英語スピーキングの練習法とは!?日本国内で英語を話す練習の仕方

4073

View

「英語を話せるようになりたい。一体どうすれば話せるようになるのだろう…」「英語でせっかく話す機会があったのに、うまく話せなかった…」「下手だから話すのが恥ずかしい…」そんな声をよく聞きます。今回はそんな方々が英語スピーキングを練習する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

イメージを逆手に取れ

人形の画像です

海外の人からよく言われること。それは、日本人は英語が話せない、ということです。これは日本人にとっては悲しいことですよね。しかし、悪いことばかりではありません。それは、日本人は英語が話せない=下手でも相手は予想済みだから恥ずかしいことなどないからです。むしろ、積極的に話せばそれだけで「君は日本人なのに英語が話せるね」と言われてしまうこともあるくるいです。恥ずかしがらずにどんどん話してみましょう。

英語が母国語でない人と会話する

会話してる写真です

そうは言っても、ネイティブと話すと、早くてわからないし、テンポよく会話できなくて気まずい…そんな方はまず、英語学習者どうしで会話してみましょう。お互いに言葉に詰まったり、助け合ったりしているうちに、話すことに慣れると同時に、英語力も向上していきます。

でもどうやってそんな機会を作るのでしょうか?日本へきている留学生は、圧倒的にアジア、特に韓国・中国・台湾からの留学生が多いです。道やキャンパスで声をかけるのは難易度が高いかもしれませんが、私は大学の日本語教育センターで、日本語を教えるボランティアをして、留学生と仲良くなりました。そんな風に、大学の機関や留学生コミュニティーを活用してみましょう。

スポンサーリンク

頭の中で話してみる

想像の写真です

それでもまだ恥ずかしい。そんな方はまず、頭の中で話してみるのはいかがでしょうか。通勤通学の電車の中にはたくさん人がいます。彼らを使って、勝手に英語でアテレコしてしまうのです。え?と思うかもしれませんが、これは実際に私の恩師が教えてくれた英語勉強法です。頭の中なら間違いも恥ずかしくないだけでなく、会話を全て作り出すので、実際の会話よりも生み出すセリフが多いのです。

まとめ

いかがでしたか?政府も英語教育や留学に力を入れており、英語に触れる機会は多いはず。しかし、海外の人と話していると、日本人は話せないと言われてしまいます。その状況を逆手に取り、英語の練習をしていきましょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 語学
  • 英語
  • スピーキング

この記事を書いた人

りほ
りほ

東京の大学生。ベトナムで教育支援を行うボランティア団体に所属。趣味は読書と食べること。フィンランドに留学予定。