フィリピンは語学学校が急増中!セブの学校選びのポイントとオススメ語学学校

1530

View

かつては留学といえば、アメリカやイギリスが一般的でした。しかし最近は、気軽に低価格で行けるフィリピン留学の人気も出てきています。それに伴い、フィリピンでは語学学校の数も増えてきています。今回はセブに語学留学する際の学校選びのポイントとオススメ学校をご紹介します。

スポンサーリンク

セブの学校選びで一番大事なポイント

セブの語学学校は、日本資本か韓国資本の学校です。昔は韓国資本ばかりでした。人件費も安く学生ビザも不要である近場のフィリピンに、最初に目をつけたのが韓国だったのです。しかし、今では日本資本の語学学校もどんどん増えています。

セブでの語学留学を検討する際の最初のチェックポイントはどこの国が運営しているかという点です。韓国資本と日本資本では180度の違いがあります。

日本資本 or 韓国資本

韓国資本の語学学校では、全生徒の8割以上は韓国人です。授業時間以外のフリータイムにおいては、まるで韓国留学しているような錯覚さえ起こるかもしれません。当然、毎日の食事は韓国料理がメインであり、キムチはかかさず出ます。

韓国料理が大好きな方にとっては、好きな韓国料理を味わい、英語と同時に韓国語も学べるチャンスが広がります。セブ留学中に韓国人の友人もでき、韓国語の基本会話も身につけた方も少なくありません。

一方、日本資本の語学学校であれば、8割以上の生徒は日本人です。当然、日本人スタッフも駐在しています。食事も日本食がメインです。韓国料理が毎日だと参ってしまう方は、日本資本の学校がおすすめです。

中級レベル以上ともなれば、日本人との接触もできるだけ避けて、たえず英語と接する環境に身を置きたい気持ちにもなります。しかし、初級者だと一日中たえず英語漬けだとストレスも溜まります。オフタイムはあえて日本人と苦労話をしあってストレス解消もアリだと思います。

スポンサーリンク

お勧めのセブの語学学校「ベイサイド・イングリッシュ・セブ」

セブで色々な語学学校に通う日本人から話を聞いています。その聞いた話と私の個人的な趣向を加味しますと、ベイサイド・イングリッシュ・セブ(RPCキャンパス)はお勧めです。

お勧めする理由

  • リゾートホテルが並ぶ海沿いにある
  • 日本資本の学校である
  • 広大なキャンパス(※1)
  • オーダーメード・カリキュラム(※2)
  • 教師の質が高いと好評判
  • 授業料も比較的に安め
  • 保育所も完備しており、親子留学も人気

※1 広大なキャンパス

学校の敷地はエメラルドグリーンの海を臨む6500坪の広大な敷地です。敷地内にはスイミングプール、バスケットコート、卓球台、ビリヤード台などが完備されています。教員も敷地内の宿舎に滞在しているイギリスのケンブリッジ大学と同じ生活スタイルです。授業以外でも講師と交流できます。また敷地内にはインターナショナル・スクールも併設してます。

※2 オーダーメード・カリキュラム

各学生のニーズ、レベルに合わせ、教師及びスタッフと相談しながら、オーダーメイドでカリキュラムを組むことが可能です。休日でも好きな先生にレッスンを申し込む(50分500ペソ)事も可能です。

学校紹介動画

YouTube
ベイサイド・イングリッシュ・セブ・RPCキャンパスのロゴです
名称Bayside English Cebu RPC campus(ベイサイド・イングリッシュ・セブ・RPCキャンパス)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態語学学校
住所JY Crown Palace, Edison St.Apas, Cebu City 6000, Philippines
電話番号+63-32-495-2326
公式サイトhttp://bayside-english.com/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/12074/

大人のためのプレミアム・リゾート・キャンパス

こちらは、ベイサイド・イングリッシュ・セブが運営する20歳以上が対象で社会人向けの、高級感あるリゾートスタイルの学校です。

特色

  • 元リゾートホテルを改装した学校
  • 生徒は20代から70代ぐらいまでの幅広い年齢層
  • 学校の目の前が、プライベート・オーシャン
  • ジャグジー付きのプール
  • 海を眺めながら食事ができるオーシャン・カフェテリア
  • バルコニー付きの部屋やスィートルームなどの選べる部屋タイプ
  • ロビーラウンジでゆっくりお酒もOK
  • マンツーマンが主体で、オーダーメイド・カリキュラム

RPCキャンパスよりも、リゾート感漂うキャンパス。まさに海沿いのリゾートホテルに宿泊しながらの贅沢な環境で、対象は20歳以上の方限定です。費用も若干高めですが、「若い人ばかりだとちょっと・・」という熟年層に人気の学校です。

ベイサイド・イングリッシュ・セブ・プレミアム・リゾート・キャンパスのロゴです
名称Bayside English Cebu Premium Resort Camps(ベイサイド・イングリッシュ・セブ・プレミアム・リゾート・キャンパス)
国・都市フィリピン / セブ
学校形態語学学校
住所Emilio osmena cor. Bataan st. Guadalupe,Cebu city Philippines
電話番号+63 32-2236-0428
公式サイトhttp://www.bayside-english.com/premium/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/13764/

最後に

実はリゾートエリアにある語学学校は、ベイサイド・イングリッシュ・セブともう1校しかないのです。ほとんどの学校がセブ市内に集中しています。

セブ市内は賑やかな都会です。海が見渡せる環境ではありません。休日にはストレス解消の場を夜の盛り場に求める学生も多いと聞きます。セブ市内には夜遊びできるスポットも多く、誘惑が多いのも確かです。

やはり、皆さんがイメージする「セブ」は海があるリゾートではないでしょうか。個人的には、海が見渡せるセブらしい環境で学んで欲しい思いがあります。特に初級レベルの方は、のんびりとオンオフの切り替えができる環境も大事だと思います。

留学業界の裏事情を全てお教えします。

留学エージェントの勤務経験者が「留学エージェントが教えない語学学校の効果を3倍アップする方法」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 選び方
  • セブ留学
  • 語学学校
  • 英語留学
  • ベイサイド・イングリッシュ・セブ・プレミアム・リゾート・キャンパス
  • ベイサイド・イングリッシュ・セブ・RPCキャンパス
  • Bayside English Cebu

この記事を書いた人

ケン
ケン

日本の大学を卒業後に、フランス、イギリス、アメリカを渡り歩き、気がつけばセブで生活をしている50代半ばのオッサンです。酒とビリヤードを愛する男。セブでは、日本人よりフィリピン人のほうが友達は多いです。ちょい悪オヤジになりきれない、か弱いオヤジ。今までの経験を通して、私らしい情報発信ができれば幸いです。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)