きりんのアイコンです

きりん

早稲田の文化構想学部。ベトナムのボランティア団体に所属。ベトナムの食文化や人々の温かさが大好きです。東南アジアの文化に興味がありますが、大学生のうちに英語圏での経験もつみたいのでオーストラリア留学を計画しています。

  • 記事作成数:6
  • 閲覧数:20858

書いた記事/作ったまとめ

  • 留学前から英語でニュースチェック!グローバル人材に共通している習慣とは?

    私が今まで出会った人の中で、「ああ、この人はグローバルに生きているかっこいい人だな。」と強く憧れた人には、ある共通点がありました。それは、「世界のニュースを毎日(英語で)読む習慣がある」ことです。ある人に「暇な時どんなことしてるの?」と尋ねた時、また別の人に「どうやったらそんなに英語が上達するの?」と尋ねた時、どちらも「世界のニュース見る/読むようにしてる」との答えが返ってきたのです。それはなぜでしょうか。また、彼らはどうやってニュースを日々追っているのでしょうか?

    きりん 2721 view
  • 留学したい大学生必見!留学をより充実させるために「オープン授業」を活用すべき5つの理由

    私が通う早稲田大学には、「全学共通オープン科目」という授業があります。どの学部の学生でも自由に履修できる、グローバルエデュケーションセンター、ボランティアセンター、留学センターといった大学の機関が提供している授業です。私はあまり国際的ではない文系学部に所属していますが、2年生の頃から学部授業だけでなくこのオープン授業を履習しています。こういった授業は留学を考えている学生にとってメリットがたくさん!そこで今回はTHE RYUGAKU読者にお伝えしたい、私がオープン授業を履修する5つの理由をご紹介します。

    きりん 2457 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5483 view
  • 世界中に友達を作りたいアナタへ!正しいジェスチャーの使いこなし術

    留学先で出会えるのは現地の人たちだけではありません。同じように留学に来ている世界各国の留学生とも交流できるのが、海外留学の醍醐味です!留学という限られた期間内に世界中の留学生と友達になって、帰国後もずっとつながっていられるような関係を築きたいですよね。そんなとき、あなたと留学生とのコミュニケーションをより円滑にするのがジェスチャー。国によっていろんな意味をもつジェスチャーを、留学先で使いこなす方法をご紹介します。

    きりん 3224 view
  • ケータイ世代の歌姫、西野カナに「英語」という強みを授けたアメリカ留学

    「あなたの好きなところ」「トリセツ」「会いたくて」ケータイ世代の歌姫として、絶大な人気を誇っている西野カナさん。彼女のアルバムにはカップリング曲も含め、英語詞の歌がたくさん盛り込まれており、その発音や、英語力の高さで有名になっています。そんな彼女、実は学生時代に2度のアメリカ留学をしているのですが、はたしてどのような海外経験をしてきたのでしょうか。

    きりん 1151 view
  • wwwは日本だけ?外国人にチャットで「(笑)」を伝える方法

    私にとって初めてできた外国の友達はベトナム人でした。彼女とSNSでチャットを楽しんでいて、いつも(笑)と表現しているところを、思わず「www」って打ってしまったんです。でもこれは日本のネットスラング。もちろん海外では通じません。ベトナムの友達からは「ウェブサイトのwww(ワールドワイドウェブ)?」と聞かれてしまいました(笑)。今回は外国人に「(笑)」の気持ちを伝える方法をご紹介します。

    きりん 5822 view