バンコク都心部で電車に乗って行ける有名なお寺3選

2032

View

Wikimedia Commons

タイでは王室によって1級から3級まで格付けされている王室認定寺院から、古い歴史や逸話のある寺院、または有名な高僧がいる寺院など実にさまざまなお寺があります。ここではバンコク市内の都心部にあるお寺の中でもBTS(スカイトレイン)やMRTに乗って簡単に行くことのできる3つの寺院を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.スクンビット通りにあるBTSから降りて徒歩圏内のお寺「วัดธาตุทอง(ワット・タートン)」

BTSエカマイ駅で奇数側のソイの方へ降りてから、そのままソイ65/1あたりまで行くとあるワット・タートン。昔からこの土地には沢山の菩提樹が生えていました。タイでは菩提樹は神聖な樹のため、切る場合には僧侶が儀式をおこなう必要があります。そのため持ち主が切らずに菩提樹を残し、そのままお寺にしたと言われています。

ワット・タートンの基本情報

住所:1325 Sukhumvit Rd, Phra Khanong Nuea, Watthana, Bangkok
電話:02 391 9616

2.MRTから徒歩0分「วัดหัวลำโพง(ワット・フアランポーン)」

ここはバンコクの地下鉄MRTのサムヤーン駅の1番出口から出て目の前にあるお寺です。こちらは王室に認定されてるお寺の一つです。このワット・フアランポーンが有名なのは無縁仏、いわゆる親族のいない遺体を供養することができるため、功徳が多く積めると言われています。他にも境内には水牛に餌を与えるというタンブンをする事もできます。

ワット・フアランポーンの基本情報

住所:728 ถนน พระรามที่ 4 Si Phraya, Bang Rak, Bangkok
電話:02 233 8109

スポンサーリンク

3.サイアムパラゴンから徒歩で行ける都心のオアシス「วัดปทุมวนาราม(ワット・パトゥムワナラーム)」

BTSサイアム駅からサイアムパラゴン側に出て、そのままセントラルワールド方面に歩いていくとある大きなお寺。このお寺も王室から認定されており、まれに王女様などが催事で来られることもある由緒あるお寺です。大きな敷地内には沢山の木が生い茂り、リスなどの小動物の姿も見られます。境内に居ると、とてもバンコクの大型デパートがある地域とは思えない、のんびりとした時間が過ごせます。

ワット・パトゥムワナラームの基本情報

住所:969 Rama 1 Rd, Pathumwan,, Bangkok
電話:02 251 6469

まとめ

ガイドブックにはこれ以外にも多くの寺院が載っています。しかしバンコクで有名な王宮周辺に行くとなると交通渋滞に加え、タクシーやトゥクトゥク(タイの3輪バイク)との金額交渉が必要で慣れないと、嫌な思いをすることもあるでしょう。留学生の皆さまも、まずはこういった公共交通で行くことができる寺院に行ってみてはどうでしょうか?

リンク
タイでお寺に行くときに覚えておきたい参拝作法と注意点
魚を放流?小鳥を逃す?タイのお寺で体験できる「タンブン」とは?

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3555 view
  • カナダ滞在者必見!タダで映画が見られてお得な「SCENEカード」

    日本人のように(?)ポイントカードが大好きなことで有名なカナダ人。ここでは、そんなカナダで生活するならぜひチェックしておきたい、お得な「SCENEカード」についてご紹介します。

    eplm 3136 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 2990 view
  • 世界18ヵ国の美人基準はこれだ!これからは恋人探しもグローバルに?

    私が生活しているセブでは美人の基準が日本とは異なります。フィリピンに限らず、お国が変われば美人の基準も異なるようです。日本ではコンプレックスだった部分が、違う国ではキュートだと歓迎されることもあります。そこで今回は、「美人」に関した面白い研究結果を交えてお話ししたいと思います。

    ケン 59635 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • レジャー
  • 寺院
  • ワット・タートン
  • ワット・パトゥムワナラーム
  • ワット・フアランポーン

この記事を書いた人

Namyam
Namyam

タイ在住。タイの南部からバンコクに引っ越してきました。お寺巡りとプラクルアン集めが趣味。休暇はタイの南の島でシュノーケリングするのがお決まりの過ごし方。