カルキ汚れに注意!スペイン・バルセロナの水事情

1350

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

私の生活するバルセロナ・カタルーニャ地方の水事情をレポートします。水道水は飲むことができるのかについてや、水道水を生活用水として使用する際の注意点、ミネラルウォーターの相場などについてお伝えします。

スポンサーリンク

スペイン・バルセロナの水道水は飲める?

スペイン・バルセロナの水道水は、カルキ(石灰分)を多く含む硬水です。そのまま飲んでも健康に害はありませんが、日本では殆どの地域で軟水のため、日本人からすると違和感があるでしょう。正直あまり美味しくありません。

また、カルキの味もするので、飲用にはミネラルウォーターを買うのが一般的ですが、綺麗ではあるため、普通にお風呂でも使えますし、筆者の場合はパスタを茹でる程度であれば料理にも使います。

カルキ汚れに注意

また、カルキを多く含む硬水の場合、日本と違って洗面台やキッチン周りなどがすぐに汚れてしまい、なかなか落ちません。そこで、専用の洗剤を使って定期的に掃除する必要があります。

カルキ汚れを取るスプレー

スーパーなどでは、このようなカルキ汚れ専門の洗剤が売っています。「Cal / Calcário」が石灰成分を指すので、これが書いてある洗剤はカルキ汚れを取るものです。ちなみに、「Brillo / Brilho」は輝きという意味です。

※バルセロナなので、カタルーニャ語とスペイン語が併用記載されています。

スポンサーリンク

ミネラルウォーターの価格

続いて、毎日飲むミネラルウォーターについてですが、いくらするのでしょうか。

スペインのミネラルウォーター6リットル

一番安いのは、スーパーマーケットで70〜90セント程度で上の写真のような6L・8Lサイズを購入することができます。

スペインのミネラルウォーター1.5リットル

重たいものを持ち運ぶのが大変な場合、こちらのような1.5Lサイズ×6本のものもあります。これで1〜1.2ユーロと、若干の割高になります。

スーパーの水売り場

多くの人が購入するので、スーパーではこのようにズラッと陳列されています。

日本のコンビニが割高なように、24時間空いているスーパーなどは更に割高で、観光スポットなどでも1.5Lサイズが1本でも1ユーロを超えます。

スーパーは夜9時までだったり、日曜・祝日は空いていませんが、空いているタイミングで大きいものを買って、外出のときは小さなペットボトルに移し替えてするのもいいかのしれません。

炭酸入り・炭酸なしの種類に注意

スペインで売られているミネラルウォーターには、炭酸なしと炭酸入りの2種類があります。いわゆる日本人の思うミネラルウォーター(炭酸なし)は「agua sin gas(アグア・シン・ガス)」です。「agua」とだけ、パッケージに書いてあるものもあります。

炭酸入りは「agua con gas(アグア・コン・ガス)」と書いてあります。

まとめ

いかがでしたか?以上、バルセロナ・カタルーニャ地方の水事情をお伝えしました。飲料水としては少々厳しいですが、基本的にとても綺麗なので安心して生活できます。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 水道水

この記事を書いた人

tomo_tkishi
tomo_tkishi

ワーホリ申請が開始されたことを機に、勤めていた会社を辞め、バルセロナへワーホリビザで入国。日本との違いや、現地で得た情報をお届けします!

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談