意外と知らない?魚介類の英語名15選

24083

View

海外のスーパーやお寿司屋さんに行くと、日本では見慣れた魚も全く別の名前で呼ばれていて、「これはいったい何の魚?」と思うこともしばしば。意外と知らない「魚介類」の英語名をまとめてみました。

スポンサーリンク

1.イワシ

イワシ(鰯)は英語で「sardine」です。缶詰などは日本語でも「サーディン」と呼ばれることがあるので、知っている人も多いでしょう。

2.サバ

サバ(鯖)は英語で「mackerel」です。私はイギリスで釣ったことがありますが、日本のものとほぼ同じ外見でした(当たり前ですね)。発音がやや難しく、「マックロー」のように聞こえます。

3.タイ

タイ(鯛)は英語で「red snapper」です。淡白な味から、海外でも人気の魚です。

4.マグロ

マグロ(鮪)は英語で「tuna」です。これはみなさんご存知でしょう。

5.カレイ、ヒラメ

カレイ(鰈)、ヒラメ(鮃)は英語で「flatfish」です。そのまんまのネーミングですね。

6.マス

サケ(salmon)に似たマス(鱒)は英語で「trout」です。ちなみに、カナダのスーパーでよく見かける「sockeye salmon」とは「紅鮭」のことです。

7.タラ

タラ(鱈)は英語で「cod」です。カナダでは、いろいろな種類の「cod」が売られています。

8.ブリ

ブリ(鰤)は英語で「yellowtail」です。

スポンサーリンク

9.メバル、カサゴ

メバル(目張)、カサゴ(笠子)は英語で「rockfish」です。

10.コイ

食用ではないですが、コイ(鯉)は英語で「carp」です。

11.ウナギ

ウナギ(鰻)は英語で「eel」です。「イール」と発音します。カナダのお寿司屋さんでもよく見かけます。

12.イカ

イカ(烏賊)は、英語では種類によって「squid」または「cuttlefish(「カトルフィッシュ」と発音)」と呼ばれます。

13.エビ

日本ではほぼひとまとめにエビ(海老)と呼ばれますが、英語では大きい方から順番に「lobster」「prawn(「プローン」と発音)」「shrimp」と呼ばれます。

14.貝類

貝類は英語でまとめて「shell fish」と呼ばれます。

日本のアサリ(浅蜊)、ハマグリ(蛤)は「clam」。
ホタテ(帆立)は「scallop」。
カキ(牡蠣)はもちろん「oyster」。
ムール貝は「mussel(「マッソー」と発音)」と呼ばれます。

15.アンコウ

アンコウ(鮟鱇)は英語で「angler」や「monk fish」と呼ばれます。

私は、イギリスのとあるレストランで「今日は新鮮なmonk fishのグリルがあるよ!」と言われて、「monk fishって何?まあ、多分大丈夫だろう」と思って注文したことがあります。出てきたのは、ブヨブヨで噛みきれなくてものすごく美味しくない魚!家に帰って調べて、アンコウだと知ってショックを受けました。知っていたら絶対注文しなかったのに(笑)。

まとめ

みなさんいくつ知っていたでしょうか?この機会にぜひ身近な魚の名前を覚えておきましょう。海外に行くときにきっと役立つはずです。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 語学
  • 英語
  • 魚介類

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。