ラングペディア・キッズクラブの効果?3ヶ月受講した感想とレビュー

468

View

スポンサーリンク

3ヶ月間子ども向け英会話のラングペディア・キッズクラブを受講した体験談を紹介します。なぜ続けられたのか?どうやって学ぶのか?私と同じように「子どもには小さなころから英語に触れさせたい」「小学校で始まる英語の授業までに英語に慣れさせたい」と考えているパパ&ママにぜひ読んでもらいたいです。

  • 小さいころから英語に触れさせたい
  • まずはお家で楽しく学ばせたい
  • お財布にも優しい英会話を探している

そう思っているパパとママは、ぜひ参考にしてください!

今回は、2歳〜12歳向けのオンライン英会話「ラングペディア・キッズクラブ」の体験クラスや入会を決めた理由、3ヶ月受講した効果を紹介します!

ラングペディア・キッズクラブの体験クラスに参加してみた感想

ラングペディア・キッズクラブのレッスン風景の写真

複数の英会話サービスを比較して、息子に合うものを選ぼうと思い、まずは体験クラスに参加しました。

ラングペディア・キッズクラブは、初心者でも飽きずに参加できる工夫がたくさんあり、公式HPからカンタンにLINEやメールで申し込みすることができましたし、体験クラスはしっかり年齢別に分かれていたので「入会後のクラスのイメージ」がしっかりできました!

また、体験クラス受講後は希望のコースと希望曜日、時間帯をお伝えしたら参加可能クラスをすぐに案内してくれました。サポート面でも手厚くて、よかったです!

ラングペディア・キッズクラブに入会した理由

英会話教材の写真

数ある英会話サービスの中から、なぜ私がラングペディア・キッズクラブを選んだかを紹介します。

理由1:グループコースだったから

コロナ禍だったこともあり、当初からオンラインの英語教室を探していました。

オンラインコースはマンツーマンが主流な中、ラングペディア・キッズクラブにはグループコースがあったことです。それからグループコースの中でも定員5名と3名のコースがあって選べるのも魅力でした。

理由2:価格が安かったから

一番の理由は価格面。英語の他にも習い事をしていたので、あまり費用がかけられなかったこともあり、年払いプランで月あたり2,200円から始められる価格は嬉しかったです。(編集註釈: 2022年8月から一番安いコースの年払いプランで月あたり3,300円になっています)

月払いもできますが、年払いで申し込みをすると断然お得だったので迷わず年払いにしました。

理由3:予約不要、送迎不要

習い事で大変なのは、送迎があること。仕事をしながら子どもの習い事の送迎は結構大変です。

オンラインの習い事にしようと思ったのも送迎がなく、気軽に参加できる点が大きかったです。

多くのオンライン英会話は毎回レッスンの予約をしなければいけませんが、毎週固定の曜日・時間でのクラスなので予約が不要で楽だし、スケジュールが立てやすいというのも入会の決め手になりました。

他の子ども向け英会話サービスは平日にしかクラスがないことが多かったのですが、日曜日~土曜日まで幅広くクラスを選択できるのも良かったです。

同時に検討した他の英会話サービス

子どもの勉強風景の写真

実際にラングペディア・キッズクラブに決めるまでに、幾つか他のサービスの体験クラスも受講してみました。

検討したオンライン英会話1:リトラボえいご

クラスは45分とやや長め。講師は英語の話せる日本人でした。

グループコースのつもりで受講しましたが、体験者は息子1人。グループの雰囲気を感じるのが難しかったです。

パソコン上で共有されるカリキュラムはどれも楽しかったですが、時間が長いため低学年の息子には集中力が最後まで続きませんでした。

話す時だけマイクをオンにして、それ以外はオフにするなど、操作は子ども一人だとなかなか難しいと感じたのも申し込みに至らなかった理由です。講師の方はとても明るく良い印象でした。

検討したオンライン英会話2:GLOBAL CROWN

息子に合うレベルのクラスの開講がなく、受講できる時間の選択肢がなかったことが申し込みにならなかった大きな理由です。

また、週末の受講を希望していましたが、クラスの開講が平日の15時~21時だったこともあり、親のスケジュール的に仕事帰りでバタバタしてしまい、毎週は無理だなと感じました。

体験クラスは25分。3名の参加者がいてフラッシュカードが中心でしたがフラッシュカードにイラストがなかったので、低学年の息子には少し難しかったようです。

専用のアプリがあり、クラスのフィードバックを遡ったり、習ったことを確認できる点はすごく良かったです。もう少しレベルUPしてから参加を検討しようかなという感じでした。

ラングペディア・キッズクラブを受講した効果

ラングペディア・キッズクラブのレッスン風景の写真

1ヶ月目に感じた効果

英語が向上したかどうか、効果はまだしっかりと感じられていませんが、とても楽しくクラスに参加できています。

とくに借り物ゲームがお気に入りで、講師が「○○色のものをお部屋の中から探してきて!」というようなゲームは、親のサポートなしでも英語だけを聞いて参加できているので、英語を聞く耳は徐々にできてきているなと感じます。

クラスのお友達でも英検に受かった子や海外留学を検討している子たちもいる環境は、刺激的でグループクラスの良いところだと感じています。

また、不定期で無料のワークショップが開催されたり、オプションマンツーマンチケットを購入して、クラスの予習・復習をしたり、会話力強化やフォニックスを学ぶこともできるので、春休みや夏休みなどいつもより長い休みで時間がある時は活用したいなと思っています。

会員ランク制もあり、長く続ければ続けるほどマンツーマンチケットが安く購入できるなどの特典もあるそうです。

3ヶ月後に実感した効果

始めは「英語がわからない」と言っていた息子も3か月継続してみて、自然と英語の歌を家で口ずさんだり、クラスで学んだ単語を話したりすることが増えてきました

3週目にはShow&Tellという発表の機会がありますが「今日の発表○○ちゃんはこうだったね」など、友達の発表にもしっかり耳を傾けられるようになりました。

我が家では毎週土曜日10時は英語の時間という習慣がつき「今日は△△くん来るかな?」など、お友達に会えることも楽しみにしているようです。

小学校でも英語の学習が始まりましたが「この前の学校の英語はキッズクラブでやった内容だったよ。」と、自信を持って取り組めている様子を報告してくれました。

楽しみながら英語を学べていることは素晴らしいことなので、これからも継続して更なるスキルアップを目指したいと思っています。

息子が受講しているラングペディア・キッズクラブとは

ラングペディア・キッズクラブ公式サイトのスクリーンショット

ラングペディア・キッズクラブは、2歳~12歳の子どもを対象としたオンライン英会話サービスです。オンラインでは珍しく、グループコースがメインです。

ラングペディア・キッズクラブは、留学事業に携わっていたママさんスタッフたちが、コロナ禍で活動制限があった子どもたちに「オンラインで友達と繋がって、楽しめるサービスを作りたい!」と立ち上げたサービスとのこと。

コロナ禍で生まれたサービスだから、人と繋がりの持てるグループクラスがメインになっているみたいです。

クラスの様子

YouTube

ラングペディア・キッズクラブの特徴

特徴1:グループコースがメイン

オンライン英会話はマンツーマンが主流ですが、ラングペディア・キッズクラブでは、学校や保育園のように友達とクラスに参加できるグループクラスを採用しています。

グループクラスはクラスのお友達の様子が見れたり発言がきけるので、子どものやる気もUPします。

毎回、クラスの始めに Simon says(ジェスチャー)ゲームで今月の単語を復習をするので、1か月を通してしっかりと単語を身に着けることができます。

特徴2:年齢別クラス

ラングペディア・キッズクラブのクラス分けのイメージ画像

クラスは年齢別にわかれており、年齢毎にクイズやアクティビティの難易度や学ぶ単語の量が変わります。クラス時間はどのクラスも25分間です。

4歳以上で英語に自信がついたお子さんは、English Onlyクラスに参加することも可能です。*受講には規定あり

特徴3:身近なトピックを使ったカリキュラム

ラングペディア・キッズクラブのカリキュラム

ラングペディア・キッズクラブは初心者向けの英語クラブです。そのため、子どもに馴染みのあるシチュエーションやトピックのカリキュラムが多く、楽しく学べる工夫がたくさんあります。

例えば、トピックはかたち、からだのパーツ、やさい、ようふく、いろ、どうぶつなどがあり、子どもが普段の生活でイメージしやすい内容です。

また、体を動かすアクティビティが多いので息子はそれが楽しいようです。ゲームの内容は実際におうちでも試せるものも多いので、クラス後に家族でやってみることで復習にもなり、それも良いなと感じています。

特徴4:価格がリーズナブル

対面の英会話は月々5,000円~1万円程度の月謝がかかるのに対して、オンラインは価格が抑えられるのが特徴です。

ラングペディア・キッズクラブはグループコースがメインで、定員5名のスタンダードコースは1クラスたったの825円*で受けられます。*年払いにした場合の価格。

コースは定員5名のスタンダードコースの他に、定員3名までのスモール3、マンツーマン、ご家族最大3名まで一緒に受講できるファミリーコースなど、コースも豊富です。

お友達同士で一緒にお申込みすれば友達専用クラスも作れるそうです。

特徴5:講師は全員フィリピン人

実際に子育てしているママさんスタッフたちが考えたサービスだからこそ、ママ目線の価格を実現するために、フィリピン人講師を採用しているそうです。

フィリピンはビサヤ語やフィリピノ語と同様に英語も公用語となっており、多くのフィリピン人が幼少期から英語を学んでいます。そのため、綺麗な英語を話す人が多いです。

また大家族で育った人が多いため、常に下の子の面倒をよく見て育つ環境にあることから子どもの扱いがとても上手です。

クラスではいつも笑顔で子どもと一緒になって、楽しんでいる雰囲気がとっても素敵で、子どもたちの緊張や不安をすぐに取り除いてくれます

講師の紹介動画

YouTube

特徴6:サポート体制

ラングペディア・キッズクラブのサポートはメール、LINEのみです。

毎週のご案内や毎月の復習テストやお得なご案内などは、メールやLINEで届きます。クラスに欠席する際などもメールやLINEで報告するだけでOK。

その他、クラスについての質問や「こういう時は英語でなんて答えるの?」などもLINEですぐに返信がもらえます。回答が早くていつも助かっています。

LINEでのやりとり

LINEのトーク画面のスクリーンショット

【まとめ】ラングペディア・キッズクラブの特徴・感想

  • オンラインでグループクラスが受講できる
  • 年齢別クラスで同年代と一緒に学べる
  • 身近なトピック&カリキュラムで楽しく英語に触れられる
  • 価格がリーズナブル
  • 明るいフィリピン人講師だからクラスが楽しい
  • 万全のサポート体制(メール、LINE)

ラングペディア・キッズクラブは、子どもが楽しく学べ、親の負担も少なく続けやすい英会話サービスです。

私と同じように「子どもには小さなころから英語に触れさせたい」「小学校で始まる英語の授業までに英語に慣れさせたい」と考えているパパ&ママに参考になればと思います!

ぜひ、この機会に体験レッスンを試してみてください。

\ 体験レッスンはコチラ /

ラングペディア・キッズクラブ公式サイト

この記事に関するキーワード

  • 体験談
  • 子ども英会話

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!