トフィーノ観光1日モデルコース!バンクーバーから行くお勧め小旅行

2949

View

バンクーバーからの観光地、リゾート地として人気のある「トフィーノ」。ここでは、そんなトフィーノに行くなら絶対に外せない人気スポットをカバーする、おすすめのモデルコースについてご紹介します。

スポンサーリンク

モデルコースについて

このモデルコースは、トフィーノ地方の人気スポットをできる限りカバーするように組み立ててあります。南のUclueletから北のトフィーノまで、各ポイントをカバーしながら、北上するコースです。私がトフィーノに旅行した際に実証済みなので、安心して使っていただけるかと思います。

8:00 Uclueletに向けて出発

トフィーノの大自然を一番満喫できるのは、やっぱり太陽の出ている日中の間。1日を無駄にしないためにも、朝早く出発しましょう!

8:40 Ucluelet到着

Wild Pacific Trailからの眺め

Uclueletでは、Wild Pacific Trailという短めのハイキングコースがおすすめ。多数あるビューポイントからは、広々とした太平洋と、トフィーノの小さな島々を一望できます。

10:00 Long Beach

ロングビーチの様子

Long Beachは、その名の通り、全長約16キロのとっても長〜いビーチ。太平洋の波が打ち寄せるこの遠浅のビーチは、サーファーたちの間で絶大な人気があります。

ビーチはとてもよく整備されていて、それぞれ異なる地点に4つの駐車場、1つのビューポイント、1つのキャンプ場があります。南側にあるビジターセンター(Kwisitis Visitor Centre)の隣には、とっても眺めの良いレストラン・カフェがあるので、一休みにもおすすめです。

また、Long Beachは国立公園内になります。忘れずにパスを購入し、車内の見える位置に提示してから車を離れましょう。

12:30 Rain forest trail

Rain forest trailの様子

Long Beachのやや南側には、Rain forest trailというトレイルがあります。道路を挟んで2つのコースがありますが、駐車場のあるビーチ側の方がおすすめ。ここは、Rain forest(雨林)という名前の通り、珍しい草木やカエルや鳥などの野生動物の宝庫になっています。

トレイル内は川も流れ、マイナスイオンもたっぷり。全身で自然を感じることができます。

スポンサーリンク

14:00 Tacofinoでランチ

Tacofinoのトラックの前の様子

大人気のフードトラック、Tacofinoでフレッシュなフィッシュタコスをいただきます。

行列必至のお店なので、迷ったら多めにオーダーしてしまいましょう。私のような食いしん坊女子なら、2.5〜3個はぺろっと食べてしまえますよ(笑)。

※『海の街「トフィーノ」お勧めレストラン3選!バンクーバーからリゾート旅行に!』の記事で、私が実際に食べた絶品タコスを紹介しています。

15:00 Chesterman Beach

Chesterman Beachの様子

Chesterman Beachへは、ぜひ引き潮時を見計らって行ってみましょう。例えば、引き潮が朝の場合は、モデルルートの朝一番(Uclueletの前)、または帰る日の朝などに組み込むとよいでしょう。というのも、Chesterman Beachは北側と南側とに分かれていて、両側を繋ぎ、Frank Islandという離島へ渡れるのが、引き潮時だけだからなんです。

Frank Islandにはいくつかの民家があり、基本的には私有地ですが、一部(岩場)を歩くことができます。民家の中には、朝食を出すお店をやっているところもあるとか。満ち潮のときは、休業するのでしょうか(笑)。

17:00 Mackenzie Beach

Mackenzie Beachとその前のコテージ

Mackenzie Beachの目の前には、素敵な高級コテージがあります。遠浅で、波が穏やかなこのビーチは、パドルボードなどのウォータースポーツにぴったり。

また、近くに浮かぶ島々をも望むことができるビーチは、1日を締めくくるトフィーノの美しい夕日を眺めるのに最適です。ぜひ、暖かい服やジャケットを持参して、夕暮れまで長居しましょう。

20:00 トフィーノの宿へ

Tofino Trek Innのプライベートベッドルームの様子

私の滞在したTofino Trek Innのような宿なら、キッチンでサッと自炊が可能。また、滞在中の他のゲストと夕食後の団欒も楽しめるのも、嬉しいポイントです。

キッチンのない宿に滞在している方は、トフィーノの海の幸が楽しめるお寿司やシーフードのお店、または人気のバーガーやフィッシュ&チップスを試してみると良いでしょう。

夕食が済んで、もし時間があれば外に出て星を眺めるのもおすすめ。自然あふれるトフィーノでは、快晴の日には満天の星空を見ることができます。翌日に備えて、早めに休みましょう。

※ 私が宿泊したTofino Trek Innについては『バンクーバー・ビクトリアからの小旅行!トフィーノでおすすめのB&B「Tofino Trek Inn」』の記事で詳しく紹介しています。

まとめ

海と山のアクティビティの宝庫、トフィーノ。このモデルコースを使えば、1日で主要な観光スポットをほぼカバーできます。残りの滞在日は、野外でのアクティビティや、ツアーなどに使うことができるでしょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4243 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1229 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。