駅や病院はオランダ語で何という?場所に関するオランダ語9選

907

View

Wikimedia Commons

海外に住んでいると、場所に関する単語というのは日常生活でもとても大切だということを実感します。今回は駅や病院など、場所に関するオランダ語と、その場所に関する豆知識を合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

1.駅

オランダ語で駅は「station(スタション)」といいます。英語とスペルは同じですが発音が異なります。多くのオランダ人も電車を利用しアムステルダムやロッテルダムなどの都市へ行くので、観光客でにぎわっています。

余談ですが、本記事のメインの写真はロッテルダム駅の写真です。デザインの評価が高く機会がありましたら一度見てみてください。

2.病院

病院はオランダ語で「ziekenhuis(ジックンハウス)」といいます。「ziek(ジック)」は病気という意味で「huis(ハウス)」は家という意味です。

オランダでは日本と違い風邪などですぐに病院へ行くのではなく、ハウスドクターへ連絡して診察を受けます。その後もっと検査や治療が必要の場合に病院へ行くことがあります。

3.警察署

警察署はオランダ語で「police station(ポリス スタション)」といいます。オランダでは日本と違い交番が多いわけではありません。また、警察官はパトカーでも巡回していますが自転車での巡回も多いです。旅行の際など、何か不安がある方は、あらかじめ警察署の場所の確認することをお勧めします。

4.公園

公園はオランダ語で「park(パァク)」といいます。英語とほぼ同じです。オランダは公園も多く噴水がある場所もあります。期間が限られていて有料となりますが、沢山のチューリップが咲いているキューケンホフ公園も有名でおすすめの場所です。

5.映画館

映画館はオランダ語で「bioscoop(ビオスコープ)」といいます。オランダの映画はアメリカの映画については子供向け以外英語で上映されオランダ語字幕となっています。オランダ語が難しく理解できなくても英語が理解できていればオランダで映画も楽しむことができます。チケットの値段も日本より安いです。

スポンサーリンク

6.図書館

図書館はオランダ語で「bibliotheek(ビブリオテーク)」といいます。オランダの図書館は1年間の利用で、本を借りる場合は有料となっています。また何冊まで借りれていくらという設定もあります。図書館へ入るだけ、また、図書館内で本を読むのは無料です。

利用する地域でも条件は異なるので事前にウェブサイトなどで確認すると良いでしょう。

7.スーパー

スーパーはオランダ語で「supermarkt(スーパーマークトゥ)」といいます。オランダではスーパーも多くよく利用します。商品もお買い得などもあり便利です。

8.美術館

美術館はオランダ語で「museum(ミュジェアム)」といいます。英語とスペルが同じですが発音が少し異なります。オランダはオランダ出身の画家も多く、観光として美術館も楽しめます。

9.ホテル

オランダ語でホテルは「hotel(ホテェル)」といいます。観光シーズンはホテルが取れにくいことが多く値段も高くなる場合もあるので、オランダにお越しの際もお早目のホテル予約をお勧めします。

まとめ

今回は場所に関するオランダ語を紹介しました。留学時にはもちろん、旅行に来られた際や長期滞在時に上記の単語を知っていることで、オランダ滞在のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Nahoko
Nahoko

はじめまして。現在オランダ人の彼と彼の家族とオランダに住んでいます。趣味は読書、映画鑑賞です。オランダ語と英語を学んでいます。記事を通してオランダのことを多くの方に伝えられたらと思っています。宜しくお願いします。

http://www.naho-blog.com/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)