「3.14」は英語で?!しっかりマスターしたい「小数」の英語

2536

View

英語での数学的な表現がなかなか理解できなくて困っている、という英語学習者の方は多いのでは。ここでは、できるだけ多くの例文を交えながら、そんな「小数」の英語をご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

前回までに、「3×5=15」は英語で?!計算に関する英語の表現集「2倍の収益」は英語で?!しっかりマスターしたい「倍数」の英語「3分の2」は英語で?!しっかりマスターしたい「分数」の英語と数学的な英語の表現についてご紹介してきました。今回はこの続編として、英語の「分数」についてを例文を交えながらご紹介します。

英語の小数

英語では「小数」は、「decimal」といいます。数字に挟まれて出てくる小数点「.」は「point」と読みます。

スポンサーリンク

「1.5」=「one point five」

「1.5」など、小数点以下1桁の少数の場合は、シンプルに「one point five」でOKです。

例1)He thought of his one point five million dollar apartment.
訳1)彼は、彼の150万ドルのアパートのことを考えた。

例2)How would life be different if days were one point five times longer?
訳2)もし1日が1.5倍の長さだったとしたら、人生はどのように違っているだろうか?

例3)The train has 9 carriages and is one point five times longer than a tube train.
訳3)その列車は9両編成で、地下鉄の列車よりも1.5倍長い。

例4)If using public transport takes one point five times longer than travelling by car…
訳4)もし公共交通機関を使うと、車で移動するよりも1.5倍長い時間がかかるならば、

「0.14」=「zero point one four(またはfourteen)」

「0.14」など、小数点以下2桁の小数の場合は、「zero point fourteen」または「zero point one four」などいいます。「zero」は「oh」とも読まれるので、「oh point one four」「oh point fourteen」といった読み方も可能です。小数点以下が3桁以上の場合は、そのまま数字を読み上げます(「1.2345」なら「one point two three four five」など)。

例1)A range of deviation of only plus or minus three point oh six.
訳1)プラスマイナス3.06だけの偏差の範囲。

例2)These only have about seventy calories and zero point fifty two grams saturated fats.
訳2)これらは、たった70カロリーと、0.52gの飽和脂肪しかない。

例3)It takes one point two eight times more energy to go a mile on gasoline than it does on E85, a new type of fuel.
訳3)1マイル進むのに、ガソリンでは、新しいタイプの燃料であるE85(が消費する)よりも1.28倍多いエネルギーを消費する。

まとめ

小数点は分数などと違って、あまりややこしいことはありません。小数点が出てきたときも戸惑わずに「point」と言えるとよいですね。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。