70〜90の数字をフランス語で言える?毎日使うフランス語の数字基数

853

View

Andy Maguire

前回は1〜60までの基数をご紹介しましたが、覚えられましたか?数字の基本が覚えられたら、ここからは少し楽になります。

スポンサーリンク

フランス語の数字は70から計算式に

前回の記事「0〜60の数字をフランス語で言える?毎日使うフランス語の数字基数」の続きです。ここではフランス語の数字の「70〜100」を説明します。

フランス語の数字の表現について、70からは文法的には計算式になります。計算式方式の数字の表現については、最初は理屈で構造を把握したあとは、丸暗記に限ります。

70〜79のフランス語

70からは、60(soixante)に10桁の数字(10〜19)までの数字を足し算して、70〜79を表現します。

70

フランス語で数字の「70」は「soixanteーdix(スワソントゥディス)」です。「soixante(60) + dix(10)」の組み合わせです。

71

フランス語で数字の「71」は「soixante et onze(スワソンテオンズ)」です。「soixante(60) + onze(11)」の組み合わせです。「et」を忘れずに!

72

フランス語で数字の「70」は「soixante-douze(スワソントゥドゥズ)」です。「soixante(60) + douze(12)」の組み合わせです。

スポンサーリンク

80〜89のフランス語

80からは「4×20=80」とし、1〜9までの数字を足して、80〜89までを表現します。81からは「et」がなくなり、「quatre-vingt-un(カトルヴァンアン)」のように「ー(ハイフン)」で数字をつなぎます。

80

フランス語で数字の「80」は「quatre-vingts(カトゥルヴァン)」です。「quatre(4) × vingts(20)」の組み合わせです。「vingts」の最後の「s」を忘れずに!

81

フランス語で数字の「81」は「quatre-vingt-un(トランテエアン)」です。「quatre(4) × vingts(20) + un(1)」の組み合わせです。「vingt」の最後の「s」が81からなくなり、一桁の1に「et」を付けません。

82

フランス語で数字の「82」は「quatre-vingtーdeux(カトルヴァンドゥ)」です。「quatre(4) × vingts(20) + deux(2) 」の組み合わせです。

90〜99のフランス語

90からは「4×20=80」に、10〜19の数字を足して、91〜99までを表現します。

90

フランス語で数字の「90」は「quatre-vingt-dix(カトルヴァンディズ)」です。「quatre(4) × vingts(20) + dix(10) 」の組み合わせです。「vingt」の最後の「s」は90から付けません。

91

フランス語で数字の「91」は「quatre-vingtーonze(カトルヴァンオンズ)」です。「quatre(4) × vingts(20) + onze(11) 」の組み合わせです。

92

フランス語で数字の「92」は「quatre-vingt-douze(カトルヴァンドゥズ)」です。「quatre(4) × vingts(20) + douze(12) 」の組み合わせです。

まとめ

70からの計算式の数の数え方は、少し難しいと思います。一つの数字を思い出すのに、計算式を思い浮かべるのは効率が悪いので、70からは、最初の数字の構造だけは頭に叩きこんでしまいましよう。

関連リンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!