ビジネススクール留学でMBAを取得!海外のビジネススクール事情とは?

2364

View

Wikimedia Commons

近年、多くのエリートビジネスマンがMBAを取得するためにビジネススクールへ通っています。国内でもMBAを取得することはできますが、海外のMBAを取得するビジネススクール留学も注目を集めています。今回の記事では、そんなビジネススクール留学に関する情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ビジネススクールとは?

講義をしている写真です

ビジネススクールとは、経営学の分野について体系的・実践的に学ぶビジネス系大学院のことを言います。世界中にこのビジネススクールが設置されており、卒業することで経営学の学士や修士(=MBA)を取得することができます。海外ではハーバード・ビジネススクールやロンドン・ビジネススクールなどが代表格となっています。

MBAとは?

ディスカッションする男性の写真です

MBAとは、Master of Business Administrationの略で、経営学修士のことを指します。MBAは検定や国家試験を受けて授与されるような資格ではなく、ビジネススクールで単位を取ることのみで取得することができます。

条件

ビジネススクールへの入学条件は、TOEFL iBTやGMATのスコアを提出するほかに、学校によっては職務経験が必要な場合があります。また、語学力が合格レベルに達していなくても、卒業までに基準となるスコアを取ることを約束すれば「条件付き合格」で入学することもできますので、募集要項をチェックしておきましょう。

準備

MBAの準備にかかる期間は10〜24ヶ月かかると言われています。前半はTOEFLやGMATなどのテストで高得点を出すための準備をし、そのスコアを元に後半で出願手続きや学校ごとのエッセイ対策をしていきます。

TOEFL・GMATなどの試験

TOEFL

ビジネススクールの受験を突破するためにはTOEFLで高いスコアを取る必要があります。トップレベルのビジネススクールほどTOEFLのスコアで入学志願者を足切りをするので、継続的に勉強をしていきましょう。一般的には、リーディング・ヒアリング・スピーキング・ライティングの4部構成から成るTOEFL iBTを受けることになります。

GMAT

GMATとは、①AWA(ライティング)②Integrated Reasoning(総合分析能力テスト)③Quantitative / Math(数学能力テスト)④Verbal(言語能力テスト)の4部構成のテストで、MBAを希望する人に向けて実施されているテストです(ネイティブを含む)。リーディングやエッセイ、専門的知識などの実力を測定します。テストは800点満点で、オンライン受験が基本となります。

平均スコア

以下の表は、各国のトップレベルのビジネススクールのTOEFL iBTとGMATの平均スコアの例です。IMD Business SchoolなどTOEFL iBTやGMATの点数を求めないビジネススクールも存在します。

ビジネススクール名TOEFL iBT 平均スコアGMAT 平均スコア
Stanford Graduate School of Business(アメリカ)100730
Harvard Business School(アメリカ)110725
Wharton School of the University of Pennsylvania(アメリカ)110730
London Business School(イギリス)105700
Columbia Business School(アメリカ)110715
INSEAD(フランス)105705
MIT Sloan School of Management(アメリカ)100715
IE ビジネススクール(スペイン)100670
IESE Business School(スペイン)100680
香港科大商学院(香港)100670
Indian Institute of Management Ahmedabad(インド)100710
The University of Chicago Booth School of Business(アメリカ)104725
IMD Business School(スイス)-670
Haas School of Business(アメリカ)68715
Fuqua School of Business(アメリカ)-695
Kellogg School of Management(アメリカ)109725

GPA

GPA(Grade Point Average)とは、欧米の教育機関で広く普及されている成績評価指標です。日本でも全体の60%以上の大学でGPAによる成績評価が行われています。トップレベルのビジネススクールに行くには、卒業した大学でのGPAが3.5〜4.0ほど必要になると言われていますので、大学在学時からMBAを狙っている方はGPAも意識して授業に取り組むようにしましょう。

塾・予備校

ビジネススクールへ入学するには前提として語学力が必要になってきます。また、受験の際にTOEFL iBTやGMATのスコアが必要になります。そのため、ビジネススクールに入る前にまず日本の予備校や塾に通う方がとても多いです。MBA予備校には以下のような学校があります。

ランキング

MBAランキングは毎年世界各国の大衆誌から発表されています。その中でも、特にUS News誌、Financial Times誌、Forbes誌、Bloombergが出すMBAランキングは最も信頼されています。

短期でもビジネススクールに通える?

勉強する生徒の写真です

「短期間でビジネス留学をしたい」「MBAを取得することにはこだわらない」という方には短期ビジネス留学プログラムであるエグゼクティブプログラムが人気です。マーェティングなら「BtoBマーケティング」、ブランディングであれば「企業ブランディング」のように学びたい分野についてピンポイントで授業を受けることができるのが特長です。

新卒・大学生も通える?

勉強する学生の写真です

多くのビジネススクールでは入学条件として2〜3年の職務経験が問われます。ですので、新卒の社会人や大学生がビジネススクールに通う際には職務経験が問われない学校を探す必要があります。起業が盛んなアメリカでは他の国と比べて職務経験を問わない学校が多いので、新卒の社会人や大学生はアメリカのビジネススクールを探すことをおすすめします。

スポンサーリンク

アメリカ

アメリカの街並みの写真です

アメリカには、世界を代表するビジネススクールが多く集まっています。また、前述したように、アメリカには職務経験が無くても通えるビジネススクールが置いので、世界中の留学生がアメリカのビジネススクールに留学します。

ランキング

アメリカの大衆誌から毎年ビジネススクールのランキングが発表されています。以下の3社は、その中でも特に影響力のあるランキングを公表しています。

ハーバード・ビジネス・スクール

世界最難関のビジネススクールと言われているのが、このハーバード・ビジネス・スクールです。日本からは大手企業や外資系コンサルから派遣されて留学するケースがとても多いです。

ハーバード・ビジネス・スクールのロゴです
名称Harvard Business School(ハーバード・ビジネス・スクール)
国・都市アメリカ / マサチューセッツ州 / ボストン
学校形態大学院
住所117 Western Ave, Allston, MA 02134 アメリカ合衆国
電話番号(617) 495-6155
公式サイトhttp://www.hbs.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/3457/

コロンビア・ビジネス・スクール

アメリカのアイビーリーグであるコロンビア大学系列のビジネススクールがコロンビア・ビジネス・スクールです。

コロンビア・ビジネス・スクールのロゴです
名称Columbia Business School(コロンビア・ビジネス・スクール)
国・都市アメリカ / ニューヨーク州 / ニューヨーク
学校形態大学院
住所3022 Broadway, New York, NY 10027 アメリカ合衆国
電話番号212-854-5553
公式サイトhttp://www.gsb.columbia.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/7860/

費用・学費

お金の写真です

学費

ビジネススクールの学費は大きく分けると次のようになります。

ビジネススクール学費
ランキング上位校800〜1000万円
中堅レベル400~800万円
州立、留学生向け200〜400万円

生活費

各国の生活費の目安はこのようになります。

現地での生活費と住居費の合計(1ヶ月)
アメリカ10〜15万円
イギリス10〜20万円
カナダ10〜15万円
オーストラリア12〜25万円
スペイン10〜18万円

ブログ

ノートの写真です

ビジネススクール留学の情報はブログからも手に入れることができます。通常、ビジネススクールの留学先の学校を選ぶ際は、雑誌などに載っているランキングや学費の安さを重視する傾向がありますが、なかなか授業の様子まで知る機会は少ないので貴重な情報源となります。

『Chicago Booth Japan Club』

The University of Chicago Booth School of Businessの学生グループが運営しているブログです。学内の授業の様子や受験対策まで幅広く情報を手に入れることができます。

先日、同期がランキングの記事を書きましたのでそれに関連して、以前から思っていたことを調べてみました。以前から思っていたこととは、Boothは学校としての評価のわりに日本の受験生が受けていないのではということです。米国はもちろん、他のアジアの国でもBoothの評価は相応に高く、日本でUndervalueされている(ランキングに対して人気がない)のではないか、つまり買い(受験得)ではないかと思っていました。

Booth – strong buy

まとめ

いかがでしたか?一口にビジネススクールと言えど、多種多様な学校が存在します。学校のブランドだけにこだわらず、自分に合った最高のビジネススクールを見つけてくださいね。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2782 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20962 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5204 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5495 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • MBA
  • ビジネススクール
  • ハーバード・ビジネス・スクール
  • コロンビア・ビジネス・スクール

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/