「おはよう」から「さようなら」まで。ドイツ語の挨拶で使われる単語&フレーズ15選

1753

View

今回は初めてドイツ語に触れる方向けに、挨拶や基本的なやり取りで使われるドイツ語の単語とフレーズをご紹介します。

スポンサーリンク

ドイツ語の挨拶

1.おはよう

「おはよう」はドイツ語では「Guten Morgen(グーテン モルゲン)」と言います。英語のgood morningと同じ構造で、「gut(よい)」と「Morgen(朝)」という単語の組み合わせです。

ちなみに、ドイツ語では名詞の頭文字は大文字で表記します。なので、朝を意味する「Morgen」のMは大文字にします。

2.こんにちは

日中の挨拶は「Guten Tag(グーテン ターク)」です。「Tag」は一日、日という意味です。ややかしこまった言い方です。

3.こんばんは

夕方以降は「Guten Abend(グーテン アーベン)」と言います。「Abend」は晩、夕方という意味です。

4.人と会ったときの挨拶

Guten Tagよりもややカジュアルな表現の「Hallo(ハロー)」はよく使われます。お店に入るとき、知人に会った時などに好まれる表現です。

5.さようなら

さようならは「Auf Wiedersehen(アウフ ウィダゼン)」です。直訳すると「また会うときまで」という意味で、実際に顔を合わせているときに使います。

電話では顔を合わせていないので、「またあなたの声を聞くときまで」と言う意味で「Auf Wiederhören(アウフ ウィダホーレン)」と言います。

6.バイバイ

カジュアルな別れの挨拶は「Tschüss(チュース)」です。

質問と応答

続いて、簡単なドイツ語のやり取りを紹介します。

7.元気ですか?

ドイツ語では、日本語と同様に敬語の概念があり、2人称(「あなた」を意味する言葉)を相手によって使い分けます。

目上の方への挨拶では「Wie geht es Ihnen? (ヴィー ゲーツ エス イネン?)」と尋ねます。友人や親しい人には「Wie geht es dir? (ヴィー ゲーツ エス ディア?)」と言いましょう。

8.元気です

こちらは敬称の使い分けがなく、共通で「Gut, danke(グット、ダンケ)」と答えます。

9.元気ではないです

「いまいちかな」というときは「Nicht so gut(ニヒト ソー グット)」と言います。ドイツでは「元気ですか?」という問いに対して、正直に答える文化があります。調子が悪ければ、その旨を伝えて大丈夫です。

10.はい

「はい」は「Ja(ヤー)」と言います。

11.いいえ

「いいえ」は「Nein(ナイン)」です。

スポンサーリンク

その他で言えるようになりたいフレーズ

最後にドイツ語で言えるようにしておくと便利なフレーズをご紹介します。

12.ありがとう

ドイツ語の「ありがとう」は「Danke(ダンケ)」です。「ありがとうございます」と丁寧に表現したい場合は「Danke schön(ダンケシェーン)」と言います。

13.どういたしまして

「どういたしまして」は「Bitte(ビッテ)」です。「Danke schön」の返答には、「Bitte schön(ビッテ シェーン)」と、こちらも丁寧に返しましょう。

14.どうぞ

ドイツ語では「どうぞ」も「Bitte」「Bitte schön」と表現します。レストランで料理を運んできた店員は「Bitte schön」と言います。道や席を譲る際には「Bitte」と言って、手で道や席を示すとよいでしょう。

15.ごめんなさい

「ごめんなさい」は「Es tut mir leid(エストゥットミアライド)」と言います。これは、英語の「I’m sorry」と同様に、本当に悪いことをしたときだけ使います。街で軽く人にぶつかったり、混んでいる所を通る程度でしたら、「すみません」という意味の「Entschuldigung(エンシューディグン)」を使います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、旅行や留学初期に覚えておくべき基本のドイツ語をご紹介しました。ドイツでは英語が通じる所も多いですが、ドイツ語を話そうとする姿勢が見えると、現地の方は喜んでくれますよ。是非、ご参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

hana
hana

ミュンヘン生活2年目、海外生活11年目の日英バイリンガル。ただいまドイツ語勉強中です。海外生活を自分らしく・ハッピーに楽しむコツ、そしてミュンヘンのお役立ち情報をお届けします!

http://hanamlife.blog.fc2.com/