英語を使う&英語力を活かす仕事に就く方法【お勧め転職エージェントも紹介】

2841

View

スポンサーリンク

日本でも英語を使って仕事をしたい!そんな人のために、英語力を活かす仕事に転職する方法を紹介します。

スポンサーリンク

英語を使う仕事に転職したい人へ

留学・ワーホリの経験があったり、英語が好きでずっと勉強を頑張っていた人の中には、仕事でも英語を使いたい、英語力を活かせる仕事に就きたいと考える人も多いと思います。

少し前までは、翻訳や通訳といったかなり狭い範囲でしか英語を活かせる職業はありませんでしたが、最近では日本企業のグローバル化も進み、採用の時点でTOEICを求める会社も増えるようになっています。

そこで今回は、英語を使う仕事や、英語力を活かせる仕事にどうやって転職できるのか、その方法を紹介します。

英語を使う仕事・職業一覧

営業職

国内の場合でも、海外の商品やサービスを日本の顧客企業へ売り込む場合や、外資系企業を顧客として行う営業である場合に英語を使う場面が生まれます。

海外で行う営業職は、日本の企業が海外進出する際に活躍できます。日本の商品・サービスを海外に売り込む仕事は、やり甲斐も大きいと言われます。

旅行・観光・航空関連

海外旅行プランの企画を通して英語を使った交渉や連絡業務をしたり、法人営業をして社員旅行や研修旅行を販売したりする仕事、またホテルや観光に関する仕事など、多くの職種が今後も増えることが予想されます。

マーケティング・市場調査

海外の市場の顧客ニーズの把握のため、英語で書かれた統計データを読み込んで報告にまとめたり、また逆に海外企業が日本市場に進出する際に現地の事業者とコミュニケーションを取って調査をしたりする仕事です。

バイヤー

海外に渡り、現地企業からビジネスに必要なサービス・物品を買い付ける仕事。取引先との価格交渉や、契約を結ぶための業務、買い付けた設備や資材の管理も行う場合があります。

貿易事務・商社

世界各国の輸出入に携わる貿易会社や商社では、受注データ入力・管理、取引先との連絡や価格管理、翻訳業務などありとあらゆる業務において英語を使うことが求められます。

その他

  • 翻訳・通訳
  • 人事
  • 秘書
  • 英文事務
  • IT関連職種

必要とされる英語力は?

英語を使った仕事に必要とされる目安の英語力を紹介します。

翻訳・通訳

TOEIC 900点〜

秘書

TOEIC 800点〜

バイヤー

TOEIC 750点〜

外資系金融

TOEIC 750点〜

貿易事務・商社

TOEIC 700点〜

英文事務

TOEIC 700点〜

マーケティング・市場調査

TOEIC 600点〜

IT関連

TOEIC 550点〜

旅行・観光・航空

TOEIC 500点〜

未経験でも英語を使う仕事に転職するには?

留学などの海外生活の経験はあっても、ビジネスの経験がない場合、本当に英語を使った仕事ができるか心配に感じる人もいるかもしれません。

そんな方にお勧めなのが、海外に拠点をもっている転職エージェントに相談をすることです。

海外に拠点がありということは、それだけ海外に繋がる仕事の案件を多く扱っており、知見も豊富なキャリアアドバイザーがいるということ。

キャリアアドバイザーと面談ができれば、貴方のスキルや経験、希望を聞き出し、ぴったりのキャリアプランを提案してくれます。

海外に拠点のある転職エージェント7社

海外に拠点があるエージェント

海外に拠点がある、もしくは海外案件を持っている転職エージェント7社を紹介します。

【1】ロバート・ウォルターズ

ロバートウォルターズ

英語力に自信がある人にお勧め

ロバート・ウォルターズは、英語力に自信がある人なら必ず相談しておくべきエージェントです。

外資系・日系グローバル企業で英語力を活かした転職を専門に扱っているエージェントです。世界主要都市28カ国でオフィスを持つ外資系の人材エージェントですが、日本でのビジネスの歴史も長く、強い信頼を得ている会社でもあります。

実績があり、外資系・日系グローバル企業との強いコネクションを持つことから、英語を使える高収入の求人を多く扱っています。

海外に関わるビジネス経験や、さらに高度な英語を使った仕事経験が得られる道を探す上でお勧めのエージェントです。

ロバート・ウォルターズに登録する(無料)

【2】ネオキャリア(リーラコーエン)

ネオキャリア 新卒エージェントNeo

まだ英語力に自信がない20代向け

ネオキャリア(リーラコーエン)は、インドネシアを中心に東南アジアで急成長している企業「ネオキャリア」が運営するエージェントです。他の転職エージェントと比べると、職歴や年収などのハードルが低い求人案件も多く、20代でも転職活動を始めやすいエージェントです。

日系企業の海外拠点・現地法人はもちろん、現地の企業での現地採用案件も幅広く扱っているので、自分に合った仕事の可能性を広げることができるカウンセリングはとてもお勧めです。

海外拠点

インドネシア、フィリピン、中国、シンガポール、ベトナム、インド、タイ、マレーシア、台湾、香港

ネオキャリアに登録する(無料)

【3】パソナ

パソナ

手厚いサポートで、初めての転職にお勧め

パソナはアジア圏・北米の求人案件を多く扱っているエージェントです。新卒から中途、派遣社員といった幅広い案件を持っている上、帰国後のキャリア支援にも定評があります。

手厚いフォローや親身なサポートの評判も高く、初めての転職や、初めての海外就職でも安心して利用できます。

海外拠点

アメリカ、カナダ、中国、台湾、インド、タイ、マレーシア、インドネシア、香港、ベトナム、シンガポール、韓国、(フランス、ドイツの案件あり)

パソナに登録する(無料)

【4】リクルートエージェント

リクルートエージェント

日系企業から海外へのキャリアアップを目指すなら

リクルートエージェントは日本国内最大の人材エージェントとしてのコネクションを活かし、海外で展開している日系企業とのコネクションが豊富です。一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。

各業界・各業種に精通したアドバイザーが、英語力を活かせる自分に合った仕事を紹介してくれます。

アジアを中心に展開するグローバルブランド【RGF】海外拠点

インド、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、香港、中国、台湾、フィリピン、マレーシア(他の国の案件あり)

リクルートエージェントに登録する(無料)

もし現在の年収が600万円以上で、IT・コンサル・メーカーを志望している場合は、同じくリクルートが運営するハイクラス向け転職サービスのCAREERCARVER(キャリアカーバー)への登録がお勧めです!高収入、経営ボードが前提の非公開求人を豊富に扱っています。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)に登録する(無料)

【5】パーソルキャリア

パーソルキャリア

初めての転職や、オセアニアで働きたい人にもお勧め

パーソルキャリア(旧インテリジェンス)は、世界中で人材サービスを提供しているケリーサービス社とPERSOLKELLYというブランドで世界13カ国地域に展開をしています。

日本からは、パーソルキャリアが運営するDODA(デューダ)のエージェントサービスを利用することで、海外拠点が扱っている海外求人の紹介をお願いできます。

模擬面接や面接終了後のフィードバックも丁寧で、効果的に自分を採用担当者にアピールするノウハウも豊富です。

オーストラリアとニュージーランドをサービス提供エリアとしている人材エージェントはPERSOLKELLYブランドだけ。

海外拠点

中国、韓国、台湾、香港、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、インド、オーストラリア、ニュージーランド

DODAに転職相談する(無料)

【6】JACリクルートメント

JACリクルートメント

英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職という3つの選択肢が充実

JACリクルートメントは、海外でキャリアアップをしたい場合に、評価の高いエージェントです。もともと外資系や海外案件に強みをもった人材会社であるため、英語を使えるチャンスの多い求人も多く取り扱っています。

大手案件に強いイメージがありますが、海外法人の立ち上げやベンチャー企業の役員といった案件も。日本国内で外資系に転職後、海外就職も目指すといった広い選択肢も提供してくれるのが大きなメリットです。

海外拠点

イギリス、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、インド、中国、香港、韓国

JACに転職相談する(無料)

【7】ビズリーチ

ビズリーチ

経歴・スキルに自信があるなら登録しておきたい

BizReach(ビズリーチ)は主に「ハイクラス人材」と呼ばれる管理職・専門職の求人を扱う転職サービスです。海外ではRegionUP(リージョンアップ)というサービス名で展開しています。

エージェントではありませんが、ヘッドハンターからのスカウトを受けて面談を受けられるサービスになります。英語を使ったキャリアアップのチャンスを掴むために、レジュメを登録しておいて損はないでしょう。

海外案件

中国、韓国、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア

ビズリーチに登録する(無料)

海外転職スカウトサービスもお勧め

ちなみに、職歴や希望条件を登録するだけで海外企業のスカウトが届く海外転職スカウトサービスも便利です。

簡単に海外就職に近づける方法ですが、カウンセリングは受けられません。先程紹介したエージェントと併せて利用するのがお勧めです。

またオファーを受け取るためには、プロフィールでの職歴・学歴など自分の見せ方が重要になります。これもやはりエージェントの力を借りて、自分の強みや転職の方向性を明確にしてから入力することが成功のコツです。

海外転職スカウトサービスに登録する(無料)

納得するまでカウンセリングを受ける

カウンセリングを受ける

今回紹介したエージェントは、登録もカウンセリングも、採用決定まで完全無料です!

せっかく今持っている英語力を仕事でも活かしたい、と思っているのであれば、今すぐプロのコンサルタントに相談することをお勧めします。

早めに転職をすることで、更に英語力アップも見込めます。スキル経験も積むこともできるので、高収入の仕事にキャリアアップも可能になってきます。

ぜひ、英語を使って働く楽しい生活を実現して下さい!

紹介したエージェント一覧

JAC
BizReach
DODA
RobertWalters

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!