留学にクレジットカードは必須?留学におすすめのクレジットカード

5539

View

これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

スポンサーリンク

留学でクレジットカードが必要な理由

クレジットカードを差し出す様子

そもそも「留学に行くのにクレジットカードは必要なの?」という風に考えている方もいらっしゃるかと思いますが、留学にクレジットカードは絶対に必要です。以下の理由が挙げられます。

社会的信用になる

海外ではクレジットカードを持っている=社会的な信用の証として認識されています。例えば海外でレンタカーを利用するときはクレジットカードでの支払いでないとできない場合がほとんどです。また、現地で銀行口座を開設するにも身分証の他にクレジットカードの提示を求められることもあります。

保険が付帯している

クレジットカードには海外で何かあったときのための保険が付帯しており、盗難などの被害はもちろん病気や怪我の際に補償されるものもあります。クレジットカードの保険機能については詳細を後述します。

多額の現金を持ち歩くのは危険

強盗やスリの被害に逢う可能性もあるので海外で多額の現金を持ち歩くことは危険です。海外で外出をする際は必要最小限の荷物に抑え、現金はあまり持ち歩かないようにする必要があります。

クレジットカード払いが基本

海外、特に欧米諸国では、支払いはクレジットカードが基本です。100円程度のジュースを購入するにもカードで支払うことも。自動販売機にクレジットカード払い機能がついたものさえあります。

両替の手間が省ける

海外で現地の通貨を用意するのに、いちいち日本円を両替するのは面倒ですし、場所によっては近所で両替できない場合もあります。またレートは日々変動するので、一度に大量のお金を両替して後で損をしたり余らせてしまうのはもったいないですよね。クレジットカードでの支払いでしたら、面倒な手間をかけることはありません。

クレジットカードを作るとき注意点

クレジットカードを持つ女性

留学でクレジットカードが必要な理由をお伝えしましたが、続いてはクレジットカードを作るときの注意点をお伝えします。

枚数は最低でも2枚以上あった方が良い

クレジットカードは異なる会社のものを2枚以上用意しておきましょう。なぜなら、もし1枚だけしかないときに破損や紛失時などの被害に逢いなくしてしまったときのリスクヘッジとなるからです。また、クレジットカードの保険についても、枚数分だけクレジットカードの補償額との合算で保険を適用できるメリットもあります。

国際ブランドは「VISA」か「MasterCard」

クレジットカードには国際ブランドとして、JCB、VISA、MasterCard、ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレスなどのブランドがありますが、世界で最も多く利用されているのがVISAとMasterCardになります。これらのカードを1枚ずつ持っておくのが良いでしょう。

在学中・在職中にクレジットカードを作っておく

クレジットカードを作る際、無職だと審査に通りにくい場合があります。なので、学生の方は在学中に、社会人で会社勤めをされている方は在職中にクレジットカードの準備を進めましょう。

渡航の2ヶ月前には申請する

クレジットカード会社によってはもっと早く発行できるところもありますが、クレジットカードを作るのに申請してから手元に届くまで2週間〜1ヶ月以上かかることがあります。早めの準備を心がけましょう。

クレジットカードの保険とは?

手を怪我している人のイラスト

クレジットカードの保険には「ショッピング保険」と「海外旅行保険」があります。ショッピング保険はクレジッドカードの盗難などによって自分のクレジットカードが不正に利用された際の損害を補償してもらえるもので、大体どのクレジッドカード会社でも適用されます。

留学の際に注意したいポイントは海外旅行保険の条件です。どのような条件があるのでしょうか。

補償日数は90日

クレジットカードで海外旅行傷害保険を適用できるのは、どのクレジットカード会社も90日以内が基本です。90日以内の短期留学なら問題ないですが、90日を超える長期留学の場合は適用外になりますので注意しましょう。

自動付帯/利用付帯

自動付帯とは、海外旅行傷害保険が付いているカードを持っているだけで自動的に保険が適用となるもので、利用付帯とは航空券をクレジットカードで購入した場合のみ保険が適用される条件となっています。

補償内容

クレジットカードの海外旅行保険には主に以下の内容の補償があります。各補償内容の上限金はもちろん、そもそも補償がないものもありますので、よく確認してみましょう。

補償内容詳細
傷害死亡海外滞在中のケガによって死亡した場合の補償
傷害後遺障害海外滞在中のケガによって後遺障害を負った場合の補償
傷害治療費用海外滞在中のケガの治療費用の補償
疾病治療費用海外滞在中の病気の治療費用の補償
救援者費用海外滞在中に入院した際に家族が現地に駆けつけた場合の費用の補償
賠償責任海外滞在中に誤って他人にケガをさせたり他人の物を壊し賠償責任を負った場合の補償
携行品損害海外滞在中に持ち物が盗難にあったり壊れた場合の補償

スポンサーリンク

キャッシング機能のメリットとデメリット

海外のAMTでお金を引き出している様子

クレジットカードにはキャッシングの機能がついているものもあり、海外のATMで現金を引き出すことができます。AMTの機械に、Visaカードの場合は「PLUS」、MasterCardの場合は「Cirrus」と書かれているものであれば利用可能です。

メリットとしては現地のAMTで現金を引き出せる手軽さや、海外送金の手間に比べて手軽であることです。デメリットはキャッシング=借金なので利息が付きますので注意が必要です。いざというときのためにキャッシング機能のついたクレジットカードを1枚持っておくと良いでしょう。

留学におすすめのクレジットカード

ここまで留学でのクレジットカードについての説明をしてきましたが「実際にどの会社のクレジットカードがいいの?」という方におすすめのクレジットカードをご紹介します。

一番のおすすめは「楽天カード」

楽天のロゴ

楽天カードは、ECサイト楽天が提供するクレジットカードです。TVCMでご覧になられたことのある方も多いのではないでしょうか。そんな楽天カードですが、実は7年連続顧客満足第1位を獲得している信頼と実績の高いクレジットカードなのです。どのような魅力があるのでしょうか?

入会金・年会費が無料

多くのクレジットカードには入会金や年会費がかかりますが、楽天カードは入会金・年会費が無料です(種類によっては有料のものもあります)。なので、既に他の会社のクレジットカードを持っていたとしても、2枚目のクレジットカードとして作っておくのにも最適ですね。

申し込みは18歳からOK!面倒な審査が不要で約1週間でお届け

楽天カードの申込条件は、満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可。高校生は不可)となっております。高校生はNGですが、現在大学生や専門学生の方でも申し込みができます。

申し込みはオンライン上で行うことができます。スマホからでも申し込みフォームに沿って進めて行けば良いので簡単です。申し込みが完了したら約1週間、早い人は3〜4日で自宅に届きます。ちなみに、届いたその日から使うこともできますよ。

保険金額が最大2000万円。楽天プレミアムカードなら5000万円補償

気になる海外旅行保険の補償内容ですが、楽天カードは最大2000万円、有料の楽天プレミアムカードなら最大5000万円の補償が付いてきます。

楽天カードの保険の補償金額

保険の適用条件は利用付帯、つまり、旅行前の移動手段でカードをしていないと適用にはなりませんが、空港に行くまでの公共交通機関への乗車での支払いも有効とされています。例えば空港に行くまでの電車やバス、タクシーなどの料金を楽天カードで支払っておけば保険の適用の範疇となるのです。一般的に利用付帯での適用条件は航空券の購入が条件である場合がほとんどなので、これは便利ですね。

ちなみに楽天プレミアムカードなら自動付帯、つまり、持っているだけで保険の適用がされます。

カードの利用で楽天ポイント還元。ANAマイルへの交換も可能

楽天カードで何か買い物をした際、楽天ポイントが1%還元されます。例えば1万円の買い物をしたら、楽天ポイントが100ポイント還元されます。楽天ポイントは楽天でのショッピングに1ポイント1円の計算で使用可能です。

また、楽天ポイントをANAのマイルに交換することも可能です。この場合は2ポイントで1マイルとなります。留学中で楽天のオンラインショップをあまり利用できない場合も有効活用できますね。

新規申し込みで楽天ポイントをプレゼント

現在楽天カードでは新規申し込みで楽天ポイントをプレゼント。1ポイント=1円分で使用できますので、留学に必要なグッズを揃えたりするのに最適でしょう。

2枚目に持っておきたい!保険の補償が手厚い「エポスカード」

エポスカードのロゴ
エポスカード

エポスカードはデパートでお馴染みのマルイが提供するクレジットカードです。これから留学される方はエポスカードを1枚作っておくだけでもメリットがあります。

保険の適用が自動付帯

エポスカードの魅力は保険の適用が自動付帯であることです。つまり、エポスカードを持っているだけで、何かあったときの保険の適用の対象となります。さらに、他のクレジットカード会社の保険と併用することも可能です(死亡時の補償は例外となり、どちらか高い方のみが適用となります)。

病気になったときの補償が手厚い

エポスカードの保険の補償金額

こちらがエポスカードの保険の補償金額になりますが、注目すべき点は疾病治療費用、つまり海外で病気になったときの補償が手厚いということです。海外では何かと体調を崩しやすいので、この補償内容は嬉しいですね。

入会金・年会費が無料

エポスカードも楽天カード同様、入会金・年会費が無料です。申し込み条件は、満18歳以上の方(高校生を除く。また未成年の場合は親権者の了解が必要。)となっております。学生や主婦、パートやアルバイトの方でも申し込みが可能です。

クレジットカードの利用に抵抗がある人向け「マネパカード」

マネパカード
マネパカード

「やっぱりクレジットカードの利用は何となく不安」と思っている人におすすめしたいのがマネパカードです。マネパカードは「海外プリペイドカード」と呼ばれる、チャージ式のカードとなっております。つまりカードにチャージしてある分だけ利用が可能で、クレジットカードや銀行ATMと同じように使うことができるカードなのです。

手数料のコストが安い

海外でクレジットカードを使用した際、利用額の約1.6%程度が手数料として発生するのですが、マネパカードでしたら実質約半額で利用することができます。

オンラインで両替可能。現地の通貨でチャージができる

マネパカードは、あらかじめ現地の通貨でチャージしておくことで現地のATMやショッピングの利用が可能です。オンラインで両替が可能で、通常の外貨両替に比べて最大93%の手数料のコストが安くなっております。

与信審査はなし。入会金・年会費も無料

クレジットカードではないので、与信審査はありません。原則15歳以上の方なら誰でも申し込むことは可能です。また、入会金・年会費も無料で作ることが可能です。

注意点:クレジットカードではないので事故や病気などの保険はない

注意したいのが、マネパカードはクレジットカードではないので、事故や病気などの際に適用される保険の機能はないということです。もちろんカードの不正利用に対しての補償はあるのと、マネパカードを使って購入した商品が破損・盗難した場合には総額50万円までは補償の対象となります。

まとめ

いかがでしたか?留学生活に欠かせないクレジットカードについての紹介でした。この記事が参考になれば幸いです。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)