マニラの英語留学でお勧め語学学校8選!学校の申し込み方法

12010

View

スポンサーリンク

フィリピン留学で注目の都市マニラでお勧めの語学学校をご紹介します!たくさんあるけど、どの学校がお勧めなの?と気になっている人は必見です!経済成長著しいマニラには、日本人経営の質の高い学校から、格安のマンツーマンレッスンが受けられる学校まで、幅広い生徒を対象にした学校が集まっています。マニラの中で治安の良いエリアを選べば、費用を抑えた短期留学であってもしっかりと結果を出すことができるでしょう。そこで今回は、EBを始めとするマニラで人気の語学学校をご紹介します。

スポンサーリンク

マニラのお勧め語学学校7選と、申込み手続きに必要な手順や方法についてご紹介します!

手っ取り早く自分に合う学校を知りたい、お勧めだけをカンタンに教えて欲しい方は、下記の無料の学校診断やLINE相談を利用されることをお勧めします。

LINEで留学の相談をしてみる(無料)
学校診断で自分に合う学校を調べる(無料)

マニラ語学留学とは

マニラの様子
Deortiz

日本から飛行機で4〜5時間の距離にある都市マニラ。フィリピンの首都でルソン島西部に位置しており、語学学校がたくさん集まる語学留学にぴったりの都市です。

成田空港、関空空港、セントレア空港、福岡空港から直行便が出ているため、日本人にとってアクセスが良いことから短期留学も気軽にできます。

マニラの歴史と宗教

「東洋の真珠」とも呼ばれるマニラでは、スペインによる統治時代に建てられた城塞都市の名残や、フィリピン最古の石造建築と言われるサン・アグネスチン教会など、数多くの歴史的建造物を目にすることができます。

また、歴史的な背景からフィリピンの宗教事情も日本とは大きく異なります。フィリピンの宗教に関しても、留学前にしっかりと理解しておくようにしましょう。

都会の治安は?

人口1,000万人を超え、渋滞が日常茶飯事のマニラはフィリピンで一番発展している都市。高層ビル群も立ち並び、特にマカティは東京都変わらないと話す人もいます。

Wi-Fi環境やレストラン・ショッピングモールといった生活の利便性に関しては、マニラなら大きなストレスを感じることなく留学ができるでしょう。

多言語が話されている国フィリピンですが、都会のマニラではほとんどの人がタガログ語を話します。一方、ローカル色の強い都市セブで多くの人が話すのはビサヤ語。

どちらの都市でも英語は公用語ですが、セブとマニラには文化の違いが存在するようです。

マニラには、都会である分治安が悪い地域も多く、加えてローカルなエリアに行けば物騒な場所も多くなります。フィリピンに留学する際は安全対策を万全にして生活するよう高い意識をもちましょう。

留学前にやっておくべきこと

近年、日本に興味をもってくれるフィリピン人は増えています。

留学前にフィリピン人の国民性をチェックしておくと、マニラ留学をさらに充実したものにできるでしょう。

その他にもフィリピンの芸能人や、フィリピンの芸能情報を把握しておくと、現地の友達も増えて留学の醍醐味である異文化体験がたくさんできるようになります。

マニラを選ぶメリット

マンツーマンレッスンが格安で受けられたり、細かいところまでサービスが行き届いた日本人経営の語学学校があるのがフィリピン留学の魅力です。

中でもマニラはフィリピン最大の都市。都会の生活を好む人には、刺激の多い留学生活を送ることができるというメリットがあります。

マニラ留学専門サイト

語学学校に申し込む手順【9ステップ】

マニラの語学学校を決めるところから、申込みまでの手順を確認します。

入学申し込みの期限は?

手続きの開始は必ず早めに行うことが鉄則です。

私立学校であれば出発の3ヶ月前、大学附属なら4ヶ月前には入学手続きをしましょう。

1.コースと期間を決める

受講するコースと、期間を決めます。入学の時点で申し込む期間は、最大3〜6ヶ月がお勧めです。

長い期間ほど割引でお得になるケースもありますが、あまりに長いコースを申し込んでも、途中で変更やキャンセルをしたくなっても返金されない、といったリスクが生じるためです。

留学中に英語のレベルや興味のあることは変わりやすいため、少なめに申し込み、途中で延長やコースの変更を申し込めるようにしておくと良いでしょう。

【ここに注意!】学校のホリデースケジュールを確認

学校の長期休暇となる期間を必ずチェックして、申し込む期間と重なっているかどうか確認を忘れずに!

例えば、1週間コースを申し込んだのに、学校の休暇と重なって授業が3日しかない、なんて事態にもなりかねません。長期留学の方でも、クリスマスホリデー等には要注意です。

2.滞在(ホームステイ情報)方法を決める

留学中の滞在方法を決めます。ホームステイや学生寮などは、学校が斡旋して紹介してくれるところも多いです。

ホストファミリーからは出発の約1週間前に連絡が来ます。細かいハウスルールや、当日の待ち合わせの場所や時間、緊急連絡先をチェックして、入念に準備しましょう。

3.見積もりを取り寄せる

コースと期間、滞在方法を決めたら、学校に見積もりを取り寄せましょう。実際にどれくらいの費用がかかるのかを明確に把握します。

【ここに注意!】日本の当たり前とは違うことを忘れない

日本人スタッフがいる学校もいくつか存在しますが、基本的にやりとりは英語になります。

ここでは、日本で当たり前のような丁寧で、きめ細やかな対応は期待しない方が良いでしょう。

これも留学の一部。価値観や文化の違いとして、割り切って確認すべきところは徹底的に、レスポンスが遅い場合は気兼ねなく連絡を重ねましょう。

4.入学申し込み

現在、ほとんどの語学学校ではウェブサイトからオンライン申し込みで、その他には入学願書をダウンロードして記入、FAXか郵送で学校へ送ります。

Apply、Registration、Register、Enrollment Information といった項目から入学申し込みフォームに飛べるので探してみましょう。あとは必要事項を入力するだけ!

入力の仕方は、「留学手続きを解説!実はとってもカンタンな語学学校の申込書の書き方」を参考にしてください。

【ここに注意!】規約・キャンセルポリシーを確認

申し込みの際に絶対に確認してほしいのが、語学学校の規約と、キャンセルポリシーです。

いつまでのキャンセルなら全額無料でできるのか、必ず把握しておきましょう。

5.請求書受け取り、学費の支払い

入学許可証を受け取るためには、申し込みと同時に申し込み金を払う必要があります。

この時に授業料全額を請求する学校と、入学申請料と滞在手配料のみで良い学校があり、後者の場合残りの金額は入学許可証・請求書を受け取った後に支払います。

一般的には、クレジットカード番号で支払うか、銀行窓口での海外送金の場合が多くなっています。

【ここに注意!】入学許可証の内容ミス

学校から送られる各種書類はすべて、自分の名前のスペルや、申し込んだコース名、期間、飛行機の到着時間など内容にミスがないかを確認しましょう。

早めに気づかないと、後からの変更が難しくなりトラブルが生じる可能性もあります。

6.ビザ申請

入学許可証が降りたら、ビザを申請します。ビザ申請にも数日から数週間かかるケースもあるので、早めに申請を行いましょう。

7.航空券を購入する

語学学校の申し込みが完了次第、航空券を購入します。早めに購入すればするほど、安価なチケットが手に入ります。

【ここに注意!】観光ビザの人は往復チケットを

観光ビザで留学をする場合、入国の際に帰国のチケットが必要になります。必ず購入してから留学に種発するようにしましょう。

8.留学保険に加入する

何が起こるか分からない留学には、留学保険の加入は欠かせません。

クレジットカードに付帯されている保険もありますが、ホームステイ先やシェアハウスでのトラブルもカバーさたり、医療面でのサポートも付いてくる留学保険の加入は必須項目です!

お勧めはオンラインだけで申し込みができ、保険料金も良心的な「たびほ」です。

9.念願の語学学校での留学スタート!

ここまでの留学準備、よく頑張りました!
あとは留学生活をとにかく楽しみましょう!!

個人手配のサポートサービスがお勧め

学校を決めるところから、入学まで。初めての留学だと、やっぱりちょっと不安も残るのが正直なところかなと思います。

「語学学校、結局自分に合うのがどこなのか分からない…」
「ミスなく入学申し込みができるか不安…」

そんな人でも、留学はできます。

特にお勧めなのは、全てのステップを日本語でサポートする留学の個人手配サポート「ラングペディア Langpedia」です。

学校診断・留学相談から、入学手続きの書き方チェックまで、丁寧なサポートを行います。語学学校からお金を頂く仕組みなので、利用は完全無料です!

マニラ留学にお勧めの語学学校

マニラの風景

ではここからはマニラ留学にお勧めの語学学校をご紹介します!

※学校の紹介順は、おすすめ順位とは関係ありません。
※目安料金は、別途入学費や教材費がかかることがあります。

フィリピンの他の都市やアメリカ留学にも興味ある方は、セブのお勧め語学学校ロサンゼルスのお勧め語学学校も合わせてご確認ください。

また、2カ国留学などワーキングホリデーも考えている人向けに、オーストラリアとカナダの学校もご紹介しています。シドニーのお勧め語学学校トロントのお勧め語学学校もチェックしてみてください。

学校の情報だけ見ても、どれが自分に合うのか分からない・・・という人には無料の学校診断サービスの活用がお勧めです!

学校診断で自分に合う学校を調べる(無料)

【1】StepForward(ステップフォワード)BGC校

マニラ留学 語学学校
StepForward(ステップフォワード)BGC校

StepForward BGC校はフィリピン最先端の都市、BGC(Bonifacio Global City)に位置する唯一の日系語学学校です。

BGCはフィリピンで最も安全かつインフラが整った都市であり、先進国水準の生活環境で学習に集中していただけるので、女性やビジネスパーソン、経営者の方から多く支持されています。

通常の「フィリピン留学」のイメージを根底から覆す質の高い学びとグローバル体験を提供している学校です。

ステップフォワードのBGC校の特徴

  1. 圧倒的立地の良さ : インフラ・治安面・清潔面でフィリピン最高水準
  2. 講師の質 : 経験豊富なメトロマニラの有名大学出身者を中心に採用率5%以下
  3. 専門家監修メソッド : 英語教育のプロの監修のもと、オリジナルメソッドの開発・ご提供
  4. 柔軟なカリキュラム :企業様・お客様に合わせたオーダーメイドカリキュラムの提供
  5. 宿泊施設 : 施設インフラ、清潔感、広さ共にフィリピン最高水準
  6. 留学前後のフォロー体制:日本人カウンセラーによる学習サポート、オンライン学習

選べるコース

マニラ留学 語学学校
StepForward (ステップフォワード)BGC校

ステップフォワードの学習コースは英語力や目的に応じて選べます。

StepForward BGC校コース一覧

  • ビジネス英語コース
  • ベーシック英語コース
  • 資格対策コース(TOEIC/英検/TOEFL/IELTS)
  • アスリート英語コース

特に人気のビジネス英語コースは、ビジネスでの様々なシーンに応じて、実践的に使える英語学習を提供しています。

例えば電話の取次ぎ、E-mailの書き方から始まり、ミーティングでの発言の仕方、営業での価格交渉、客先でのプレゼンなど、様々な具体的なシーンに合わせて学べます。
さらには食品業界、製造業、飲食業など各業界に合わせた英語コースも提供しており、法人・団体の一人一人のの学生が必要としている学習内容をピンポイントに合わせたカリキュラムを受講できます。

また、好評のレッスンとして、「発音キャンプ」、「フィールドスタディ」があります。

発音キャンプは毎日授業の開始と終わりに日本人の苦手な発音を徹底的にトレーニングするレッスンです。日本人特有のアクセントを矯正し、英語のリンキングサウンドを練習することで、滑らかに英語を話せるようになるのが狙いです。

フィールドスタディは学校の外に出て、フィリピンのビジネス環境の調査をしたり、美術館・博物館に行ったりと、外で英語を使いながら+αの学びを体験するレッスンです。学校外のレッスンという事もあり、通常のマンツーマンレッスンでインプットしたことをアウトプットする実践的な機会にもなります。

▼フィールドスタディ

マニラ留学 語学学校
StepForward(ステップフォワード)BGC校

現地駐在員からも支持

StepForward BGC校は現地マニラで働く駐在員やそのご家族の方々からも支持されており、日系企業・フィリピン企業の法人研修も請け負ってます。実際に仕事や生活で英語を活用されている方々からも評価が高いです。

マニラ留学 語学学校
StepForward (ステップフォワード)BGC校

こんな方におすすめ

  • 本当に実践で使える英語を学習したい
  • TOEIC/TOEFLなどの資格の点数を短期間で上げたい
  • フィリピン人の中でも発音が良く、レベルの高い講師に学びたい
  • モチベーションの高い仲間と学びたい
  • 社会人がメインの環境で学びたい
  • 治安が心配で、周辺の環境が気になる
  • 宿泊施設の質が気になる
  • フィリピンの経済発展の最前線を体験してみたい

生活のしやすさにこだわった宿泊施設

マニラ留学 語学学校
StepForward(ステップフォワード)BGC校

StepForward BGC校の宿泊施設は広々快適、ハイクオリティの宿泊施設です。
以下の設備が整っているので、フィリピン留学で起こりがちな施設の問題で感じるストレスは最低限に抑えられます。

宿泊施設の設備

  • お湯が出るのはもちろん、水圧のあるシャワーを完備
  • 部屋は広々、35㎡以上
  • Wi-Fiあり
  • 全室窓あり
  • 調理器具あり
  • 冷蔵庫あり
  • 洗濯機あり

創業者からのメッセージ

  1. 松原さん 嶋村さん

    StepForward BGC校は2018年にスタートした新しい学校です。「良質な英語学習とグローバル体験を届けたい」という想いで、総合商社や教育業界出身のメンバーで創業しました。数多くのフィリピン留学の選択肢がある中、「最高の場所で最高の学びを届ける」ためにセブ島等のエリアではなく、敢えてこの場所を選んでおります。

    綺麗な海やコストの安さもフィリピンの魅力ではありますが、フィリピン留学の一番の目的は何でしょうか。多くの人にとってそれは「英語の勉強」であるはずです。留学中、毎日海で泳ぐことが主たる目的ではないでしょう。当校としては、留学中の大半の時間を過ごすことになる、学校・滞在施設・周辺環境において、余分なストレスがなく学習に集中できる環境を提供することが大切な価値だと考えております。

    もちろん、学習内容や講師の質にも一切の妥協なくこだわっているので、開校以来、多くの生徒様に高い満足度を頂いております。是非、当校に留学し、質の高い英語学習とグローバル体験をしていただきたいと思います。そこで得た能力の向上やマインドセットの転換が生徒様ひとりひとりの人生の向上に繋がっていくと信じております。皆様の一歩踏み出すその先を、当校でサポートさせていただきます。

▼学校が入居する高層ビル

マニラ留学 語学学校
StepForward(ステップフォワード)BGC校

StepForward BGC校の学校情報

  • ウェブサイト:https://stepforward-learning.com/
  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:1週間89,600円~
  • 住所:Unit 2108 Trade and Financial Tower, 7th Ave cor. 32nd St., BGC, Taguig
  • 設立年:2018年
LINE相談(無料)
予約サイト

【2】CNN オルティガス校

マニラの語学学校「CNN International Language School」
CNN International Language School

CNN オルティガス校は、日本のビジネスマンが求めるグローバルイングリッシュの需要に応えるべく開校された、他の語学学校とは異なる正確をもった注目の学校です。

英語指導の経験豊富な講師陣に加え、ビジネスの経験も豊富な講師も揃った魅力的な学校運営を行っています。

留学が始まる事前にもオンラインレッスンを開講しており、留学を通しての成長を最大限に大きくすることができます。企業研修も受け入れていたりと、日本人の細かなニーズに応えられるようフルオーダーでカリキュラムを組めるようになっています。

おすすめコース

CNNのマンツーマンレッスンの様子

CNNのおすすめはスパルタコース。学習時間を12時間に設定しているため、夜10時半まで他の生徒と一緒に勉強できます。

スパルタコースの生徒は母国語使用禁止ルールのある英語寮に滞在します。講師とルームシェアできる部屋設定もあるので、英語漬けの環境に身を置きたい方にはオススメです。

こんな学生におすすめ

CNNのグループクラス

「全く英語が喋れない」という英語初級者はもちろん、「もっと流暢に会話できるようになりたい」「ある程度喋れるけれどビジネスで使える英語を学びたい!」という中級者・上級者まで対応している学校です。

卒業生の実例

CNNの校舎

当初は3ヶ月間の留学予定をさらにIELTSコースで6ヶ月延長し、トータル9ヶ月の留学を経験。IELTSのスコア6.5を獲得後、カナダでプログラマーになった生徒がいます。

3ヶ月の留学を経てカナダでバーテンダーになった学生や、日本で看護師として働いていた女性が仕事を辞めて3ヶ月間の留学後、イングランドに渡ってシェフになった生徒もいます。

  1. CNNマネージャー

    CNNは1997年に創立した学校で、今年で20周年を迎える伝統ある学校です。
    有名大学出身の講師陣は長年勤続しており、経験豊富なベテランが揃っています。2006年には最優秀語学学校賞も受賞しました。

    基礎英語力向上に重点を置いたIntensiveコース、Basicコースのほか、専門コースのTOEIC、TOEFL、IELTS、Business Englishコース、様々なトピック展開のある無料コースなど、個人の目的やレベルに合わせたバラエティ豊かなコースをご用意しております。

CNN オルティガス校の学校情報

  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:1週間$595〜
  • 住所:24TH floor, Tektite West tower, PSE Center Bldg, Exchange Road, Ortigas Center, Pasig City, Metro Manila, Philippines.
  • 電話番号:+632-5326953
  • 設立年: 2016年
LINE相談(無料)
予約サイト

【3】CNN ケソン校

マニラの語学学校「CNN語学学校」
CNN語学学校

マニラのケソン市にあるCNNケソン校は、質の高い授業と講師、そしてその講師と同じ部屋に滞在することができることで人気の学校です。

周辺には名門フィリピン大学やアテネオ大学もあるため学生も多く、落ち着いた環境の中で勉強のモチベーションも高められるでしょう。

フィリピンの中でも最も伝統のある語学学校と言われており、多くの外資系企業から海外語学教育センターに選ばれ続けています。それだけ厚い信頼と注目を得る、満足度の高い学校だと言えるでしょう。

その高品質な教育が認められ、2006年にフィリピン最優秀語学学校賞(Philippines Quality Awards For English Language School)を受賞しています。

CNN ケソン校の学校情報

  • ウェブサイト:http://www.cnn-speakers.com/jp/
  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:1週間$456〜
  • 住所:Claretian Communications Bldg. (Claret School),#8 Mayumi St., U.P Village Diliman, Quezon City, Philippines
  • 電話番号:632-433-2432
  • 設立年: 1997年
LINE相談(無料)
予約サイト

【4】Palette School(パレットスクール)

マニラの語学学校「PALETTE,Inc.」
PALETTE,Inc.

Palette Schoolは日本のNPO法人が運営するフィリピンでも初の語学学校です。

「英語を学んで、世界を変える」をコンセプトに、英語のコミュニケーション力をスキルとして上げるだけでなく、多様な文化の中で生きていく経験や能力を身に付けることを目指しています。

国際NGO施設の中にキャンパスをもっているため、敷地内には世界中からソーシャルビジネスを学びに来た人たちが集っています。

彼らとの出会いが良い経験になるだけでなく、生徒向けにもフィリピン人貧困層若者向けのキャリア支援事業インターンや、スラム街でのスタディツアー・ボランティアなどのソーシャルアクティビティを積極的に提供しています。

おすすめコース

Palette Schoolの授業の様子

Super Beginner Course

「英語力ゼロなんですが、本当に留学して大丈夫でしょうか?」という問合わせが多かったことから、Basic English Courseよりも初心者向けのコースとして作られました。現在ではかなりの人気を誇るコースになっています。

最大の特徴は『日本人によるサポートクラス』があることです。英語初心者の弱点である「英語を話すことへの苦手意識」を失くし、英語を使った簡単なコミュニケーションができるようになることをゴールと設定しています。

留学×インターンコース

「教室で話せる英語」ではなくて、「実戦に使える英語」にアップデートするためのコースです。まずは留学でみっちりと英語力を鍛え、その後インターンシップ時に学んだ英語を使うことができます。

留学、インターンともに8~16週間で長期で取り組む生徒が多く、「休学して、どっぷり挑戦したい」と考えている学生におすすめです。

こんな学生におすすめ

Palette Schoolの生徒

Super Beginner Course

  • 英語をまともに勉強したことがない。
  • 英語の授業だけだとついていけるか不安。
  • 今更聞けないことがある。
  • どう勉強すればいいのかが分からない。

留学×インターンコース

  • ただ英語を学ぶだけだと物足りない。
  • 海外で働くということに挑戦してみたい。
  • 使える英語として自信をつけたい。

卒業生の実例

Palette Schoolの学校スタッフ
  • 大学中退後、5ヶ月間の留学を経て、オーストラリアへ1年ワーホリを経験した生徒がいます。
  • 留学×インターンを3ヶ月経験した後、インドの大学へ進学し、現在外資系コンサルティングファームに就職した生徒がいます。

▼ Palette Schoolの学校校舎 ▼

Palette Schoolの校舎
  1. Palette Schoolの倉辻さん

    みなさん、はじめまして!PALETTE SCHOOLの倉辻です。
    当校では、「英語を学んで、世界を変える。」をコンセプトとして運営しています。
    卒業後は英語を使って活躍し、関わる世界を良くしていく人が増えればと願っています。
    どんな英語力であっても、どんなバックグラウンドを持っていたとしても、ご留学いただけるように磨きをかけて皆さんをお待ちしております!

Palette Schoolの学校情報

  • ウェブサイト: http://www.pa1ette.org/school/
  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:1週間57,000円〜
  • 住所:GK Enchanted Farm, California St., Brgy Encanto, Angat, Bulacan, Philippines
  • 電話番号:050-5532-2014
  • 設立年:2014年
LINE相談(無料)
予約サイト

【5】Basic English Camp(b.E.Camp ビーイーキャンプ)

マニラの語学学校「b.E.Camp ビーイーキャンプ」
b.E.Camp ビーイーキャンプ

ビーイーキャンプは長年フィリピン留学に携わってきた経験豊富な日本人マネージャーが運営する語学学校です。

「詰め込みではなく、アウトプット中心のトレーニング」を大切にしており、初心者でも最初から躓くことのない安心の英語学習法を展開しています。

フィリピンで唯一の初心者専門英会話スクールとして注目を集めているだけでなく、忙しい社会人には自宅へ講師を派遣したり、週末留学を受け入れていたりしている点も高く評価されています。

おすすめコース

bECampの授業の様子

基本コース

英語初心者に一番人気のコースです。程良いレッスン時間が魅力で、マンツーマンレッスンが4時間、少人数グループクラスが2時間の1日6時間のコースです。1〜2ヶ月留学し、慣れてきたら1時間マンツーマンを増やすオプションも可能です。

日本人による発音の基礎セミナー、単語セミナー

英語を学ぶのが初めての人に特におすすめオプションです。日本語で基礎、勉強方法を学ぶことで留学中の成長スピードが速くなります。

発音の基礎セミナーでは、発音の基礎の基礎のフォニックスを学び、音の消失や連結、リエゾンなど、最初は日本人が知らない発音について40のルールやコツを通して学ぶことができます。

単語セミナーでは、日本語で単語の効果的な勉強方法・ノウハウを学び、単語を覚えるスピードを速くすることができます。

その後の30日間で1,000単語を覚えるようにトレーニングがあります。日本人講師が30日間パーソナルトレーナーを努めます。こちらはかなりハードなコースになるため、本気で単語を勉強したい人のみ受け付けています。

単語本を使用しての勉強を好まない人にはお勧めしません。

こんな学生におすすめ

Basic English Campの学校外観
  • やる気のある人
  • スピーキングに強くなりたい人
  • 英語を勉強するのが初めてで、勉強方法がわからない人

b.E.Campはフィリピン唯一の初心者向け英語学校です。最初はまったく英語を話せない生徒が90%以上です。まずは日常レベルから、という人でも安心して留学することができます。

フィリピン留学に長く携わっているスタッフが運営しているので、英語の勉強へのサポートもしっかりしています。

卒業生の実例

Basic English Campレッスンの様子
  • 留学後、フィリピンで会社を立ち上げて事業をスタートした生徒
  • オーストラリアのワーホリ中に当校で勉強し、またオーストラリアに戻りより良い仕事に就いた生徒
  • 外資系化粧品会社に就職した生徒
  • お笑いで英語のネタを披露している生徒
  • 英語で海外の医療プロジェクトに携わる国立大学講師

▼ Basic English Campの学校スタッフのみなさん ▼

Basic English Campの学校スタッフのみなさん
  1. b.E.Campスタッフの伊藤さん

    ベーシックイングリッシュキャンプの伊藤です!
    この学校で英語を学び、英語で未来の可能性を広げてもらうという理念の元、この学校を運営しています。
    皆様の人生のターニングポイント、未来が広がる場所、人生を賭ける場所になるように。
    英会話取得は簡単ではないですが、やればだれでもできます。
    英会話はただのコミニュケーションツール。
    大切なのは「英語」を使って何をするか。
    フィリピンと言う日本とは異なる環境で、英語だけでなく人間としてのたくましさも鍛えて欲しいです。

    真剣な人は大歓迎。 特に、ベーシックイングリッシュキャンプは初心者に強いので、真剣に自分の人生を変えたい、英語をモノにしたい初心者様に特にオススメの学校にしています。 私自身が英語嫌いな初心者から始めたフィリピン留学。
    自分自身の留学経験と、長年英語学校で働いた経験を活かして日本人に効率よく英語を学べるカリキュラムで成長速度を高めます。

    You can do it!

Basic English Campの学校情報

  • ウェブサイト:http://www.english-bec.com/
  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:1週間31,800円〜
  • 住所:#53 Balagtas St., Chrysanthemum Village, SanPedro City, Laguna 4023 Philippines
  • 電話番号:+63-2-887-1863
  • 設立年:2015年
LINE相談(無料)
予約サイト

【6】The Ateneo Language Learning Center / ALLC(アテネオ・ランゲージ・ラーニング・センター)

マニラの語学学校「Ateneo de Manila University」
Ateneo de Manila University

マニラにあるフィリピン大学に次ぐトップレベルの私立大学アテネオ・デ・マニラ大学付属語学学校です。

アテネオ・デ・マニラ大学はフィリピンの「私学の雄」と呼ばれており、大統領や中央銀行総裁を輩出している名門です。授業のほぼ全てが英語で行われ、タガログ語での授業はほとんどありません。

その付属語学学校であるALLCは、大学内の施設でESLコースを提供しています。短期集中で英語力を身に付けたい人、アテネオ・デ・マニラ大学への入学を目指している人におすすめの語学学校です。

ALLCの学校情報

  • ウェブサイト:http://www.ateneo.edu/ls/soh/allc
  • 学校種別:私立・大学付属語学学校
  • 住所:Katipunan Ave, Quezon City, 1108 Metro Manila, フィリピン
  • 電話番号:+63 2 426 6001
  • 設立年:2000年
LINE相談(無料)
予約サイト

【7】SELC One to One English, MANILA(セルクマニラ)

マニラの語学学校「SELC One to One English Manila(セルクマニラ)」の校舎

セルクマニラは、オーストラリアとカナダで30年の運営実績を誇る語学学校SELCグループの学校です。

マニラ屈指のビジネス街オルティガスセンターに校舎をもちます。本気で語学力を上げたいと考える社会人限定の語学学校です。

短期留学でも生徒一人ひとりのためのカリキュラムを講師が作成し、週最大43時間のマンツーマンレッスンを受講することができます。圧倒的な会話量で、日常英会話はもちろん、ビジネスにフォーカスした英語学習も可能です。

セルクマニラの学校情報

  • ウェブサイト:http://selc-manila.com/school.html
  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:1週間880ドル〜
  • 住所:L24, Robinsons Cyberscape Beta Ruby Rd, Ortigas Center, Pasig City 1605 Metro Manila, Philippines
  • 電話番号:+63-2-958-3502
  • 設立年:2015年
LINE相談(無料)
予約サイト

【8】EB / English Breakthrough

マニラの語学学校「EB: English Breakthrough」の生徒
EB: English Breakthrough(フィリピン留学)

EBキャピタル校は、マニラ空港から約1時間の学園都市にある日本人経営の人気の語学学校です。

校舎のあるケソン市はマニラ中心部からは離れているため、治安に関して不安を感じている人には嬉しい立地です。

また、施設は警備がしっかりとされたビレッジの中にあるため、安全面も信頼できます。講師陣のクオリティの高さにも定評があり、初めて海外で滞在する日本人にとって安心できる環境が整っています。

English Breakthroughの学校情報

  • ウェブサイト:http://english-breakthrough.com/
  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:4週間59,000円〜
  • 住所:Block 5, Lot 14, Gabriela Silang St. New Capital Estates-1, Batasan Hills, QC
  • 電話番号:+63-2-881-5455
  • 設立年:2008年
LINE相談(無料)
予約サイト

マニラの語学学校とは?

フィリピンは日本から最も近い英語圏の留学先です。

さまざまなな英語留学先と比較しても、最も安い費用で留学ができるのもフィリピン英語留学の魅力です。

中でも首都のマニラは都市圏としては世界第5位の規模を持つ大都市であり、そのため英語の語学学校がたくさん存在します。

一方で、マニラは東南アジアの都市としての特徴から、人によって向き不向きが強く出る街です。

マニラ留学の特徴をよく理解し、留学生活が実りのあるものになるように、留学前にしっかりとリサーチ・検討することを強く推奨します。

現在はインターネットで様々な情報を手に入れることができるため、トラブル発生時の解決策等を先に調査しておくことも留学成功のポイントになるでしょう。

ここでは、フィリピン最大都市であるマニラでの、留学のお勧めポイントやメリット・デメリットを紹介していきます。

マニラ語学留学がお勧めな理由【3つのメリット】

実際にマニラ語学留学をするにあたり、どのようなメリットがあるのかを具体的に紹介します。

メリット① 日本から一番近い英語圏で、留学費用も格安

フィリピンは日本から一番近い英語圏の国です。

マニラへは日本からの直行便も多く、片道4.5時間ほどのため、アクセスもしやすいです。まだまだ物価も安いため、格安留学ができるのもマニラの魅力。

このような理由から、語学学校には台湾や韓国などのアジア圏からを中心に多国籍なメンバーが集まります。

英語留学だけでなく、アジアの友達を作りやすい環境であるのもマニラ留学の魅力です。

メリット② 東南アジアならではの過ごしやすさがある

マニラを首都とするフィリピンは、東南アジアの国です。

常夏の国なので、気温をあまり意識せず、1年を通じて夏服を着ることができる東南アジアならではの過ごしやすさがあります。

3月〜5月は「ホットドライ」とも呼ばれる酷く暑い時期、また6月〜10月までは雨期となり、スコールが多発するなど特有の対策が必要です。

ただ、寒さが苦手な人には留学先として非常にお勧めの留学先となるでしょう。

メリット③ フィリピンは魅力的な観光地も多数存在

マニラはスペイン植民地時代に建てられた教会や城塞以外には、目立った観光地のない都市ですが、フィリピン全土を見渡せば魅力的な観光地が多数あります。

中でも、セブ島やボラカイ島はフィリピン有数のリゾート。

日本人にはまだあまり知られていませんが、パラワン島といった自然が豊かな島も多いのがフィリピンの魅力です。

また、マニラがあるルソン島にも避暑地として有名なバギオや、スペイン植民地時代のコロニアル建築が残るビガンといった観光地があり、留学中のお出かけ旅行にもお勧めです。

マニラ語学留学のデメリット

マニラの語学留学にはデメリットもあります。以下で紹介するデメリットは、語学留学の前にあらかじめ知っておいたほうがいい知識です。

デメリット① 治安が悪い

マニラは治安が悪い都市として有名です。

スリや置き引きといった軽犯罪だけでなく、銃による強盗や殺人といった凶悪犯罪も少なくありません。

マニラ留学の際は、現地の治安に関しては常に細心の注意を払いましょう。

特にマラテ、エルミタなどの地区は治安が悪い地区となっているので、近づくことのないようにしてください。

基本的に、夜の外出は控える、現地の語学学校が定めるルールを守るといった行動をすれば治安の悪いマニラであってもリスクは最小限に抑えられます。

実際、留学生が凶悪犯罪に巻き込まれるケースは今までほとんどなく、留学を安全に楽しむことができています。

デメリット② 交通事情が悪い

マニラは人口1200万人の大都市であるにもかかわらず、交通網がまだあまり整備されていないため、交通事情が悪いです。

鉄道路線もまだ3路線しか存在せず、基本的に車での移動となります。

慢性的な渋滞は特に問題となっており、ラッシュアワーの際は通常より2倍以上の時間を要してしまうことも少なくありません。

渋滞が発生する時間帯の移動は避けるといった対策を講じるよう心がけましょう。

デメリット③ 大気汚染が酷い

マニラは近年、人口の増加や車の増加が原因によって大気汚染が進行しています。

滞在中、人によってはマスクが必要になるでしょう。

他の都市との比較

治安の違い

先にも述べたとおり、フィリピンのマニラは治安が悪いと言われています。

フィリピンは銃が蔓延している国であるため、イギリスの都市であるロンドン、カナダの都市バンクーバー等と比べると、凶悪犯罪が多いです。

同じ銃社会であるアメリカの都市ニューヨーク等と同じ治安レベルと考えた方がいいでしょう。

費用の差

東南アジアに位置するフィリピンは日本に比べると物価が安く、欧米諸国への留学に比べると費用は格段に安く抑えることができます。

ただし、首都マニラは近年物価の上昇も激しく、同じフィリピンのセブ島といった地方よりは滞在費用は高くなる傾向にあります。

英語や文化の違い

フィリピンは英語が公用語の国ですが、フィリピン語(タガログ語)を母国語とする人が多いです。

英語とフィリピン語の使いわけや、会話の中で双方がミックスされるといった独特の英語文化があり、特有の訛りもあるため、最初は慣れるまで多少大変なところもあります。

ただし、語学学校のフィリピン人講師は流暢で訛りの少ない英語を話す人も多いので、あくまで語学留学に限る場合には、あまり心配する必要はありません。

エリアで選ぶ

マニラで語学留学をするなら、エリア選びが大事です。語学留学のエリアは主にケソンシティとアラバンの2箇所が候補となります。

ケソンシティ

ケソンシティはマニラの中心部にある地区です。とても広く、面積はシンガポールと同程度です。

大学や政府機関も多く、この場所での語学留学であれば学校や滞在場所の候補も多いでしょう。

ショッピングモールや飲食店もたくさんあるため、休日に楽しめる場所でもあります。

アラバン

アラバンはマニラ郊外にあり、近年開発が進められている地区です。

高級住宅街が多く、日系企業の進出も盛んで日本人駐在員も多く住んでいます。

マニラ中心部のケソンシティと比べると、語学学校の数はそれほど多くありませんが、落ち着いていて比較的治安も良い場所なので、英語学習に集中したい人にお勧めの場所です。

目的に合ったコースで選ぶ

マニラは語学学校ごとの特徴に大きな違いがあるので、語学留学をする際はご自身の目的に沿ったコース選びを行いましょう。

英会話・スピーキングを集中的に磨きたい

会話中心の英語力を高めたいのであればCNN オルティガス校がお勧めです。

この学校には「スパルタコース」が存在し、生徒は英会話のみ使用できるルールのある寮に滞在するため、日常会話から英語力の底上げが可能です。

また、英語指導の資格やビジネスの経験も豊富な講師・スタッフが揃った学校であるため、リスニング、ライティング、スピーキング、リーディングの全てを総合的に伸ばせるのが長所です。

努力して無事に卒業すれば、ネイティブとも対等レベルに話せるようになるかもしれません。

CNN オルティガス校の学校情報

  • 学校種別:私立・語学学校
  • 目安料金:1週間$595〜
  • 住所:24TH floor, Tektite West tower, PSE Center Bldg, Exchange Road, Ortigas Center, Pasig City, Metro Manila, Philippines.
  • 電話番号:+632-5326953
  • 設立年: 2016年
LINE相談(無料)
予約サイト

TOEICのスコアを上げたい

TOEIC受験を専門に対策できる語学学校もマニラには多くあり、先ほどのCNN オルティガス校にもTOEICコースが存在します。

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングそれぞれの基礎的な英語力の底上げをしながら学ぶことができます。

600点、700点、800点、900点のスコア別で、目的・レベルにあったコースを受講することが可能です。

キャリアアップ・ビジネス・就職・転職

マニラにはビジネスに特化した英語学習コースを設けた語学学校もあります。

社会人を中心に、将来的な海外転職や海外就職、海外駐在員を目指したい人に対応したコースを選択することができます。

ビジネス英語コースで英語を学ぶことにより、転職や就職のためのスキルアップが可能です。

語学学校の中にはカリキュラムをフルオーダーで設定できるところもあります。

リクエストを伝え、納得のいくまでカリキュラムのご提案をしてくれるので社会人で金銭的に余裕のある方にはお勧めです。

また、MBAの資格取得に向けてこうしたビジネス英語コースをマニラでコスパ良く学ぶのも良いでしょう。

大学進学・2カ国留学がしたい

将来的に欧米の大学等への進学を予定している人は、その準備のために一度マニラへ留学をするのもお勧めです。

英語初心者や、大学1年や大学2年の人は短期集中型でマニラ留学を利用し、正規留学や交換留学といった長期での留学の備えを行うことができます。

入学に必要な英語スコアとコース

欧米の大学に入学する際にはIELTSで6.0〜7.0程度のスコアが必要です。

TOEFLであれば、コミュニティーカレッジへの入学は45点〜、入りやすい大学で61点〜、選択肢を広げたければ79点〜、上位の名門大学を目指すならば100点程度が必要になるでしょう。

マニラ留学はアカデミック英語が学べる語学学校の候補も多く、目的に合わせて学校やコースを選ぶのが良いでしょう。

英語圏諸国でのワーホリする場合も、その前にマニラへ留学することで事前に英語力をある程度鍛えることができます。

格安語学学校を選ぶ・費用を抑える方法

1ヶ月の留学費用

マニラへ留学する場合、学費は入学費や教材費を合わせて1ヶ月8〜20万円が相場になります。

これに合わせ、現地での滞在費や生活費、宿泊費、交際費を考慮するとおよそプラス4〜8万円程度必要です。

保険は期間が短いため、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険を用いることも可能ですが、不安な人は別途保険会社から購入しましょう。

6ヶ月の留学費用

6ヶ月の場合、マニラ留学の学費は、教材費を合わせて32〜80万円程度が相場となっています。

これに合わせ、現地での滞在費や生活費、宿泊費、交際費を考慮するとおよそ24〜48万円程度必要です。

これに加え、航空券と海外旅行保険、学生ビザが別途必要になります。トータルでは、60〜130万円が目安です。

1年の留学費用

1年の場合、マニラ留学の学費は、教材費を合わせて64〜160万円程度が相場となっています。

これに合わせ、現地での滞在費や生活費、宿泊費、交際費を考慮するとおよそ48〜96万円程度必要です。

これに加え、航空券と海外旅行保険、学生ビザが別途必要になります。トータルでは、120〜260万円が目安です。

費用を抑えるコツ

費用を抑えるコツは、できる限り現地の生活スタイルを送ることです。

ローカルフードの価格は日本と比べるとまだまだ安いマニラですが、日本食レストラン等の価格はあまり日本と変わりません。

外食を控えて自炊することで、生活費を節約することができます。

また、郊外に住むことで交際費を節約したり、シェアハウスを利用したりすることで費用を抑えることができます。

他には、奨学金を取得する方法もあるでしょう。現地でアルバイトやインターンをする手もありますが、給料が安い国なので、あまり現実的ではありません。

学校の設備・環境で選ぶ

マニラ留学においては、設備や環境の整った学校選びも大切です。費用や立地だけでなく、以下の条件も学校選びでは考慮するといいでしょう。

立地や治安

エリアごとの治安差が激しいのがマニラの特徴です。

語学学校の立地や、学校があるエリアの治安の良し悪しは事前に確認するようにしましょう。

設備の充実度

語学学校の設備の充実度は学習効率にも関わります。

教室に冷房は完備されているか、Wifiネット環境はどうか、自習室があるかなど留学中に勉強に集中できる環境なのかを知ることは重要です。

またリフレッシュや運動不足解消のためのジムが併設されている学校もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

セキュリティーは万全か

教室や寮の入り口で、警備員やIDカードによる治安対策が行なわれているかなどのセキュリティーが万全かどうかも事前に確認しましょう。

校則・門限といった学校ルールの把握も事前に行うことをお勧めします。

滞在方法で選ぶ

マニラ留学の際は、語学学校の提携先の寮に滞在することができます。立地は学校付近の場合が多く、交通の利便性は総じて高いです。

一人部屋か大人数部屋(ルームシェア)のどちらかが選べる場合があり、同じ学校に通う留学生と生活を共にすることができます。

通学を短くしたい人、ルームメイトとの日常会話を楽しみたい人は寮がお勧めです。

費用は月およそ3〜5万円前後で、語学学校のコースプランにあらかじめ費用として含まれていることもあります。

食事は費用として含まれている場合とそうでない場合があります。また、お風呂、掃除、ランドリーのルールや門限がある場合もあるので、事前にチェックするようにしましょう。

ホームステイ

ホームステイは、一般家庭(ホストファミリー)の空き部屋に滞在できるため、ホストファミリーとの英語での日常会話が可能なのが大きなメリットです。

その反面ホストファミリーとの良い関係性を築く必要があるため、お風呂、掃除、ランドリーなどの家事の手伝いを心がける必要もあります。

日本からのお土産を持っていくと、とても喜ばれることでしょう。

費用や通学に便利かどうかは立地によって左右しますが、おおむね寮と同じく月3〜5万円が相場です。

ホームステイの場合、1日1〜2食程度の食事はホストファミリーが用意してくれることが多いです。

シェアハウス・ルームシェア

シェアハウスや・ルームシェアはあまりマニラ留学では一般的ではないですが、最近では外国人が管理する場所や、Airbnbを利用することでコンドミニアム等でのシェア生活が可能です。

基本的に滞在費用は安く、最低では月2〜3万円程度の場所も探せば存在します。

寮と同じく、ルームメイトとの共同生活の中で日常会話を中心に英会話を鍛えられるのがメリットです。

デメリットとしては、食事、お風呂、掃除、ランドリー等のハウスルールを守らないとトラブルの元になってしまうところです。

また、場所によって設備のクオリティーがまちまちなので、事前に物件の下見をすることをお勧めします。

マニラ滞在方法

日本人比率・国籍比率で選ぶ

日本から近く、費用も安いマニラ留学を選ぶ日本人は増加傾向にあります。

留学先で日本人同士と固まってしまった挙句、英語の上達ができなかった話はよく聞かれます。

とはいえ、何かトラブルがあった際に、信頼できる日本人の友達の存在は必要です。

語学学校選びにおいては人数や国籍比率も重視し、ある程度の日本人が適度に在籍している場所がお勧めです。

日本人比率が全体1〜2割ほどの場所が良いでしょう。

加えて、日本人がいるクラスの定員が大規模なのか小規模なのか、少人数のクラスはあるのか、在籍している日本人の年齢層などもついでに把握しておくことをお勧めします。

お勧めの留学時期

夏休みの留学

日本の夏休み期間(7~9月)はマニラでは雨期のシーズンとなり、スコールと呼ばれるざっと降ってすぐに止む雨が夕方を中心に多い時期です。

水はけが悪い場所では洪水になることもあるので、注意が必要となります。

学校の休みが取りやすくなるこれらの時期には、10~20代の学生の留学生が、30~40代の社会人の留学生と比べると多くなりやすい傾向があります。

春休みの留学

春休み(3~4月)の留学は、マニラでは乾季にあたり、雨はほとんど降ることはありません。

ただし、気温が高い時期でもあるため、熱中症対策といった、体調管理には気をつけましょう。

夏休みと同様、学校の休みが取りやすくなる時期なので、10~20代の学生が多くなります。

冬休みの留学

冬休み(12〜1月)の留学は、マニラでは乾季となり、気温も比較的涼しめで1年の中で最も過ごしやすいシーズンといえます。

フィリピンはキリスト教国なので、クリスマスのイベントが盛大な盛り上がりをみせる時期です。

年末や正月のイベントもあるため、フィリピンの文化を肌で感じられる絶好のシーズンでしょう。

大学生の留学

大学生の場合は、夏休み・春休み・冬休みに行う短期留学が最も実現しやすい方法になります。

タイミングとしては、大学3年からは就活やインターンで忙しくなるため、大学1年〜大学2年の間がお勧めです。

また、大学4年の就活が終わってから留学をして、社会人になるまでに語学を磨く人もいます。

マニラ留学時期

お勧めの留学期間

お試し短期留学

将来的に海外移住や海外就職を考えている人へお勧めなのが1週間〜1ヶ月〜半年の短期留学です。

なぜなら、短期留学の場合は英語力アップのための下積みやちょっとした異文化体験のための期間として丁度よく、費用も安く抑えることができるからです。

一方で、遊び感覚で来てしまった場合は思ったほどの英語力アップには結びつかないことも多く、短期の場合は初心者が流暢な英語を操るまで成長を遂げるのはなかなか難しいでしょう。

本格的に英語を学ぶには長期留学がお勧め

半年〜1年以上の長期留学は本格的に英語を学びたい人、ビジネス英語のコース等でMBAの取得や海外現地就職を目指す人にお勧めです。

こうした英語学習は長期に渡る継続的な学習が必要であるためです。

一方、十分な費用があり、長期の海外生活が可能で本気で英語を学びたい向上心が無ければ長期での留学は控えた方が良いかもしれません。

自分の予算や目標にあった期間で充実した留学生活を目指しましょう。

マニラ留学期間

選び方がわからない人は診断サービスがお勧め

マニラにはEBを始めとした、格安で質の高い英語学校がたくさんあります。日本人経営の学校や、休日は家庭教師をお願いできる学校まで、費用を抑えながらも幅広い留学の選択ができるのが特徴です。

マカティなど発展した都市を好む人にマニラはおすすめ。治安を心配する人もいるかもしれませんが、たくさんある学校の中からセキュリティのしっかりした学校を選ぶことがマニラならできます。

しかし、学校選びは失敗できません。そこで無料で自分に合う学校を診断してくれるサービスの利用をお勧めします。予算や目的など希望条件を伝えるだけで、自分に合う学校を教えてもらうことできるので、非常に便利ですよ!

LINEで留学の相談をしてみる(無料)
学校診断で自分に合う学校を調べる(無料)

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

フィリピンに住みたいなら

フィリピンに住んでみたいと思ったことはないですか?
フィリピンで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『フィリピン生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

フィリピンで働く方法を知る

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

きりん
きりん

早稲田の文化構想学部。ベトナムのボランティア団体に所属。ベトナムの食文化や人々の温かさが大好きです。東南アジアの文化に興味がありますが、大学生のうちに英語圏での経験もつみたいのでオーストラリア留学を計画しています。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談