意外と知られていない《お金をかけずに》ニューヨークを楽しむ裏技5選

5711

View

物価が高いニューヨーク。観光や遊びにお金がかかるイメージがありますが、実はやり方次第で節約して楽しめます。今回は、ニューヨーク在住の私がお金をかけずにニューヨークを楽しむ裏技を5つご紹介します。

スポンサーリンク

1.無料で自由の女神を近くで見る方法

自由の女神も!観光客には意外と知られていない無料フェリーは、24時間運行中!

ニューヨークで必ず見たい自由の女神。通常の観光では、バッテリーパークから女神像があるリバティー島に向かう有料フェリーに乗りますが、実は無料で見に行けるフェリーがあります。スタテン島に向かう無料往復フェリーです。

無料と言えどもかなり大型船で、片道25分の船旅が楽しめます。スタテン島に向かうのでリバティー島に上陸はしません。しかし自由の女神像にかなり近づく為、これで十分という人も多いです。

海に浮かぶ女神像とマンハッタンが一望できる感動の景色を、無料で楽しみませんか?

スタテン島のフェリー情報
Web: http://www.siferry.com/schedules.html
住所: 4 South Street New York, NY 10004
電話: +1 718-727-2508

2.無料でMoma(近代美術館)に入る方法

Moma(近代美術館)の入口

通常だと$25の入館料がかかるMoma(近代美術館)。Momaにも無料で入館する方法があります。毎週金曜日の午後4時〜8時は、ユニクロがスポンサーの「ユニクロ・フリー・フライデーナイト」で、入場料が無料になるのです。

アンディー・ウォーホルやキース・ヘリング等の近代美術家から、ピカソ、ダリ、モネ、ゴッホなど充実の見応えです。金曜日は是非Momaへ!

Momaの情報
Web: http://www.moma.org/m/pages/visit
住所: 11 West 53rd Street New York, NY 10019
電話: +1 212-708-9400

3.$1でメトロポリタン美術館

メトロポリタン美術館の入口

メトロポリタン美術館の入館料は任意価格です。推奨は$25ですが価格は個人で決めるため、大げさに言うと$1でも$100でも自由。私はいつも$1で入館しています。会員で無料の人も多く、スタッフもいくら払おうと嫌な顔はしないので大丈夫です。

お金のない学生時代は安く芸術に触れさせてもらい、稼げる様になってから美術館に貢献する、という気持ちなら恥ずかしくありませんよ。言うまでもなく、館内は一日では見きれないほど、古代から現代までの素晴らしい芸術品で溢れています!

メトロポリタン美術館の情報
Web: http://www.metmuseum.org
住所: 1000 5th Avenue (at 82nd Street) New York, NY 10028
電話: +1 212-535-7710

スポンサーリンク

4.ブロードウェイの前列(通常$200以上)を$25〜40にする方法

レ・ミゼラブルの看板

本場のブロードウェイ、やはり前列で観ると全然違います。あまり知られていませんが、大体公演2時間半前締め切りで劇場前で抽選会の受付が始まり、氏名、住所等を書いた紙を箱に入れます。

30分後皆の前で発表され、当選すると役者の表情が見える席が$25〜40で見れるんです!外れてもその場で並べば、通常よりも安く良い席のチケットが購入できます。私はこれらの方法で、ブロードウェイは舞台から大体3列目でいつも観ています。

ミュージカルによって詳細が異なるため、サイトで確認してくださいね。

詳細: http://m.playbill.com/celebritybuzz/article/broadway-rush-lottery-and-standing-room-only-policies-116003
スケジュール: http://www.nytix.com/Links/Broadway/lotteryschedule.html

5.セント・パトリック大聖堂のミサ

セント•パトリック大聖堂

ミサとは、カトリック教会での祭儀の事ですが、誰でも参加できます。基本的に毎日数時間おきに行われますが、オススメは日曜朝10時15分からのミサです。この時間のみ聖歌隊の歌声が楽しめ、司祭の方の説教や大聖堂の厳かな雰囲気に心が洗われます。

任意でチップの回収もありますので、清々しい気持ちになれたら$1入れてくださいね。

セント・パトリック大聖堂の情報
Web: http://saintpatrickscathedral.org
住所: 460 Madison Avenue New York, NY 10022
電話: +1 212-753-2261

まとめ

ニューヨークはお金がかかるイメージがありますが、やり方次第でいくらでも節約して楽しめますよ。他にもセントラルパークやニューヨーク公共図書館など、ニューヨークに欠かせない場所ももちろん無料です。しっかり息抜きをして、勉強に励んでくださいね!

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ハウツー
  • 無料
  • 観光
  • セント・パトリック大聖堂
  • Moma
  • ブロードウェイ
  • 自由の女神
  • メトロポリタン美術館

この記事を書いた人

うと ひさえ
うと ひさえ

アパレルに10年半勤めた後、渡米。ニューヨークのブルックリン在住。旅行、オーガニックコスメ、絵本が大好き。「やらへんかった後悔よりやってもーた後悔」をモットーに日々全力で生きる大阪人。

https://instagram.com/PIKO_JAPAN

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!