初級者にお勧め!現地の人と会話する「きっかけ」を作る方法3選

3701

View

UweRichterPhotography

住んでいる国の言葉を身につけるためには「いかに現地の人と会話をする機会をつくって暮らせるか」にかかっていますよね。現地で友達をつくるのがベストだけれど、まだ現地の言葉がペラペラ話せない段階ではなかなか難しい…。まずは、現地の人と話すことに慣れたい!難しい話題は無理だから、カンタンな会話(挨拶+αくらい)がいい!そんな人のために、私がアメリカのサンタクララで実践している方法を3つご紹介します。

スポンサーリンク

1.現地の人気スポーツチームのグッズを愛用する

私が住むサンタクララには、アメリカンフットボールチームの「サンフランシスコ49ers(フォーティーナイナーズ)」のホームスタジアムがあり、多くの市民は49ersを愛しています。

そこで、現地の人気チームのロゴが入ったグッズを買い、それを身に付けて出掛けましょう。現地の方と会話できる確率がぐーんと上がります!

私は日々の買い物のエコバッグにチームバッグを愛用しています。「いいバッグだね!」「試合は見た?」「スタジアムへはもう行った?」と声をかけてもらえることがよくあります。[

地元チームのグッズを買って、試合も応援して、ぜひ地元チームを好きになりましょう!

2.家具や家電を現地の方から買ってみる

インターネットで家具家電などの中古品(車もあります!)を個人間で売り買いできるサイトがいくつかあります。安い値段で買えるだけでなく、現地の人とメールや会話もできるという、英語勉強中の身には至れり尽せりのシステムです!

私が利用したのは「OfferUp」というアプリ。購入したダイニングテーブルは、なんと10ドルでした!そして、せっかく知り合ったからお友達になりましょうと出品者とのFacebookアカウント交換というおまけつき。「OfferUp」おすすめです!!

OfferUpのロゴ
OfferUp

Android版「OfferUp」ダウンロードページ
iOS版「OfferUp」ダウンロードページ

スポンサーリンク

3.「行きつけ」をつくって「顔見知り」をつくる

何度も同じお店に行き、店員さんやカウンターのお姉さんに顔を覚えてもらいます。常連さんがいたら常連さんにも覚えてもらいます。顔見知りになると話しかける勇気がわいてきます。

話しかけるときのポイントはひとつ。目があったら、とにかく笑顔で話しかけること!内容はどんなことでも良いと思いますが、英語を勉強していることを伝えるのがおすすめです。よく使う英語のフレーズなどを教えてくれることもあります。

また、私はお昼時など混雑する時間帯を避けていくようにしています。落ち着いて会話の相手をしてくれる可能性が高まります。

最後に

たとえ、カンタンな会話しかできなくても、「コミュニケーションがとれて嬉しい!」と感じながら使うフレーズや言葉は、自分のなかにしっかりと記憶され定着していくように思います。

現地の人とたくさん触れ合って、海外生活での印象的な場面をたくさんストックしていきましょう。そうすることで、自然に少しずつ語学力を高めていけると私は思います!!!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

aw
aw

3度目のアメリカ西海岸生活。趣味は図書館通いと散歩。サンノゼ周辺のいろいろ、情報収集中。