セブの家賃っていくら?セブの物件と家賃相場を紹介

6599

View

Steve Isaacs

南国セブにちょっとだけ住んでみたい。語学留学後にセブが気が入り、そのまま住みつく人もいます。日本よりも物価が安いと言われているセブですが、気になる家賃はいかほどなのでしょうか?3つのタイプの物件を例にあげて、セブの家賃相場をお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

セブでは語学学校の短期留学後に、学生寮を出て自分でアパートを探し、気に入った先生を個人的に家庭教師として雇っている人もいます。これはセブの物価が安いからできることです。セブの語学学校の教師の月給9,000ペソ〜、優秀な先生で17,000ペソほど。平均12,000ペソとすると、日本円で約3,2000円の月給です。ひと月に4万円も払えば、プライベート・チューターとして喜んできてくれます。

気に入った先生を家庭教師にする以外にも、先生にコールセンターで働いている知り合いを紹介してもらうケースもあります。コールセンターでの仕事はストレスが多いようで、語学学校の先生に転職希望の人も結構いるのです。そんな人たちにとっては、まさに渡りに船の誘いです。

しかし、家庭教師費に月額4万円かかるとしても、家賃が高いと生活できません。さて、セブの家賃はどれぐらいなのでしょうか?

※セブで延長できる滞在期間(ビザ)ですが、イミグレーションに延長届けを申請すれば最長で2年ほど滞在できます。ただし、2ヶ月おきに延長の申請が必要となります。

※コールセンターで働いているローカルの英語力は、「セブ留学ってどうなの?フィリピン英語は訛ってないの?」の記事にも記述しておりますが、非常に高いです。

マクタン島のタウンハウス

最初に紹介するのはフィリピンではタウンハウスと呼ばれている2階建てのアパートメント。一人暮らしには広すぎる物件ですが、家庭教師を住み込みにした場合は、給料をもっと下げられるという利点もあります。

場所はマクタン島。2階にベッドルームが3部屋あり、エアコンとリビングには家具も最初からついています。1階が広々リビングの3LDKです。2階に家具はついていません。さて、ここの家賃はいくら?

マクタン島のタウンハウス

正解は8,000ペソ(約21,000円)です。ガスレンジ、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの家電品の購入やWi-Fiの設置などで初期費用がかかる点が難点です。

セブ市内の高層コンドミニアム

「私は家庭教師と住み込みなんて嫌です。1ルームでいいからセキュリティがしっかりしている方がいい。家電品と家具が最初からすべて揃っているコンドミニアムがいい!」という方は、こちらはいかがでしょうか?

セブ市内の高級エリア「ITパーク」にある高層コンドミニアムです。22㎡の1ルームで15階のお部屋です。入口のセキュリティもしっかりしています。至る所にCCTVカメラも設置。セブ名物の停電が襲ってきても巨大ジェネレーターがあるので安心です。さて、家賃はいくら?

セブ市内の高層コンドミニアムのベットルーム
セブ市内の高層コンドミニアムのキッチン

(↑キッチンも冷蔵庫から最初からすべて揃っています)

正解は18,000ペソ(約48,000円)です。ガードマンが駐在し、冷蔵庫、オーブン、家具、TVなどすべての生活必需品も最初から揃っています。Wi-Fiも完備。お値段は高めですが、手ぶらで入居できる点はいいですね。

コンドミニアムがもっとも優れているのは、停電でも明かりが消えない点です。セブでは停電があると、照明もエアコンも扇風機もすべてストップしてしまいますから。

スポンサーリンク

海が見える優雅なコンドミニアム

「コンドミニアムの方が安全性が高いのもわかりました。停電時も安心なのはわかりました。でも、せっかくセブで生活するなら海が見える優雅なコンドミニアムがいい!」とおっしゃる裕福な方は、こちらはいかがでしょうか。

これぞセブ・リゾート!といった感じのコンドミニアム。1ルームとしてはかなり広めの89㎡。海に沈む夕日を毎日眺めながらディナー!これぞ、セブのリゾートライフ!さて、家賃はいくら?

海が見える優雅なコンドミニアム
海が見える優雅なコンドミニアムのリビング

正解は45,000ペソ(約120,000円)です。こちらは、ほとんどリゾート・ホテル気分ですね。かなり贅沢なコンドミニアムです。資金的に余裕がある方は、こんなコンドで快適にリゾート・ライフを満喫してください。2年前だと、日本円で9万円ちょっとだったんですが、円安の影響でちょっと高くなりました。

どのタイプの物件に住むか

ここセブでは一軒家は意外と安いです。やはりお金で安全を買う国なのです。セキュリティがしっかりしているのと家具が備え付けである点から、コンドミニアムの方が割高です。

セブでは通常の1ルームのコンドミニアムだと、月の家賃は1.5万~2.5万ペソ(約4万~6.7万円)ぐらいです。プールを完備しているコンドミニアムが非常に多いです。食事を自炊メインにすれば、家庭教師を雇っても月12万~15万円で生活できます。セブでは洋服代がかかりませんからね。

ちゃんとした綺麗なアパートメントでは1ルーム物件が少なく、ほとんどが2LDK以上の広さです。ガードマンが駐在していないため、コンドミニアムよりもかなり安いです。2LDKでも月1万ペソ前後(2.7万円前後)で借りられます。

ちなみに、海の近くにある4ベッドルームの綺麗な一軒家で月1.8万ペソ(約4.8万円)という物件もありました。数人でシェアすれば、かなり安くなりますね。もし一軒家が希望であれば、サブディビジョンと言われている居住区内がお勧めです。入口には銃を構えたガードマンが駐在し、居住区内が安全に保たれています。

しかし、セブでは一軒家はレンタルするのも買うのも安いのですが、慣れないと大変です。短期滞在であれば、セキュリティーが高いという点でコンドミニアムの方がお勧めです。

まとめ

英語に自信がつき、セブに知り合いもできるとこんなに素敵な場所はありません。長く住めばローカルとの色々なネットワークも広がってきます。コールセンターで働いている人、警察官、弁護士さんなど色々な知り合いができます。セブではある程度のレベルまで語学力を強化するのが先決です。

冒頭にも紹介しましたが、セブでは語学学校で勉強して、その後に家庭教師を雇うスタイルに変更して自活している人も実際にいます。それは、あくまでもカンタンな交渉ができるレベルまで英語力を強化したからです。

不動産会社との交渉もつたない英語レベルだと日本人はぶんだくられる可能性大です。英会話において、そのレベルに達するまではお勧めできません。日本人の不動産業者もセブには数社ありますが、かなり割高です。

移住をご検討の方も、英語が苦手であれば短期(1ヶ月以上)でもいいのでセブで語学を習得されながら現地をリサーチされた上で、ご決断された方がよろしいかと思います。セブはハワイやグアムと違い、英語が話せないとかなり不便です。

今回の情報は、南国が好き、南国に住んでみたいとお考えの方には、希望の光が見えたかもしれません。しっかり英語を習得された上でご検討ください。

※なお、私は不動産業者ではありません。あくまでもセブにおける現時点での家賃相場の目安をお知らせしただけにすぎない点をご了承ください。

留学業界の裏事情を全てお教えします。

留学エージェントの勤務経験者が「留学エージェントが教えない語学学校の効果を3倍アップする方法」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学にクレジットカードは必須?留学におすすめのクレジットカード

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 4278 view
  • 本当に英語力の問題?アメリカ人に対するコミュニケーション術

    先日、友人の紹介でアメリカ人女性と昼食を共にしてきました。ただ単に昼食を一緒に食べただけでして、別にデートでも何でもありませんが、この体験を在米一ヶ月の日本人の知人に話したところ、日本ではあまり考えられない思考とのことで少々驚かれました。おそらく在米期間が長くなるに連れ、私は自然とアメリカ人に対応した会話に慣れてきたのだと思います。今回はアメリカで営業をしたり、アメリカ人との会話の展開に苦労されている方のため、この体験を書こうと思います。

    命かげろう 4864 view
  • 留学で保険の加入は必要?留学・ワーキングホリデーにおすすめの保険

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな留学やワーキングホリデーの保険についてご紹介します。

    運営チーム 3477 view
  • 痛みをスペイン語で説明できる?病気や怪我に関するスペイン語フレーズ28選

    スペイン語圏へ行くことは、英語圏へ行くことより言葉の関係で勇気がいるかもしれません。でも、病状をスペイン語で表現できる術を知っていれば、だいぶ安心できるのではないでしょうか。今回は、病気や怪我に関するスペイン語での言い表し方をご紹介したいと思います。

    トキワガシ 5711 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

ケン
ケン

日本の大学を卒業後に、フランス、イギリス、アメリカを渡り歩き、気がつけばセブで生活をしている50代半ばのオッサンです。酒とビリヤードを愛する男。セブでは、日本人よりフィリピン人のほうが友達は多いです。ちょい悪オヤジになりきれない、か弱いオヤジ。今までの経験を通して、私らしい情報発信ができれば幸いです。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)