アメリカの高校へ留学するには?ーアメリカ高校留学

552

View

高校生の留学先として人気を誇るのが、教育水準が世界一と言われているアメリカです。アメリカの高校やボーディングスクールには、将来エリートビジネスマンや官僚になる生徒が多く留学しています。今回の記事では、そんなアメリカ高校留学に関する情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

滞在する都市の治安情報や留学費用の相場を知っておく必要があります。アメリカ留学についてさらに詳しく調べたいという方は、こちらの記事『アメリカ留学』を読んでみて下さい。

公立高校

キャンパス内にいる女性の写真です

アメリカでは高校までが義務教育となっています。ですので、公立校へ留学すると言う場合は、半年間や1年間の交換留学をするケースが一般的です。留学先は自分の学校やエージェントの提携先で決めることが多いです。

私立高校

女性の写真です

アメリカでは、「有名私立校=難関大学への準備をする場所」という位置になっています。有名私立高校では入学時からアイヴィーリーグ(アメリカの有名私立大学群)を目指す生徒も多く、勉強に集中できる環境になっています。

ボーディングスクール

授業を受ける男の子の写真です
flickr

ボーディングスクールとは、全寮制の伝統的な私立高校のことを言います。世界中から優秀な生徒が集まり、有名大学への進学準備校として位置付けられています。クラスは少人数制で、生徒の個性を生かしたユニークな授業が行われています。ボーディングスクールを卒業した日本人留学生の多くが、アメリカ国内の難関大学に進学しています。

野球留学

野球をしている少年の写真です

アメリカの高校留学の目的は勉強だけではありません。アメリカのスポーツ環境は世界一と言われ、中でもメジャーリーグのある野球には最も力を入れています。最近では、日本の高校野球のレベルでは物足りないという生徒がアメリカの体育系の高校に留学してプレーするケースも増えてきました。また、コーチングやトレーナー養成の技術もアメリカは世界一と言われており、選手だけでなくトレーナーやコーチを志す高校生も多く留学しています。

成績について

勉強をしている生徒の写真です

留学前の成績

高校留学をする際にはTOEFLなどの試験結果やエッセイ、面接などで入学判定がされるので、中学生の時の成績はあまり評価の対象にはなりません。しかしながら、あまりにも成績がひどい場合は入学を受け入れてくれない学校もあるので注意しておきましょう。

留学中の成績

GPAとは

GPA(Grade Point Average)とは、生徒の成績を評価する時の指標になるものです。多くの欧米の教育機関でGPA制度が普及されており、アメリカの高校からアメリカの大学へ入学する際にもGPAのスコアが評価対象になります。

⇒関連記事

試験について

生徒の写真です

TOEFL

TOEFL(トーフル)は、非英語圏の方を対象にした英語能力測定テストです。英語圏の大学や高校に留学を希望する生徒の英語力を測る際に使用され、アメリカ高校留学の希望者にとって重要なテストとなっています。テストはiBTとペーパーテスト(TOEFL PBT)に分けられ、iBTではリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4部構成から成るテスト、PGTではリスニング、文法、リーディングの3部構成から成るテストとなっています。

⇒関連記事

SSAT

SSAT(Secondary School Admission Test)とは、アメリカの高校入試の際に行われる学力テストのことを言います。 アメリカのボーディングスクールや私立高校では、SSATの受験を義務つけている学校が多いので、高校に正規留学を検討している方は対策が必要です。

スポンサーリンク

費用

会計をしている女性の写真です

学費

高校留学にかかる学費は以下の通りです。難関な高校ほど学費が高くなる傾向があります。

高校の種類学費(1年)
公立高校100~300万円
私立高校200〜400万円
ボーディングスクール300〜600万円

生活費

アメリカ高校留学にかかる1ヶ月あたりの生活費(交際費や食費を含む)は、約3〜7万円ほどです。都市圏に行けば行くほど生活費が高くなる傾向があります。

保険代

留学をする際は海外旅行保険に加入することを強くおすすめします。保険料は1ヶ月約15000円〜20000円ほどが相場です。以下、海外旅行保険会社の例です。

航空券代

渡米にかかる航空券代の相場は往復10〜30万円(+燃料サーチャージ代)ほどです。最近では格安航空会社(LCC)も増えてきたので、キャンペーンなどを利用するとさらに安く渡航できます。航空券代は早期購入すればするほど安くなるので、渡航日を決めたらすぐにチケットを手配するようにしましょう。

住居費

滞在先別の住居費をまとめると、以下の図のようになります。生活費と同様、住居費は都市圏に行けば行くほど高くなる傾向があります。

滞在先家賃(1ヶ月)
ホームステイ1200〜1500USD
学生寮500〜600USD
アパート400〜600USD

奨学金

お金の写真です

UWC奨学生

UWC奨学生とは、国際的な民間教育機関であるユナイテッド・ワールド・カレッジ日本協会が給付している奨学金制度で、留学生の留学費用の25〜100%を負担してくれるというものです。採用人数は毎年24名、返済義務はありません。

トビタテ!留学JAPAN 高校生人材コース

官民共同のオールジャパン留学支援プログラムであるトビタテ!留学JAPANの高校生人材コースでは、アメリカ高校留学へ行く生徒にも奨学金を給付しています。採択された生徒には60,000〜360,000円の奨学金が返済義務なしで給付されます。詳しくは以下の『トビタテ!留学JAPANガイド<6期・7期向け>』の記事をチェックしてみましょう。

関連記事

ビザ

アメリカのビザの種類とは?

アメリカの高校留学をする際に必要な学生ビザは、一般的に「F-1ビザ」となります。F-1ビザの申請方法などはYouTubeなどで簡単な説明を見ることができるので以下の動画をチェックしてみるといいでしょう。

ビザ申請料金とSEVIS費用支払い・面接予約の方法

YouTube

アメリカ非移民ビザ面接の手順

YouTube

オンラインビザ申請書DS-160の作成方法

YouTube

体験談

座談会をしている写真です

実際にアメリカ高校留学をした方の体験談の一部をご紹介していきます。体験談の全文や、他の体験談などは弊社の運営する留学コミュニティサイト『アブログ』で閲覧可能です。体験談を参考にしながら、あなたの留学をイメージしてみてください。
留学コミュニティサイト『アブログ』・アメリカ留学・高校の口コミ

元々が少人数の学校で、留学生であった僕の面倒もよく見てくれて、とても決め細やかな対応をしてくれました。国語(英語)の課題なども、特別指導なども組んでくれるような、留学生に優しい対応でした。取れる授業も幅広く、留学生への理解がある高校だなあという印象です。

インターナショナル・スクール・オブ・ビーバートン(アメリカ)

私は15歳の時にこの高校に一年留学しました。アジア人が多い高校で、アカデミックな評判がよかったことを覚えています。留学生への対応も柔軟で、カウンセラーが親身になってクラス選びを助けてくれました。授業はなかなかチャレンジングでHistoryやEnglishは苦労しました。かなり鍛えられましたが、初めて留学するには少し早いのかな、という感じです。しっかり英語力をつけてから行くことをオススメします。

アドルフォ・キャマリロ高校(アメリカ・キャマリロ)

私が在学していた頃は日本人留学生は私1人だけでした。まだまだ英語が不安だった時期に周りに頼れる日本人がいなかったので、すごく鍛えられて、結果すごく満足しています。ボーディングスクールにしては、留学生は多かったと思います。家から通っているday studentと寮で生活するboarding studentの2パターンあるのですが、boardingの2、3割は留学生だった気がします。ダイバーシティが流行っている今では割合はもっと増えていると思いますが。アジア人が圧倒的に多かったですが、ハワイやオーストラリア、ヨーロッパから来ている生徒もいました。大学と違ってすごく小さいので、留学生だろうがなかろうが同じ学年の人とは絶対と言っていいほど友達になります。

ウェッブ・スクール(アメリカ・クレアモント)

ブログ

アメリカ高校留学のブログ

留学生が運営しているブログからでは、普段では聞けない留学生の生の意見を見ることができます。現地の生活情報や英語勉強法なども知ることができるので、興味のある方は留学前にチェックしてみてください。

『高校一年生 アメリカオレゴン州高校留学日記』

2013年夏から2014年夏までの1年間、オレゴン州にある高校に留学をしていた高校生のブログ。更新数が多く、一つ一つの記事が丁寧に書かれており、高校留学生活の実際の様子を感じることができます。

まずNYって大都会なのに自然がすごいな~って思いました...りすとか普通にいるし、公園もたくさんあります...セントラルパークなんて5番街の近くでもう大都会にドーンってあるし。なんか東京の都会とNYの都会って違うな~って思いました。あとゴミも少なかったです...

NYに行って思ったこと

『どっかの高校生の留学ブログ』

アメリカのミシガン州にある高校に交換留学している高校生のブログです。高校生ならではの視点でアメリカ高校留学のメリットやデメリットを書いています。

さて、今回の話題はアメリカの公立高校です。留学生活の中で大きな意味をもつ現地での学校生活、そんな学校生活を少しでもご紹介できればなと思っています。まず、アメリカの公立高校は基本的に四年間です。多くの留学生はseniorかjuniorに所属します。アメリカの学校は一年生をfreshman,二年生をsoftmore,三年生をjunior,四年生をseniorと呼んでいます。

アメリカの公立高校

まとめ

一口にアメリカの高校留学と言っても、その種類は豊富にあります。高校生のうちから渡米するのはなかなか勇気がいる行動ですが、しっかり準備をして留学までのプロセスを決めましょう。ぜひ自分の理想に会った留学先を見つけてくださいね。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/