ニューヨークでの注意点!私が実際にあったトラブル in NEW YORK

1687

View

Business Insider

NEW YORK CITY在住している私が経験したトラブルを紹介させていただきます。NEW YORK CITYに訪れたことがある方は納得すること間違いなし。NEW YORK CITYに訪れる方は必見です。

スポンサーリンク

タクシーにはきをつけて!

ニューヨークのタクシー

NEW YORK CITYに訪れたことがある方は必ず交通量の多さに驚くはずです。赤信号や青信号なんてお構いなしで運転する方がたくさんいるため、事故やトラブルが多発しています。

その中でもタクシーを交通手段として使用する方がたくさんいるはずです。タクシーを予約した場合、お願いした時間よりもおおよそ20分は遅れて到着します。私の体験では1時間も待たされたことがあります。余裕を持って行動することをお勧めします。

「こいつ英語苦手だな」とタクシードライバーに感づかれた場合、通常よりも高い金額を請求されることがあります。タクシーを利用する場合は先に値段を確認することが大切です。

NEW YORK は10月~4月にかけて雪が降るので交通に乱れがでます。昔は恐怖の地下鉄と恐れられていたNEW YORK CITYの地下鉄も近年は安全性に焦点を置き改善されているので、タクシーを待つよりも地下鉄の方が早く目的地に到着できます。

飛行機にはきをつけて!

ニューヨークの標識

冬の時期、NEW YORK CITYを訪れるために飛行機を利用したことがある6割の方は、飛行機のキャンセルにおけるトラブルを経験しています。空港で「The fight is canceled.」とよくアナウンスが流れているのを耳にしたことがあります。

NEW YORK CITYは雪がたくさん降り積もり、最悪の場合は氷の世界と化けてしまいます。友人は3日間もキャンセル続きで飛行場で寝泊まりをしたそうです。冬の時期に飛行機のチケットを購入する方は飛行機会社が提供する保険に入ることをお勧めします。

スポンサーリンク

カード社会と言う言葉にきをつけて!

カード社会と言う言葉にきをつけて!
spiked

アメリカはカード社会!という言葉をよく耳にします。「紙幣をあまり持っていかなくてもいいよね?」と友人から聞かれることが多いのですが、そんなことはありません。

カード会社と言っても「cash only」と書かれていることが多いです。1ドルと5ドル、そして25セントは多めに持っていきましょう。また100ドル札を扱っていないお店がありますので20ドル以下のお札を多めに持っていくことをおすすめします。

最後に

みなさんが私の記事を読んで楽しい旅行ができたなら非常に嬉しいです。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

なーやん
なーやん

USAへこれから留学や観光を考えてみなさま!なーやんから助言を必ずチェックしてからUSAへ行こう!

http://shiorinaya.jimdo.com/