英語のやる気スイッチはどこ?英語学習のモチベーションを高めるきっかけ作り

3121

View

英会話教室、英語教材…などなど、日本国内で英語教育はもはや普通となっていますね。しかし、日本人は喋れない、というイメージはついたまま。ではどうすればいいのか?それには、やる気のきっかけが必要なんです。

スポンサーリンク

英語学習にやる気を出すきっかけ

日本で普通に生活していると、学校の授業くらいでしか英語に触れる機会はありません。街に外国人観光客や留学生が増えたとは言っても、彼らと話す機会があるのはごく一部。特に英語学習を始めたばかりの子供なら、話すことはないと思います。

このように、日本での生活では実用性がないと思われてしまう英語の学習にやる気を出すには、何かきっかけが必要です。どんなことがきっかけになるのでしょうか?

英語が通じない悔しさ

ディズニーの写真です

小学3年生の時にアメリカ、フロリダ州にあるディズニーワールドに家族旅行をしました。5歳から英会話教室に通っていた私は当時4年ほど英語を勉強していたことになります。親に通わされてなんとなく勉強していた英語だけれど、やはりやっていない他の友達よりできるという自負はあったのでしょう。

しかし実際アメリカに行ってみると、まあ喋るスピードが早い早い。ディズニーのアトラクションの説明なんかも、ネイティブの声なわけです。当然ながらついていけるわけもなく、何もわからないことにショックを受けました。

また、私のいとこはその当時アメリカに住んで2年目でした。自分より年下のいとこが現地の人と話しているのを見てすごくすごく悔しくなったんです。母いわく、私の英語学習はそこから力が入り始めたと言います。その後、国際系の高校、大学と進んだのですが、その原点はアメリカでの経験だったのかもしれません。

スポンサーリンク

きっかけは人それぞれ

多様性

私の例は子供のころの話ですが、英語学習は子供だけのものではありません。いつからでも始められます。「好きな人がアメリカ人で、英語で話したいと思った」「留学生と話してみたら通じなくて悔しかった」「旅行に行ったら自分の英語は使えなかった」「バイト先に外国人が来る」「仕事で英語を使うことになった」など、やる気のきっかけは人それぞれです。

まずはきっかけを掴みに行くことが大切です。国内外問わず、英語を使える場は意外とたくさんあります。ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

コミュニケーションのツールである英語。やる気のきっかけになる「悔しい」はきっと、通じない、わからない、から来ることが多いです。日本の中でも外国の方と触れ合う機会が得られるのが、今の時代のいいところ。子供に英語を学ばせ始めたら、たくさん機会を与えてあげましょう。また、そういうところに行くと、他の子供が英語を話しているところを見て刺激を受けることもあります。

勉強へのやる気を出すなら、きっかけが大切です。刺激を与えるきっかけを作ってあげてみてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3584 view
  • これってイギリスあるある?イギリス生活でちょっとビックリしたこと5選

    外国に住む限り、どこの国へ行ってもちょっとビックリするようなことがあります。ここでは、私がイギリスに引っ越してきて、ちょっとびっくりしたことを5つご紹介します。

    eplm 4598 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3012 view
  • 今年アメリカで最も売れた本は?バーンズ&ノーブルのベストセラー10位

    紙の本が売れないといわれて久しいですが、アメリカでは年間約30万冊の本が発行されています。新刊の発行点数は、人口1万人に対して9.6冊。日本では1万人に6.1冊なので、人口当たりの新刊発行点数はアメリカの方が多いのです(※註1)。そんなこの国で、今年最も売れた本はなんだったのでしょうか。書店最王手のバーンズ&ノーブルのベストセラーランキング(※註2)をご紹介します。

    美紗子 5936 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

りほ
りほ

東京の大学生。ベトナムで教育支援を行うボランティア団体に所属。趣味は読書と食べること。フィンランドに留学予定。