アメリカの専門学校へ留学するには?最先端の国で学ぶアメリカ専門留学

2786

View

多様なジャンルの産業が栄えているアメリカでは、音楽・IT・アートなど様々な文化の専門学校があります。スキルが重視されるアメリカでは、大学や大学院と同じくらい専門学校の存在が重視されています。そんなアメリカの専門留学についてご紹介します。

スポンサーリンク

留学するアメリカの専門学校を決める上で、滞在先の環境や留学費用の相場を知っておく必要があると思います。アメリカ留学についてさらに詳しく知りたいという方は、こちらの『アメリカ留学』の記事をチェックしてみましょう。

専門学校の種類

アメリカの専門学校種類は?

アメリカ留学の専門学校の種類には以下のようなものがあります。

  • コンピュータサイエンス
  • 自動車
  • 医療・看護
  • 美容
  • 漫画、アート
  • 音楽
  • 観光
  • ファッション
  • 建築、インテリア
  • 映画
  • 料理
  • 福祉

今回はその中でも特に留学生に人気なジャンルの専門学校について述べていきます。

IT系・コンピュータの専門留学

MacのPCの写真です

アップルやグーグルの本社があることで知られているシリコンバレーを始め、アメリカのIT技術は世界でもトップクラスと言われています。そのため、情報通信系の専門学校も多く、多くの学生がそのような専門学校を卒業し、世界各国で活躍しています。

Dixie Applied Technology College(ディクシー・アップライド・テクノロジー・カレッジ)

ディクシー・アップライド・テクノロジー・カレッジのロゴです
名称Dixie Applied Technology College(ディクシー・アップライド・テクノロジー・カレッジ)
国・都市アメリカ / ユタ州 / セント・ジョージ
学校形態専門学校
住所1506 S Silicon Way, St George, UT 84770 アメリカ合衆国
電話番号+1 435-674-8400
公式サイトhttp://dxatc.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/6058/

Gnomon School of Visual Effects

Gnomon School of Visual Effectsのロゴです
名称Gnomon School of Visual Effects
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / ロサンゼルス
学校形態専門学校
住所1015 N Cahuenga Blvd, Los Angeles, CA 90038 アメリカ合衆国
電話番号+1 323-466-6663
公式サイトhttp://gnomonschool.com
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/14427/

美容の専門留学

ネイリストの写真です

一口に美容学校と言えど、ネイリストや美容師、セラピストなど多彩な領域があります。アメリカには幅広いニーズに応えてくれる美容学校があり、国家資格を得たりや政府認定のコースを受けることができます。それらで得た経験を活かし、卒業後そのままアメリカで仕事をする日本人留学生も数多くいます。

Make-up Designory

Make-up Designoryのロゴです
名称Make-up Designory
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / ロサンゼルス
学校形態専門学校
住所129 S San Fernando Blvd, Burbank, CA 91502 アメリカ合衆国
電話番号+1 (818) 729-9420
公式サイトhttp://www.mud.edu
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/6665/

Priscilla Ono Makeup School

Priscilla Ono Makeup Schoolのロゴです
名称Priscilla Ono Makeup School
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / ロサンゼルス
学校形態専門学校
住所1010 Wilshire Blvd., Los Angeles, CA 90017 アメリカ合衆国
電話番号2135709903
公式サイトhttp://kmagency.wix.com/school
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/13805/

映画の専門留学

映画を撮影している風景です

ロサンゼルスにあるハリウッドを中心に、アメリカでは映画産業がとても盛んです。そのため、映画関連の専門学校もアメリカ全土に点在しています。映画学校では、最新のCG技術を用いた映像技法やスタントアクションまで幅広いジャンルの技術を学ぶことができます。

New York Film Academy - Los Angeles(ニューヨーク・フィルム・アカデミー・ロサンゼルス校)

ニューヨーク・フィルム・アカデミー・ロサンゼルス校のロゴです
名称New York Film Academy - Los Angeles(ニューヨーク・フィルム・アカデミー・ロサンゼルス校)
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / ロサンゼルス
学校形態専門学校
住所3300 Riverside Drive Burbank, CA 91505
電話番号(818) 333-3558
公式サイトhttp://www.nyfa.com/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/14852/

Los Angeles Film School(ロサンゼルス・フィルム・スクール)

ロサンゼルス・フィルム・スクールのロゴです
名称Los Angeles Film School(ロサンゼルス・フィルム・スクール)
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / ロサンゼルス
学校形態専門学校
住所6363 Sunset Blvd, Hollywood, CA 90028 アメリカ
電話番号+1 323-860-0789
公式サイトhttp://www.lafilm.edu
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/8420/

音楽の専門留学

楽器の写真です

アメリカは様々な国籍の人々が集まった他民族国家であり、その文化も多様です。音楽文化では、ヨーロッパ音楽やアフリカ音楽が癒合し、ジャズやロックをはじめ独自の文化を築いています。アメリカの音楽学校では、そんなアメリカの音楽文化について深く知ることができるでしょう。

Musicians Institute(ミュージシャンズ・インスティチュート)

ミュージシャンズ・インスティチュートのロゴです
名称Musicians Institute(ミュージシャンズ・インスティチュート)
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / ロサンゼルス
学校形態大学短大・コミカレ専門学校
住所6752 Hollywood Blvd, Los Angeles, CA 90028 アメリカ合衆国
電話番号+1 323-462-1384
公式サイトhttp://www.mi.edu
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/5202/

料理の専門留学

料理をしている写真です

他民族国家のアメリカでは食がとても豊かです。フランス料理、イタリア料理、中国料理など、他国の料理学校が充実しています。アメリカ政府が認定しているコースを受ければ、卒業後にシェフとして現地で働くことも可能です。

Culinary Institute of America(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)

カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカのロゴです
名称Culinary Institute of America(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)
国・都市アメリカ / ニューヨーク州 / ハイド・パーク
学校形態大学短大・コミカレ専門学校
住所1946 Campus Dr, Hyde Park, NY 12538 アメリカ合衆国
電話番号+1 845-452-9600
公式サイトhttp://www.ciachef.edu
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/9430/

Louisiana Culinary Institute(ルイジアナ・カリナリー・インスティテュート)

ルイジアナ・カリナリー・インスティテュートのロゴです
名称Louisiana Culinary Institute(ルイジアナ・カリナリー・インスティテュート)
国・都市アメリカ / ルイジアナ州 / バトン・ルージュ
学校形態専門学校
住所10550 Airline Hwy, Baton Rouge, LA 70816 アメリカ
電話番号+1 225-769-8820
公式サイトhttp://www.lci.edu
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/9662/

スポンサーリンク

アメリカの専門学校のチェック

その他、アメリカの専門学校の一覧は、留学の口コミサイト『アブログ』で閲覧が可能です。留学経験者のレビューも見ることができるので、学校選びの際にご活用下さい。

専門留学の費用・学費の相場

お金の写真です

専門学校の種類にもよりますが、1年間の学費(授業料)は80〜160万円ほどが相場です。日本の詳しくは留学したい専門学校の募集要項をチェックしてみましょう。その他、住居費が1ヶ月5〜10万円、生活費として1ヶ月3〜6万円ほどがかかります。

専門留学は就職に有利?

面接をしている風景です

アメリカは日本よりも個々のスキルが重要視される文化があります。たとえ一流の大学や大学院を卒業していなくても、実力や資格さえあれば就職先が見つかる可能性も高くなります。その点、専門学校ではアメリカで就職をする上で有利になるようなスキルを身につけることができると言えるでしょう。

奨学金をもらう

専門学校留学の奨学金

トビタテ!留学JAPANの奨学金制度を利用する

トビタテ!留学JAPANとは、官民一体で行われている留学促進プログラムで、若者の留学人口を倍にすることを目標に推進されています。アメリカ専門学校留学にも対応しているので、下記の記事などをチェックしてみましょう。

⇒関連記事

ビザを取得する

パスポートの写真です
Wikimedia Commons

アメリカの専門学校に留学する場合、原則としてF-1ビザ、またはM-1ビザを取得する必要があります。

F-1ビザを取得する

F-1ビザとは、アメリカでもっとも一般的な学生ビザのことを言います。申請方法などはYouTubeなどの動画サイトから簡単な説明を見ることができるのでチェックしてみましょう。

ビザ申請料金とSEVIS費用支払い・面接予約の方法

YouTube

アメリカ非移民ビザ面接の手順

YouTube

オンラインビザ申請書DS-160の作成方法

YouTube

M-1ビザを取得する

M-1ビザは、専門学校卒業後に直接職業に活かせるプログラムに参加するために必要になるビザです。ですので、ある程度の英語力があることが前提となります。また、M-1ビザを取得した後は、通常の学生ビザ(F-1ビザ)を取得することは困難になります。

ビザ有効期間

就学するプログラムの期間+30日間(SEVISによる監視)

申請資格

  • アメリカの機関で非学術的(職業的)教育や研修を受けること
  • 留学に必要な資金を所持していることを証明できること

入学の許可が降りた後、学校やプログラムから「I-20」というドキュメントが発行されます。このI-20と、「ビザ申請書DS-160」「I-901 SEVIS費確認書」などを含む必要書類をすべて揃えて、ホームページから申請を行います。申請費用を支払ったら、大使館や領事館での面接のアポイントを取ります。面接後、審査が終了すれば、ビザ付きのパスポートが後日郵送されます。

OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)を利用する

働いている女性の写真です

オプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)とは、専門学校などで勉強したことを活かして、アメリカの企業で仕事をすることを言います。F-1ビザを所持している留学生は、留学先の学校で最低9か月の学習をした後、専攻に直接関係した職業のOPTとして働くことができます。

OPTのためにF-1ビザを申請する方は、留学先での勉強が修了している場合でもI-20を提出することができます(ただし、OPTを承認している学校であること)。

まとめ

アメリカには本当に色々なジャンルの専門学校が溢れているので、日本の学生が留学できるチャンスも多くあります。自分の目的に合った最高の留学先を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • 専門学校
  • Gnomon School of Visual Effects
  • ロサンゼルス・フィルム・スクール
  • ルイジアナ・カリナリー・インスティテュート
  • ニューヨーク・フィルム・アカデミー・ロサンゼルス校
  • Make-up Designory
  • ミュージシャンズ・インスティチュート
  • カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ
  • Priscilla Ono Makeup School
  • ディクシー・アップライド・テクノロジー・カレッジ

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!