どんなお土産が喜ばれる?ドイツで買いたいオススメのお土産10選

8353

View

旅行でも留学終わりでも、何を買えば良いのか悩むお土産事情。ドイツで買ったら喜ばれそうなお土産を10個、さらにハンブルクを中心にお土産を買うオススメ店舗をご紹介します。

スポンサーリンク

1.ハンドクリーム類・植物オイル

何も美容だからといって女性のみに喜ばれるものだけではありません!

ドイツ発祥の「NIVEA」、日本で買うと高い「Neutrogena」や「Weleda」など、現地・欧米ブランドのものが豊富にあります。

オーガニックや植物由来が多いドイツ製品では、大手ドラッグストアにて植物オイルもお手頃に買えます。マッサージ、ヘアケア、ベビーケアなどに大変人気です。

<参考コスメブランド>

benecos

ドイツで買えるハンドクリームとボディウォッシュ

(↑愛用のハンドクリームとボディウォッシュ。kamilの携帯ハンドクリームは1€で購入可能。 )

2.バスソルト

日本でも人気の「Kneip」、現地の薬局ブランド「tetesept」「Dressden Essens」「ISANA」など。小分けソルトからどっしり缶詰めのソルトまで、現地スーパー、薬局、デパートにて購入可能です。

バスソルト

(↑全て1パック1€前後で購入可能。)

3.ポケットティッシュ

不思議に思うかもしれませんが、ドイツのポケットティッシュは風景からキャラものまで、なかなか可愛いです。

ポケットティッシュ

4.チョコレート

ドイツビールやじゃがいもに次ぎ、大量に選べるチョコレート。地元スーパーで1€前後の安いものから、お高い15€前後のブランドチョコまで。

<有名チョコブランド>

Milka
Ritter
スイスブランドのLindt

チョコレート

5.ナッツ・ドライフルーツ

こちらもチョコと同様、どれだけあるのかと問いたくなるくらい至るところに売っています。地元スーパーで1.5€程のものから、専門店、デパートにて10€程。

<筆者のお気に入り>

・Gebrannte Mandeln
上の写真の真ん中にある、カカオまたは砂糖や蜂蜜でコーティングされた炒りアーモンド。その他にもカシューナッツやピーナッツなど、色んな種類があり美味しいです。

・Studentenfutter
小分け袋にナッツ・ドライフルーツ・チョコチップが入った色んな味が楽しめるお菓子で、持ち運び、配りやすさ共に良いです。

6.マジパン

「Marzipan(マジパン)」という甘い練り菓子。これは日本人には好き嫌いが分かれるお菓子ですが、ドイツの名産であり、筆者はなかなか好きです。

Lübeckのマジパンブランド「NIEDEREGGER」などが有名。

Marzipan(マジパン)

スポンサーリンク

7.グミ

ドイツの有名グミ「Haribo」をはじめグミ専門店「Bären Treff」もあるほど。スーパーにも沢山あるし、専門店ではより可愛いデザインや試食をしながら買えるのが魅力です。

8.ハーブティー・コーヒー

スーパー、ドラッグストア、レストラン、専門店など至る所で売っているハーブティーやコーヒーの数々。コーヒーはチョコレートの「Milka」とコラボしていたり、安く量のあるアメリカンコーヒーも売ってたりします。

紅茶専門店はそれぞれ中国のお茶、インドのお茶、フランスのお茶などを主に売っているお店が多いですが、筆者のオススメはドラッグストアのハーブティーです。

常に十数種類、大きな所だと数十種類のハーブティやチャイ、時には抹茶も置いてあります。風邪予防や諸症状の改善の為のハーブティも。

ハーブティー・コーヒー

(↑筆者愛飲のお茶達。ティーパックケースも可愛い物が沢山売っている。)

9.マグカップ類

マグカップ、小皿、ビールカップなど街の名所がしっかり描かれた商品は、いつまでも飾っておける嬉しいお土産です。

マグカップ類

10.テディベア

言わずと知れたSteif製のテディベアはオススメです。他のお店でも可愛らしいベアモチーフのキーホルダーや低価格なテディベアなど、色んな種類の雑貨が売っています。

お土産が買える専門店やデパートなど

ここまでご紹介したオススメのお土産は、スーパーやドラッグストアで購入できるがほとんどです。そこで、その他にもお土産を買うのにオススメのお店をご紹介します。

■arko

arko」は、ドイツ語圏の都市を中心に店舗の多いプラリネチョコレート専門店。チョコ以外にもナッツやクッキーやマジパンなど、ドイツ名産のお菓子が可愛い包装で売られています。

個人で少しリッチなおやつを買いに来るマダム、若者はもちろん、お土産やプレゼントに最適な可愛いお店です。プレゼント用の包装もしてくれます。

■NIVEAハウス

ハンブルクの名所アルスター湖の目先に立つ「NIVEA」。ショップギフトとしてもプライベートとしても、ぜひ訪れたいお店です。

■Europa passage

ハンブルクの市庁舎の最寄り駅と繋がっている「Europa passage(オイロパ・パッサージュ)」。トレンドのヤングファッションから高級ブランド、服飾品、お土産、スーパー、ファストフード、レストランまであらゆるお店が入っています。

■Alsterhaus / Karastadt(デパート)

Alsterhaus」や「Karastadt」では、欧米各国の質の良いブランド衣類、服飾、化粧品、香水、時計、お菓子が揃っています。化粧品、香水、時計コーナーには日本のブランドも。

■Douglas(化粧品専門店)

高めのブランドコスメや香水が欲しければ「Douglas」へ。セール品、サンプル品は手頃に買え、日本の香水、化粧品も売っています。

■FOSSIL

ドイツの老舗服飾ブランドで、ハンブルクにはデパート内の他に路面店もあり。シンプルでヴィンテージな革製品や時計などが買えます。

■本屋さん・KIOSK

本屋さんをオススメするのは、ポストカードからマグネット、大きい所ではマグカップ、水筒、傘など…実に多くのご当地グッズが売っているのです。また、ドイツのコンビニ代わり「KIOSK」も店によってお土産グッズがあり、時間が無い時の味方です。

最後に

以上、ドイツで買いたいお土産10選をご紹介しました。実はスーパーで買えてしまうものが沢山ですが、いかがでしたでしょうか。飛行機に乗らなければお酒を買いたいところです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ブランド
  • チョコレート
  • コーヒー
  • 紅茶
  • お土産
  • お菓子
  • コスメ
  • KIOSK
  • Bären Treff
  • マジパン
  • Milka
  • testacs
  • 植物オイル
  • Douglas
  • arko
  • Lübeck
  • ナッツ
  • ISANA
  • benecos
  • NIVEA
  • Karastadt
  • オイロパ・パッサージュ
  • Haribo
  • Studentenfutter
  • ポケットティッシュ
  • Kneip
  • ハンドクリーム
  • FOSSIL
  • ハーブティー
  • Marzipan
  • Ritter
  • Dressden Essens
  • Weleda
  • Lindt
  • Alsterhaus
  • Europa passage
  • グミ
  • Gebrannte Mandeln
  • バスソルト
  • kamil

この記事を書いた人

ユミナリ
ユミナリ

ハンブルクに音楽留学中の20代。音楽に親しんで13年目。趣味はクラシックからロックまで音楽、舞台、映画鑑賞、グルメ、スポーツ、旅行、書道、ペット。

http://mondundsonnen.blogspot.de/