英語が話せない人でも、外資系企業に転職する方法【お勧め転職エージェントも紹介】

3492

View

スポンサーリンク

英語ができない人、英語が話せない人でも、7つのステップを踏めば外資系企業で働くことができます!
「TOEICのスコアはどれくらい必要?」「英語力不要の外資系企業があるって本当?」
今回はそんな疑問にお答えして、英語がニガテでも外資系に就職する方法をお教えします。初心者でも外資系転職を成功させるための手順と、お勧め人材エージェント5社も紹介しています。

スポンサーリンク

英語が話せなくても働ける外資系企業の特徴

英語が話せなくても働ける会社

外資系企業といっても、規模や組織など、種類は様々です。中には英語が話せなくても働くことができる企業もあるので、まずはその例を紹介します。

 

1. ローカライズされた外資系企業

イメージしやすいのは、H&MやGAPなどのアパレル企業です。外資系にはなりますが、日本法人の規模が大きいため、ほとんどローカライズされていて、日本語で勤務が可能になります。

また、BtoBの会社でも、IBMなど日本での会社の規模が大きければ大きいほど日本語で働くことができます。

 

2. 日本人上司もいる外資系企業

仕事の報告は上司に行うものなので、日本語を話す上司や、日本人が上司である場合は英語は必ずしも話せなくても働くことができます。

役職がなくても、外国人を含めたskype会議、電話会議などに参加することはあるかもしれません。また、一般的な外資系企業では、社内メールやツール、資料ファイルなどが英語が基本になっていたりします。

資料の作成や、意見を求められる機会も出てきますが、基本的な英語力があれば、毎日繰り返しこなしていくことで慣れていきます。基本的な英語力がどれくらいなのかは、また後ほど説明します。

1.2.の外資系企業の探し方

日本人の社員が多く、日本企業らしい組織であるかどうかの判断は、外資資本の割合も目安として使うことができます。データは会社四季報や、帝国データバンクから調べることができます。外資資本の比率が低いと、日本企業の色合いが強いと判断できます。

また、人材エージェントのキャリアコンサルタントに組織体制や雰囲気を聞くのも効率が良いでしょう。

外資系企業に採用されるための2つの戦略

アピールする方法
 

1. ポテンシャルでの採用を目指す

最初はメールや資料を読解できる程度の英語力でも、入社後の英語力向上意欲を見せることで、ポテンシャルを評価してもらえる場合があります。

これは若い世代の就職におけるポテンシャル採用を狙う方法になります。

 

2. 仕事のスキルでの採用を目指す

中途採用の場合、英語が話せても即戦力として使える人材でなければ採用されることはありません。

実務経験が豊富で、特定のスキルや、コミュニケーション能力を重視している人事担当者も多いようです。これまでの実績を語ることで、英語力のハンデを補うことは十分に可能です。

外資系企業で求められる英語力は?

外資系で求められる英語力

ここまで書いたように、外資系企業といっても、求められる英語力は企業によってさまざまです。

また、「英語が話せるかどうか」よりも、ビジネスシーンで理論的に話を相手に伝えられるかどうか、プレゼンテーション能力やスピーチ力も問われる場合もあります。

英語力は3つのレベルが目安となる

一般的に、外資系企業で求められる英語力の目安として、3つの分類ができます。

・TOEIC700点以上

英語を使ったメールや電話でのやり取りがメインとなる仕事なら、TOEIC700点以上は必要だと言われています。

さらに英語で行う会議や、打ち合わせ、英文レポートの提出が求められる役職に就く場合には、TOEIC800点は最低でも必要でしょう。

したがって、外資系を目指すのであればTOEIC800点を目標にしましょう。社内昇格の条件としてTOEICのスコアアップを提示している企業もあるので、継続的なTOEICの勉強が効果的です。

・ビジネスレベルの英会話力

実際のビジネスで支障なく英語が話せるレベルを指しているため、インターンや前職での実務経験を通して図ることができるレベルになります。

まずはメールや文書のやりとりを通して、英語を使った仕事経験を積んでから外資系を目指すのも手です。

・ネイティブレベルの英会話力

母国語と同じレベルで英語を話すことが求められます。長期的に英語圏で生活することで目指すことは可能ですが、時間がかかるため、仕事を通して英語力も経験値も挙げていくのが理想でしょう。

外資系転職の流れ・手順 〜7つのステップ〜

外資系企業への転職の流れ

「外資系の転職をするには、いつから準備を始める?何から始めればいい?」そんな疑問が湧いてくると思います。

そこでここからは、外資系転職を成功させるための道筋を見ていきましょう。

外資系転職に必要な期間

外資系企業への転職には3ヶ月〜半年の時間が必要です

外資系企業への転職には、3ヶ月〜半年間ほどかかることが一般的です。

現職を辞めてからの転職活動をする場合と、現職を続けながら転職活動をする場合の2種類があります。

勤務しながらの転職はスケジュールを合わせるための仕事との両立が難しかったり、時間を作りにくいことから長引いてしまいがちですが、退職後の転職は経済的な負担が大きくなるため、早い内定獲得が望まれます。

【ステップ1】外資系に強いエージェントに登録する

外資系企業に転職するためには外資系に強い人材エージェントを利用する

客観的かつ専門的な観点からあなたの強みを見つけてくれるエージェントは、非公開求人を含め、あなたに合った求人を紹介してくれます。

それだけでなく、採用に至るまでの選考や企業との交渉もサポートしてくれるため、とても心強い存在になってくれます。

転職が初めてであればなおさら、エージェントを上手く利用することが転職成功のカギとなるでしょう。後ほど紹介する「外資系転職に強い人材エージェント」に登録をして、面談を受ける日程を決めましょう。

外資系転職に強い人材エージェントから選ぶ

【ステップ2】履歴書・英文レジュメを作ってみる

外資系企業に転職するために英文レジュメを作る

次に自分の履歴書を用意しましょう。外資系転職では英語での履歴書、職務経歴書が求められる場合もあります。

英文レジュメを作ったことがない人は、まずは日本語での履歴書を完成させてから、英文レジュメの作成にチャレンジしてみてください。

もし分からない部分があれば、途中でも良いので次のステップであるカウンセリングで持参するようにしましょう。

【ステップ3】転職カウンセリングを受ける

外資系に強い人材エージェントでキャリアカウンセリングを受ける

用意したレジュメを持って、登録したエージェントのカウンセリングを受けに行きます。

どうして転職したいのか、どんな業界・ポジションで働きたいのか、不安に思っていること、その他質問などをあらかじめ準備して、すべて伝えましょう。

【ステップ4】キャリアコンサルタントからの求人紹介

外資系に強い人材エージェントがマッチするお勧め求人を紹介してくれる

カウンセリングでの情報をもとに、あなたに合った求人が見つかるとキャリアコンサルタントから連絡が入ります。

メールでのやり取りや、再度面談をしたりして、さらに詳しい経歴や希望条件を確認してキャリアプランを明確にしていきます。

応募したい求人と出会えたら、キャリアコンサルタントに応募の意志を伝えましょう。選考の日程を調整してくれます。

また、この時に担当のキャリアコンサルタントが求人企業先にあなたの強みをアピールしてくれるため、自分で直接応募する方法よりも有利に進む可能性があります。

【ステップ5】書類選考・面接

外資系企業に人材エージェントとブラッシュアップした書類を選考してもらう

キャリアコンサルタントと推敲した履歴書・英文レジュメを相手企業に提出して、結果を待ちます。書類選考に通過できると、面接となります。

日本で行うものもあれば、オンラインのskype面接などを行う企業もあります。英語を使った面接の可能性もありますが、その対策や準備方法もキャリアコンサルタントがサポートしてくれるので安心です。

【ステップ6】採用決定・条件交渉

キャリアコンサルタントが代わりに外資系企業に条件を交渉してくれる

晴れて内定が貰えたら、ここまで二人三脚で頑張ってきたキャリアコンサルタントと一緒に喜びに浸りましょう!ただ、ここで気を抜いてはいけません。

内定が出た後は、入社初年度の年収の交渉や、入社スケジュールの調整、転職の各種手続きまでしっかりエージェントを通して行います。

【ステップ7】入社

外資系企業に入社をしてキャリアアップをする

福利厚生など細かい部分も含め、入社日までに不安なことは全て解消しておきましょう。キャリアコンサルタントは最後まであなたをサポートしてくれます。

外資系企業に転職したい人にお勧めのエージェント

とても重要なことなのでもう一度言いますが、

外資系転職の成功には、外資系企業や英語を使った仕事に強い転職エージェントを利用するのが最も効率良いです。

数々の実績をもつ人材エージェントのキャリアコンサルタントに相談することで、今の自分の英語力からでも転職できる外資系企業を紹介してくれます。

ここからは、外資系企業や、英語を使った仕事への転職に強い人材エージェントを5つに厳選して紹介します。

【1】リクルートエージェント

リクルートエージェント

日系企業から海外へのキャリアアップを目指すならリクルート

リクルートエージェントは日本国内最大の人材エージェントであることから、海外で展開している日系企業とのコネクションが豊富です。一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

各業界・各業種での知識が深いアドバイザーによる求人紹介や、「面接力向上セミナー」にも定評があります。

アジアを中心に展開するグローバルブランド【RGF】海外拠点

インド、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、香港、中国、台湾、フィリピン、マレーシア(他の国の案件あり)

リクルートエージェントに登録する(無料)

もし現在の年収が600万円以上で、IT・コンサル・メーカーを志望している場合は、同じくリクルートが運営するハイクラス向け転職サービスのCAREERCARVER(キャリアカーバー)への登録がお勧めです!高収入、経営ボードが前提の非公開求人を豊富に扱っています。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)に登録する(無料)

【2】JACリクルートメント

JACリクルートメント

英語・外資系・海外の3つに強い、JAC

JACリクルートメントは、海外に関わる仕事でキャリアアップを目指す人にお勧め。昔から海外案件と外資系企業に強みをもった会社のため、外資系を目指したい人なら登録しておきたいエージェントです。

大手案件に強いイメージがありますが、ベンチャー企業の役員といった案件もあります。また、海外との強いコネクションがあることから、国内の外資系企業から海外就職への道も提供してくれるのも大きなメリットです。

海外拠点

イギリス、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、インド、中国、香港、韓国

JACに転職相談する(無料)

【3】ビズリーチ

ビズリーチ

管理職や専門職の経験があるなら登録しておきたいビズリーチ

BizReach(ビズリーチ)は主に「ハイクラス人材」と呼ばれる管理職や専門職の求人に特化している転職サービスです。海外ではRegionUP(リージョンアップ)というサービス名で展開しています。

エージェントではありませんが、ヘッドハンターからのオファーを受けることで、ヘッドハンターとの面談を受けられます。キャリアアップのチャンスを掴むため、とりあえずレジュメ登録だけでもやっておいて損はないでしょう。

海外案件

中国、韓国、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア

ビズリーチに登録する(無料)

【4】ネオキャリア(リーラコーエン)

ネオキャリア 新卒エージェントNeo

まだビジネス英語に不安がある20代向けのネオキャリア

ネオキャリア(リーラコーエン)は、東南アジアで急成長を遂げている企業、ネオキャリアが運営するエージェント。職歴や年収などのハードルが低めで、20代でも挑戦しやすい求人案件を数多く扱っています。

日系企業の海外拠点・現地法人の求人案件も多く、現地の企業での現地採用案件も幅広く扱っているので、自分の可能性を大きく伸ばしてくれるエージェントと言えるでしょう。

海外拠点

インドネシア、フィリピン、中国、シンガポール、ベトナム、インド、タイ、マレーシア、台湾、香港

ネオキャリアに登録する(無料)

【5】パソナ

パソナ

手厚いサポートで、初めての転職にお勧めなパソナ

パソナは北米やアジア圏の求人案件を数多く扱っているエージェントです。新卒から中途、派遣社員まで、幅広くサポートを展開していて、帰国後のキャリア支援にも定評があります。

転職や海外就職が初めてという方でも、手厚いフォローや親身なサポートがあるので安心して転職活動を始めることができます。

海外拠点

アメリカ、カナダ、中国、台湾、インド、タイ、マレーシア、インドネシア、香港、ベトナム、シンガポール、韓国、(フランス、ドイツの案件あり)

パソナに登録する(無料)

【6】パーソルキャリア

パーソルキャリア

初めての転職や、オセアニアで働きたい人にもお勧めのパーソル

パーソルキャリア(旧インテリジェンス)は、世界中で人材サービスを提供しているケリーサービス社とPERSOLKELLYというブランドで世界13カ国地域に展開をしています。

日本で相談をする場合は、DODA(デューダ)のエージェントサービスを利用して、海外求人の紹介受けることができます。

また、オーストラリアとニュージーランドでも転職サービスを提供している人材エージェントはPERSOLKELLYブランドだけ。

海外拠点

中国、韓国、台湾、香港、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、インド、オーストラリア、ニュージーランド

DODAに転職相談する(無料)

海外転職スカウトサービスもお勧め

ちなみに、職歴や希望条件を登録するだけで海外企業のスカウトが届く海外転職スカウトサービスも便利です。

簡単に海外就職に近づける方法ですが、カウンセリングは受けられません。先程紹介したエージェントと併せて利用するのがお勧めです。

海外転職スカウトサービスに登録する(無料)

面接の乗り越え方

外資系企業の面接

英語に不安を抱えている場合は、英語での面接は大きな関門に感じられるかもしれません。

ですが重要なのは、英語以外の部分でスキルや実力を示すことで、即戦力になれるとアピールすること。最後に、そのアピール方法について紹介します。

アピールポイント

1.「スピードや効率を重視して行動できる」とアピールする

外資系企業は、古くからの日系企業で見られるような年功序列の意識はありません。実力主義、成果主義なので、効率や生産性を上げることで、実績を挙げて昇進を目指すことが求められます。

残業をすることは「頑張っている」姿勢とは評価されません。結果やスピードを重視する外資系企業では、レスポンスの早さも重要です。

こういった評価の価値観に、自分が合っていることをアピールしましょう。

2.「端的に、自分の意見をしっかり発言できる」とアピールする

外資系企業では結論が見えない、遠回しな話し方は好まれません。結論から端的に伝えるかどうかが重要になります。

また、自分の考えをしっかり伝えることができないと、信頼を得ることができません。ディスカッションには積極的に参加して、自分の意見はしっかり伝えられるということを、説得力あるエピソードとともに伝えられるようにしましょう。

まとめ:まずは転職エージェントに相談

結論、英語が話せなくても外資系企業に転職できますが、可能性や、英語を使った仕事ができるかどうかを考えると、TOEIC700点を目安とした英語力は最低必要になってきます。

英語力ができなくても、仕事のスキルや実務経験をアピールすることで、面接を乗り越えることも可能です。

自分の今の英語力から、どうやって外資系企業への転職に近づく第一歩を踏み出せば良いか分からない人は、まずは人材エージェントに登録をしましょう。

転職のプロに相談をして、憧れの外資系への転職を実現してください!

紹介したエージェント一覧

JAC
BizReach
DODA
RobertWalters

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!