学生同士で授業を受けることがほとんどなので、設定されているTOEICやTOEFLなどのスコアさえ満たしていれば、1〜2か月ほどの準備で十分でしょう。

英語力ゼロの場合はどうしたらいい?

そもそも英語が話せないから留学するわけですから、英語力が皆無だからといって留学ができないとは限りません。語学力を問わない留学先は数多くあります。日常会話程度の英語力であれば、集中して勉強すれば日本でも1ヶ月程度で取得することができます。また、実践派である方やコミュニケーション能力が高い人であれば、英語力がゼロでも現地で英語力を伸ばすことができるでしょう。

⇒関連記事

高校留学に必要な英語力は?

海外の高校への交換留学であれば、中学校卒業レベルの英語力さえあれば現地の高校生と難なくコミュニケーションをとることができるでしょう。ボーディングスクールなど有名校に入学する場合であれば、留学専門の塾に通うなどして学校の勉強とは別に勉強をする必要があります。

大学院留学に必要な英語力は?

大学院への留学では、トップスクールであればTOEFLiBTは80点、IELTSでは6.5以上のスコアが求められます。これらの英語力を身につけるためには、基礎的な英語力を身につけるだけでなく、アカデミックな文章に触れていく必要があります。

英語面接の質問に上手に答えるためには?

面接している女性の写真です

交換留学や正規留学では、入学前に英語での面接を受けることが度々あります。この面接を突破できなければ留学そのものができなくなってしまうので、ある程度の対策は必要になってきます。

⇒関連記事

面接は自己紹介が決め手

面接は自己紹介をいかに上手くできるかが大切、これは日本語でも英語でも同じことです。日本人が語ることが苦手と言われているのは、専攻したい分野や自分の長所と短所については詳細を語ることです。

質問を予想して対策をしよう

あらかじめ予想される質問に対して答えを準備しておけば対策をすることができます。よく聞かれる質問としては、志望動機や将来像などです。留学前のゴール設定をしていれば十分に答えられる範囲の質問しか基本的にはされませんので、目標はしっかり言語化しておきましょう。

英語が話せない人はどうしたらいい?

前述したように、質問を予想し対策をしていれば、英語ができない人でも面接を突破することは可能ですので、英語ができないからといって面接が突破できないとは限りません。完璧な回答よりも、まずは英単語を使って会話のキャッチボールができるようにしておく必要があります。

奨学金を給付してもらうには?

貯金箱の写真です

トビタテ!留学JAPANなど留学奨学金は近年増加傾向があります。英語力を伸ばして国際的な人材を育てることを国も全面的に支援しているので、アメリカ・イギリスなどの英語圏への留学はもちろん、どこの国へ行っても奨学金を給付してもらうチャンスはあります。

また、高校・大学・大学院への留学だけでなく、語学学校やワーキングホリデーでも奨学金の対象に含まれることがあります。留学にはお金がかかりますから、こうした奨学金を活用して留学費用を節約していきましょう。

⇒関連記事

まとめ

留学をして英語を学ぶことで、自分の将来の選択の可能性を広げることができます。英語力を向上させるには、実際に海外で留学へ行って実践的に英語を学ぶ方が手っ取り早いので、まずは留学をしてみることをおすすめします。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)