サンフランシスコの生活費を大公開!アメリカで必要な留学費用

5191

View

留学するにあたって、その留学のコストは非常に気になるところです。今回は、私が留学しているアメリカ・サンフランシスコでの生活費を大公開します!

スポンサーリンク

留学ってお金がかかりそうなイメージですよね?

その通り、留学ってお金がかかります。ただ、それ以上に得られる経験は計り知れないものがあります。

留学費用は各個人の留学プランや、留学する国や地域によるところが大きいです。そのため様々なプランや地域を吟味することをお勧めします。

今回は、私が留学しているアメリカ・サンフランシスコのコミュニティカレッジでの月々の生活費をご紹介します。留学を検討している人は、一つの留学プランの参考情報にして頂けたら思います。

月々の出費内訳

では具体的に私が支払っている月々の生活費用について、一覧とともに実際の金額を公開します。

学費:$1,300程度
一般的なカリフォルニア州立のコミュニティカレッジの月々の学費です。学費はセメスターごとに一括払いが基本ですが、私のように月々に分割して支払うことも可能です。

家賃:$850
サンフランシスコ郊外のサンブルーノ市のStudio(日本でいう1K)アパートの家賃です。キッチン・バスルーム付きです。シェアではなく一人で暮らしています。

電気・ガス代:$20~40
カリフォルニアでは電気ガスはPG&Eという会社が管理しています。季節によって電気ガスの使い道が変わるので、おおよそ金額です。

ゴミ回収費:$0
アパートや一軒家に住む場合は、ゴミの回収費を払う場合が多いです。私の場合は家賃に含まれているので$0です。

水道:$0
これも私の場合は家賃に含まれています。

パーキング:$0
私の場合は家賃に含まれています。サンフランシスコ市内では月極パーキングは$200~400くらいです。

インターネット:$50
住んでいる場所やプランによって変わってきます。

携帯電話:$65
Verizonの二年契約Single Planを利用しています。通話・テキスト無制限、データ通信2GBまで使えます。尚、データ通信の超過料金は1GBごとに$15ですが、ほとんど2GBを超えることはありません。

自動車保険:$99
Access Insuranceのライアビリティ・無保険者保険プランを利用しています。

食費と交際費:$500程度
カリフォルニアは外食がかなり高いです。ランチ以外は基本自炊です。外食は週に1~2回行きます。

ガソリン代:$200程度
サンフランシスコ近郊ではレギュラーガソリンでおよそ$3.50/ガロン(3.6Lほど)です。

その他雑費:$100程度
衣料品や生活必需品の買い物です。

以上、合計すると月々$3,000以上の出費になります。車を分割払いで購入したので、これに加えて車代も月々別途支払っています。

スポンサーリンク

月々の収入源

現状では両親からのサポートの他に日本奨学金機構の奨学金、キャンパス内でのアルバイトの収入があります。

・ 奨学金:¥110,000程度
・ アルバイト:$400程度
・ 両親からの仕送り:その他差額

※アメリカではF-1ビザの学生はキャンパス内の就労のみ合法的に許可されています。

留学費用について

上記の通り、月々かなりの出費があることがお分かりいただけたと思います。

これでも正直毎月をギリギリで乗り切っている感じです。私の場合は、留学前の予想よりもはるかに高い金額になっています。

カリフォルニア、特にサンフランシスコは全米の中でも生活費が高い都市です。留学する際は、かかる費用の下調べを綿密に行い、用意できる金額に見合った国や地域の選択をお勧めします。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Yusuke
Yusuke

同志社大学を中退後、単身渡米。現在はカリフォルニア州サンフランシスコ近郊にあるコミュニティカレッジ、College of San Mateoに在学。専攻は建築。サンフランシスコ郊外で絶賛一人暮らし中、現在在米2年。

https://yusukeshinozaki.wordpress.com/