日本が恋しい?シアトルでホームシックになった時の解決策と予防策

1961

View

日本が欧米化しているとはいえ、アメリカという異国で生活をしているとホームシックになってしまうこともあります。今回は、シアトルでホームシックになった時、またはホームシックにならないための解決策をご紹介します。

スポンサーリンク

ホームシック対策

まずホームシックにならないために、アメリカにもある日本文化に触れましょう。アメリカに来たからには、アメリカの文化になるべく触れようとするのは良いことですが、産まれ育った日本文化に触れる機会がゼロになれば、やはりストレスがかかるものです。

日本食レストランに行く

日本食レストラン

アメリカ人も寿司が好き!焼き鳥が好き!日本食はアメリカ人に人気です。オーナーが日本人だと、日本人の口に合う日本食が食べられ、周りのお客さんからも日本語が聞こえてくるので、日本にいる気分を味わえます。

スポンサーリンク

日本食スーパーに行く

スーパーはアメリカでは「grocery store」といいます。シアトルエリアで有名な日本食スーパーは、UWAJIMAYAです。日本食を中心に韓国や中国の食材が手に入ります。納豆3パック入りが2ドル前後など少し割高ですが、日本食を調理したい時のために知っておくと良いでしょう。

日系コミュニティのイベントに参加する

シアトルエリアは日本人が多く住んでいます。神社もいくつかあり、初詣やお花見、盆踊りのイベントもあります。着物や浴衣を着ていくと楽しめます。日本人コミュニティサイト「ジャングルシティ」というウェブサイトでイベント情報はチェックできます。

最後に

もちろんアメリカで生活する身であれば、アメリカの文化に慣れる必要はあります。しかし、母国を変わることはできません。日本文化に触れる場所であっても、日本好きのアメリカ人、白いご飯や味噌汁に醤油をジャーとかけるアメリカ人がいたりして面白い光景が見れることもあります。何より大事なことはアメリカ生活を楽しむことだと思います☆

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

マルコ
マルコ

英語が全然できない状態でアメリカ生活が始まり今でも四苦八苦しています。勝手の違うアメリカで得た情報を共有できたらいいなと思っています。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!