オーストラリア短期留学で自分を変える!ーークイーンズランド大学留学経験者にインタビュー

545

View

語学留学先としても人気である国の一つがオーストラリアです。今回はブリスベンにあるクイーンズランド大学での短期留学を経験したまゆさんにインタビューさせて頂きました。

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューはオーストラリアのクイーンズランド大学で3週間の短期留学を経験したまゆさん。現在、都内の私立大学3年生であるまゆさんにクイーンズランド大学での留学生活についてお話を伺いました。

英語教育の進んだオーストラリアで生の英語に触れたい

クイーンズランド大学の留学生が授業を受ける建物

(↑留学生が授業を受ける校舎)


ーー まず初めに留学しようと思ったきっかけはなんですか?

私は教育学部の英文科で英語を学んでいるのですが、海外に行ったことがなくて…。英文科でせっかく英語を学んでいるから海外に行って生の英語に触れたい、というのが第一にありました。また私はサークルが忙しくて長期留学には行けないので短期留学にチャレンジしました。

ーー 大学のプログラムで留学されたということですが、オーストラリアのクイーンズランド大学を選んだ理由はなんですか?

まず語学留学だから英語圏しか考えていなくて、アメリカとイギリスを考えましたが親に治安の心配をされてやめました。その他の英語圏の国となったときにオーストラリアのプログラムを見つけました。

オーストラリアは自然が豊かで、アメリカやイギリスより治安の心配もあまりなく、距離的にも近いということでオーストラリアにしました。

また私は日本で英語の先生になるために教職を取っているのですが、オーストラリアは英語教育が発達していることで有名なのでもともと興味がありました。実際にその教育を受けることができてよかったです。

ーー 留学前に決めた目標はありましたか?

日本の大学では英語の勉強はするものの英語で話すことはほとんどないので、現地の人とできるだけ積極的にコミュニケーションを取ることを目標にしました。そのコミュニケーションを通して英語の理解を深め、自信をつけたいというのもありました。

英語でオーストラリアの文化を学ぶ

留学中のオーストラリアで動物と触れ合う

(↑今回インタビューを受けてくれたまゆさん)


ーー 大学生活の1日の流れはどのような感じでしたか?

8時15分から授業が始まり、毎日午前中に2時間の授業を2コマ、午後1コマ受けていました。文法の授業はあまりなく、基本的にはアボリジニ―や先住民の歴史、方言、観光地、動物などオーストラリアに関して英語で学んでいました。

曜日によって先生が違ったのですが、週3日は同じ先生でした。その先生のときにはプレゼンの仕方を学んでオーストラリアについてのプレゼンをしました。

3コマの日もあれば2コマの日もあったり、午後の授業の時間がアクティビティーになって出かけることもあったりして、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ―やブリスベンの市街地などに行きました。

ーー クラスの雰囲気はどのような感じでしたか?

私のクラスは17人みんな日本人で同じ大学から来た学生でした。他の大学で学校単位で来ているところも学校ごとにクラスが構成されていました。

プレースメントテストがないので初級者から中級者が混ざっていましたが、様々なレベルの人がいることで助け合って自分たちの意見を先生に伝えることができました。自分よりも話せる人を参考にして多くのことを学ぶことができましたね。

初め日本人は少なかったですが、後半ドバっと日本人が入ってきて留学生が授業を受ける校舎は日本人で溢れていました(笑)

スポンサーリンク

現地学生とも積極的に交流し、英語を話す機会を掴む

オーストラリアの海

ーー 現地の学生との交流はありましたか?

授業によく現地の学生が来てくれました。午後のアクティビティーでブリスベンの市内に行くときに数人のグループに分かれて行動したのですが、各グループに1人現地学生がついて案内してくれました。ちょうど留学中に次のセメスターの新入生歓迎会をしていて、ブースで現地学生と話す機会もありました。

また授業の一巻でキャンパスにいる人にアンケートも取りました。1人で話しかけるのは気が引けたので2人で話しかけて、「私たちは日本から来た留学生で現地学生に質問したい!」とアンケートの協力をお願いしました。みんな快くアンケートに答えてくれましたね。最終的にはそのアンケートの結果を用いてオーストラリアについてのプレゼンをしました。

自分の殻を破った短期留学

留学プログラム終了後に先生と

ーー 留学を終えて、留学前の自分と留学後の自分で変わったところはありますか?

日本語でも英語でも自分の思っていることを発言することに抵抗がなくなりました。話すことに抵抗がなくなったのが大きかったです。また緊張せずに初対面の人とも接することができるようになりました。

今回はオーストラリアで多民族文化に触れることができたので、次は同じように世界各国から人が集まってるアメリカに行きたいと思うようになりました!時間があれば行きたいです。

編集部コメント

初めての海外でクイーンズランド大学での留学にチャレンジしたまゆさん。今回の留学で人前で発言したり初対面の人と話したりすることに抵抗がなくなり、自分を変えることができたそうです。みなさんも留学を通して新しい自分を見つけませんか?

今回紹介したクイーンズランド大学の口コミ

クイーンズランド大学のロゴです
名称The University of Queensland(クイーンズランド大学)
国・都市オーストラリア / クイーンズランド州 / ブリスベン
学校形態大学大学院
住所University of Queensland, St Lucia ブリスベン 4072
電話番号+61 7 3365 1111
公式サイトhttp://uq.edu.au/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/3526/

インタビュアー

大浦彩(おおうらあや)/早稲田大学2年/アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3555 view
  • カナダ滞在者必見!タダで映画が見られてお得な「SCENEカード」

    日本人のように(?)ポイントカードが大好きなことで有名なカナダ人。ここでは、そんなカナダで生活するならぜひチェックしておきたい、お得な「SCENEカード」についてご紹介します。

    eplm 3136 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 2990 view
  • 世界18ヵ国の美人基準はこれだ!これからは恋人探しもグローバルに?

    私が生活しているセブでは美人の基準が日本とは異なります。フィリピンに限らず、お国が変われば美人の基準も異なるようです。日本ではコンプレックスだった部分が、違う国ではキュートだと歓迎されることもあります。そこで今回は、「美人」に関した面白い研究結果を交えてお話ししたいと思います。

    ケン 59635 view

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 初心者
  • 短期
  • クイーンズランド大学
  • 多文化

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/