「最初の」「第2の」はフランス語で?毎日使うフランス語の数字序数

890

View

序数とは、物事の順序や順番を表す、英語でいうところの「First(一番目)」「Second(二番目)」に当たる数詞です。ここではフランス語の序数について説明します。

スポンサーリンク

フランス語の序数は「基数 + ème(もしくはe)」がベース

「○番目」を表すフランス語の序数は、基本的に基数の後に「ème(もしくはe)」を付けるのがベースになっているので、基数を確実に覚えてから序数を覚えましよう。その方が簡単です。

1から29までのフランス語の序数

1から29までのフランス語の序数は以下の通りです。1〜3については複数の単語があります。

最初の / 第1の

フランス語で「最初の / 第1の」は「premier / 1er(プルミエ)」、または「première / 1ère(プルミエル)」と表現します。

第2の

フランス語で「第2の」は「deuxième / 2ème(ドゥジエム)」、または「second /2nd(スゴン)」、「seconde / 2nde(スゴンド)」と表現します。

第3の

フランス語で「第3の」は「troisième / 3ème(トルワジエム)」、または「tiers (ティエル)」、「tierce(ティエルス)」と表現します。

第4の

フランス語で「第4の」は「quatrième / 4ème(キャトリエム)」と表現します。

第5の

フランス語で「第5の」は「cinquième / 5ème(サンキエム)」と表現します。

第6の

フランス語で「第6の」は「sixième / 6ème(シジエム)」と表現します。

第7の

フランス語で「第7の」は「septième / 7ème(セティエム)」と表現します。

第8の

フランス語で「第8の」は「huitième / 8ème(ユイティエム)」と表現します。

第9の

フランス語で「第9の」は「neuvième / 9ème(ヌヴィエム)」と表現します。

第10の

フランス語で「第10の」は「dixième / 10ème(ディジエム)」と表現します。

第11の

フランス語で「第11の」は「onzième / 11ème(オンジエム)」と表現します。

第12の

フランス語で「第12の」は「douzième / 12ème(ドゥジエム)」と表現します。

第13の

フランス語で「第13の」は「treizième / 13ème(トレジエム)」と表現します。

第14の

フランス語で「第14の」は「quatorzième / 14ème(カトルジエム)」と表現します。

第15の

フランス語で「第15の」は「quinzième / 15ème(カンジエム)」と表現します。

第16の

フランス語で「第16の」は「seizième / 16ème(セジエム)」と表現します。

第17の

フランス語で「第17の」は「dix-septième / 17ème(ディセッティエム)」と表現します。

第18の

フランス語で「第18の」は「dix-huitième / 18ème(ディジュイティエム)」と表現します。

第19の

フランス語で「第19の」は「dix-neuvième / 19ème(ディズヌヴィエム)」と表現します。

第20の

フランス語で「第20の」は「vingtième / 20ème(ヴァンティエム)」と表現します。

第21の

フランス語で「第21の」は「vingt et unième / 21ème(ヴァンテユニエム)」と表現します。

第22の

フランス語で「第22の」は「vingt-deuxième / 22ème(ヴァンドゥジエム)」と表現します。

第23の

フランス語で「第23の」は「vingt-troisième / 23ème(ヴァントルワジエム)」と表現します。

第24の

フランス語で「第24の」は「vingt-quatrième / 24ème(ヴァンカトリエム)」と表現します。

第25の

フランス語で「第25の」は「vingt-cinquième / 25ème(ヴァンサンキエム)」と表現します。

第26の

フランス語で「第26の」は「vingt-sixième / 26ème(ヴァンシジエム)」と表現します。

第27の

フランス語で「第27の」は「vingt-septième / 27ème(ヴァンセティエム)」と表現します。

第28の

フランス語で「第28の」は「vingt-huitième / 28ème(ヴァンテュイティエム)」と表現します。

第29の

フランス語で「第29の」は「vingt-neuvième / 29ème(ヴァンヌヴィエム)」と表現します。

スポンサーリンク

30以降のフランス語の序数

30以降のフランス語の序数は以下の通りです。一の位については以下の数字を付けます。例えば、フランス語で31の序数は「quarantième et unième(31ème)」となります。

第30の

フランス語で「第30の」は「trentième / 30ème(トランティエム)」と表現します。

第31の

フランス語で「第31の」は「trente et unième / 31ème(トランテユニエム)」と表現します。

第32の

フランス語で「第32の」は「trente-deuxième / 32ème(トラントドゥジエム)」と表現します。

第33の

フランス語で「第33の」は「trente-troisième / 33ème(トラントトルワジエム)」と表現します。

第34の

フランス語で「第34の」は「trente-quatrième / 34ème(トラントキャトリエム)」と表現します。

第35の

フランス語で「第35の」は「trente-cinquième / 35ème(トラントサンキエム)」と表現します。

第36の

フランス語で「第36の」は「trente-sixième / 36ème(トラントシジエム)」と表現します。

第37の

フランス語で「第37の」は「trente-septième / 37ème(トラントセティエム)」と表現します。

第38の

フランス語で「第38の」は「trente-huitième / 38ème(トラントユイティエム)」と表現します。

第39の

フランス語で「第39の」は「trente-neuvième / 39ème(トラントヌヴィエム)」と表現します。

第40の

フランス語で「第40の」は「quarantième / 40ème(カランティエム)」と表現します。

第50の

フランス語で「第50の」は「cinquantième / 50ème(サンカンティエム)」と表現します。

第60の

フランス語で「第60の」は「csoixantième / 60ème(スワソンティエム)」と表現します。

第70の

フランス語で「第70の」は「soixante-dixième / 70ème(スワソンテディズイエム)」と表現します。

第80の

フランス語で「第80の」は「quatre-vingtième / 80ème(キャトルヴァンティエム)」と表現します。

第90の

フランス語で「第90の」は「quatre-vingt-dixième / 90ème(カトルバンディズィエム)」と表現します。

第100の(第百の)

フランス語で「第100の」は「centième / 100ème(センチエム)」と表現します。

第1000の(第千の)

フランス語で「第1000の」は「millième / 1,000ème(ミリエム)」と表現します。

第10000の(第一万の)

フランス語で「第10000の」は「Dix-millième / 10,000ème(ディ ミリエム)」と表現します。

第100000の(第十万の)

フランス語で「第100000の」は「Cent-millième / 100,000ème(サン ミリエム)」と表現します。

30以降の一の位に付ける序数の値

数字+1番目

フランス語で、一の位を「et unième」とする序数で「〜と1番目」を表現します。

数字+2番目

フランス語で、一の位を「-deuxième」とする序数で「〜と2番目」を表現します。

数字+3番目

フランス語で、一の位を「-troisième」とする序数で「〜と3番目」を表現します。

数字+4番目

フランス語で、一の位を「-quatrième」とする序数で「〜と4番目」を表現します。

数字+5番目

フランス語で、一の位を「-cinquième」とする序数で「〜と5番目」を表現します。

数字+6番目

フランス語で、一の位を「-sixième」とする序数で「〜と6番目」を表現します。

数字+7番目

フランス語で、一の位を「-septième」とする序数で「〜と7番目」を表現します。

数字+8番目

フランス語で、一の位を「-huitième」とする序数で「〜と8番目」を表現します。

数字+9番目

フランス語で、一の位を「-neuvième」とする序数で「〜と9番目」を表現します。

まとめ

いかがでしたか?基数よりも、簡単ですね。基本の数字が出来れば、日常生活も楽になりますよ。

関連リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2817 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5878 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3093 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4908 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/