良い学区を探せ!アメリカで小学校を賢く選ぶ方法

7961

View

USDAgov

アメリカでの小学校選びは、学区がとても重要です。アメリカの教育学部に在籍していた頃の経験を踏まえ、より安全で質の高い小学校を選ぶコツをお教えします。

スポンサーリンク

アメリカでは学区で地価が決まると言っても過言ではありません。良い学校区は人気が出て、学区内で家を購入する人が増えます。家を購入する競争率が上がると、家の価値も上がります。

税収が学区の運営に回されるため、より多くの人とお金が集まる地域は運営予算も潤います。詳しくは Wikipediaのアメリカの学区制 でまとめられています。

スクールバス
wikipedia

学区の収入・運営費が少なければ少ないほど下記の不安要素が出てきます。

1.治安に影響する
2.教師の給料も安いので良い教師が集まりにくい
3.学校の設備や備品に回す予算が少ない

逆に収入・運営費が多ければ下記の通り環境が良くなります。

1.治安がよくなる
2.高待遇で良い教師が集まりやすい
3.学校の設備や備品にも予算を使える

どうやって良い学区を探すのか

下記の方法で学区や地域に関する情報を集めます。

1.ランキングサイトの活用
GreatSchoolsのウェブサイトなど、学区や学校のランキングを調べるサイトで確認してみましょう。

2.犯罪者の数
Family Watchdogのウェブサイトなど、住所を打ち込むと「犯罪者がどこに住んでいるか」が分かるサイトがあります。犯罪者が多ければ多いほど、治安や学区ランキングに影響します。

3.ローカルの意見
やはりどんなウェブサイトより勝るのが、ローカルの人の意見。お子さんの小学校と一緒に家やアパートも探している方は、ローカルのエージェントに聞いてみると良いでしょう。学区が良い物件は比較的値段が高いので、きっと喜んで相談に乗ってくれると思います。笑

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?
実際に通学するのはお子さんです。少しでも良い環境で学ばせてあげたいですよね。慣れない土地、知らない現地事情、語学力のハンデキャップ、異文化への対応など、私たち日本人がアメリカで小学校を探すのは決して簡単ではありません。ここで紹介した方法を参考に、安全で質の高いアメリカの小学校を探してみてください。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

ゆばーば。
ゆばーば。

勢いと授業料の魅力さだけで聞いた事もないド・田舎の州立大学に留学。箱入り娘のはずがいつの間にか結婚出産。アメリカで強くたくましく、ハッピーに生きぬく情報をシェアできればと思います。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)