アメリカ留学の費用は?留学前に知っておきたいアメリカ留学費用の相場

639

View

留学計画を決める上で一番重要となるのが留学費用ですよね。アメリカ留学にかかる費用を計算する前に相場を知っておくことは重要です。今回の記事では、アメリカ留学にかかる平均的な費用をまとめてみましたので、渡航前にぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

アメリカの留学費用を調べる上で、「どんな学校があるのか」「留学先の都市はどこがおすすめなのか」など考えることは多いと思います。アメリカ留学についてより詳しく調べたいという方は、こちらの『アメリカ留学』の記事をチェックしてみて下さい。

大学

アメリカの大学のキャンパスの写真です

アメリカの大学の学費は世界的に見ても高額と言われており、アイビーリーグなどの難関名門私立大学となると年間500万円以上かかるようです。一方、州立大学やコミュニティカレッジでは留学生でも費用を抑えて留学することができます。

1年間の学費文系理系芸術・音楽系
州立大学100〜250万円150〜350万円150〜400万円
私立大学200〜400万円250〜450万円300〜450万円
コミュニティカレッジ35〜120万円50〜150万円80〜200万円

学費の安い大学

4年制大学では学費が高いため、学費を抑えるためにコミュニティカレッジという2年生の大学に通ってから4年制大学に編入するケースはとても多いです。また、私立大学ではなく州立大学に通うことで留学費を抑えることもできます。

関連リンク

サンフランシスコのコミカレに通っているTHE RYUGAKUライターのYusukeさんの記事サンフランシスコの生活費を大公開!アメリカで必要な留学費用にて実際にかかる費用を紹介しています。

大学院

キャンパスでくつろぐ学生の写真です

アメリカの大学院の数は日本の6倍と言われているほど、大学院が多くあります。日本と同様、芸術系や音楽系の大学院は学費が高くなる傾向があります。

1年間の学費文系理系芸術・音楽系
州立60〜140万円80〜200万円100〜250万円
私立130〜200万円170〜300万円200〜400万円

費用が安い大学院生活を送るには?

アメリカの大学院生は学内でティーチングアシスタントやリサーチアシスタントの仕事をして給料をもらえることができるので、留学費用としてまかなうことができます。

また研究者として博士課程に進学することで学費の免除、さらに生活費が支給される制度もあります。詳しい内容はアメリカの博士課程は学費免除で生活費支給?博士課程の出願に必要なことで紹介しております。

高校

アメリカの高校の写真です

アメリカでは高校までが義務教育であるため、私立高校やボーディングスクールはエリート養成機関であるという認識が日本よりも強くあります。そのため、レベルが高くなる分、学費もそれ相応に高くなります。

高校の種類半年間の学費1年間の学費
公立高校50〜150万円100~300万円
私立高校100〜200万円200〜400万円
ボーディングスクール150〜300万円300〜600万円

中学校

中学生の男の子の写真です

高校と同様、アメリカの私立中学校やボーディングスクールはエリートを育てるための教育機関という認識が強く、学費も日本より高い学校が多いのが特長です。その分、アメリカのエリート家系の生徒と共に学校生活を送ることができるので、留学する意味は十分にあると言えるでしょう。

中学校の種類半年間の学費1年間の学費
公立中学30〜50万円60~100万円
私立中学70〜100万円150〜200万円
ボーディングスクール100〜250万円200〜500万円

語学学校

英会話をしている男性の写真です

語学学校では1ヶ月など短期で語学留学をすることができるので、忙しい社会人の方や長期休暇中の学生などにとても人気があります。また、他の教育機関と比べて費用を抑えて留学できるのも魅力です。

費用(USD)1ヶ月3ヶ月半年1年
語学学校17〜25円50〜75万円100〜150万円200〜300万円

授業料の安い語学学校を探すには?

アメリカには留学生向けの語学学校の数が多いため、授業料の安さを売りにしている語学学校が多くあります。また、生徒を呼び込むためにキャンペーンやプロモーションも頻繁に行っており、タイミングが合えば格安の授業料で語学学校に行くこともできます。アメリカの語学学校は弊社の運営する格安語学学校の留学予約サイト『Langpedia』でも検索できるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

ホームステイなどの住居費

部屋の写真です

アメリカのホームステイにかかる費用は3食付きで1ヶ月あたり10〜15万円が相場です。学生寮やシェアハウスなどのアパートに住めば家賃自体は安くすることができます。都市圏に行けば行くほどこれらの家賃は高くなる傾向があります。

滞在先家賃(1ヶ月)
ホームステイ10〜15万円
学生寮5〜6万円
アパート4〜6万円

生活費

女の子の写真です

交際費や食費を含めると、1ヶ月あたりの生活費は3〜7万円ほどが相場です。生活費用は、ニューヨークやロサンゼルスなど都市圏に行くほど高くなる傾向があります。ロサンゼルス留学で生活費っていくら?私の実際の生活費の内訳でもご紹介しておりますが、食費だけでも月に2〜5万円は使ってしまうこともあるので、節約したい方は自炊を心がけるようにしましょう。

生活費の節約方法

どうやって留学中の生活費を節約した?ーーTHE RYUGAKUライター24名に聞いてみたにて留学生の皆様が実際に行った節約方法をご紹介しております。

保険代

医者の写真です

留学するにあたって海外旅行保険に加入する必要があります。保険料は1ヶ月あたり15000円〜20000円ほどが相場です。下記は海外旅行保険会社の例です。

航空券代

飛行機の写真です

アメリカ行きのフライト代の相場は往復10〜30万円ほどで、早期購入すると安くなることがあります。最近では格安航空会社(LCC)も増えてきており、プロモーションやキャンペーンなどを利用するとさらに安く渡航することができます。

航空券を安く抑える方法

THE RYUGAKUでは以下の記事で航空券を安く抑える方法をご紹介しております。

まとめ

アメリカ留学の費用は高いと思われがちですが、工夫次第で留学費用を抑えて留学することができます。現地での情報をよくチェックし、最高の留学生活を送ってくださいね。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3548 view
  • カナダ滞在者必見!タダで映画が見られてお得な「SCENEカード」

    日本人のように(?)ポイントカードが大好きなことで有名なカナダ人。ここでは、そんなカナダで生活するならぜひチェックしておきたい、お得な「SCENEカード」についてご紹介します。

    eplm 3135 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 2974 view
  • 世界18ヵ国の美人基準はこれだ!これからは恋人探しもグローバルに?

    私が生活しているセブでは美人の基準が日本とは異なります。フィリピンに限らず、お国が変われば美人の基準も異なるようです。日本ではコンプレックスだった部分が、違う国ではキュートだと歓迎されることもあります。そこで今回は、「美人」に関した面白い研究結果を交えてお話ししたいと思います。

    ケン 59327 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/