オーストラリアでの留学生活は驚きの連続!ーークイーンズランド大学留学経験者にインタビュー

540

View

オーストラリアでの留学生活は、初めての経験ばかりで驚きの連続!今回はクイーンズランド大学で短期留学を経験したまゆさんにオーストラリアでの留学生活についてお話を伺いました。

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューはオーストラリアのクイーンズランド大学で3週間の短期留学を経験したまゆさん。オーストラリアでの留学中のエピソードをたくさん話していただきました。

次止まるバス停はどこ!?ブリスベンのバス事情

ブリスベンを走るバス
Wikimedia Commons

ーー 留学中驚いたことは何かありましたか?

物価が高い!500mlの水が3ドルもするんですよ~。毎日ペットボトルの水を買うのはもったいないので水筒を持って行くようにしていました。食べ物と飲み物が本当に高いのでそこは驚いたし困りましたね。

ーー その他、大変だったことはありますか?

ホームステイ先から学校までが少し遠かったのが不便でしたね。バスで30分ぐらいかけて毎日通っていましたが、夜の最終バスが早いんですよ。少し帰るのが遅くなるとステイ先の近くのバス停に止まるバスがなくなってしまって…かなり歩かなければならないことも何度かありました。

ブリスベンでの交通手段はバスと電車があるのですが、バスで基本的にどこでも行けます。なので私はバスをよく利用していたのですが、「次は~バス停です。」みたいなアナウンスがないんですよ。だから外の景色を見ながら降りる一つ前のバス停を通過したことを確認して、いいタイミングで押さなきゃいけないんです。

ーーちゃんと目的のバス停で降りられましたか?

初めの1週間は早く降りすぎたり降り損ねたりして毎日かなり歩いて帰りましたね(笑)知らない土地に行くときにはもっと大変でネットでバス停を調べて、ずっと外を見ながらそのバス停来るのを待って…ここぞというときにボタンを押す!ということをやっていましたね。

スポンサーリンク

ホームステイで感じたオーストラリアの家庭の温かさ

ホームステイ先のホストマザーと

(↑1番右が今回インタビュ―を受けてくれたまゆさん)

ーー 留学中はどのように滞在していましたか?

私はホームステイでした。ホストマザーと娘さんが2人、ペットの犬と猫とにぎやかでしたね(笑)とにかく朝がものすごく早くてみんな6時には起きて7時には学校や職場に向かっていました。始まるのが早い分終わるのも早くて、18時には帰ってきて家族そろって夕食を食べていました。

ーー ホームステイでよかったことはありますか?

私のホームステイ先は留学生をいつも受け入れているのですが、たまたま私がいたときは受け入れている留学生が私1人だけで、日本語を話すことなく英語漬けの日々を送れたのがよかったですね。

オーストラリアの家庭を知って、その中で特に感じたのがオーストラリアの家庭は家族で過ごす時間が多いということ。そこに家族のように迎えられて加わることができたのが嬉しかったです。

ーー 食事で困ることはありませんでしたか?

私の口にはあったみたいで食事に困ることはありませんでした。独特なオーストラリア料理というものはあまりないみたいで、マザーに「これはオーストラリア料理なの?」と聞くと「別にそういうわけじゃないのよ~」と返されましたね(笑)

朝はトーストやシリアルだけで、夜はお肉と野菜の付け合わせといった感じでした。マザーの健康志向が強いこともあって夕食でパンなどの主食がでることはほとんどありませんでした。

ーー これを持って行けばよかった…というものはありますか?

日本食が恋しくなるので持って行けばよかったと思いました。でもフードコートに行けば世界各国の料理を食べることができます。オーストラリアで出されるお米はタイ米で日本米よりパサパサしているのでチルドの日本米を持って行けばいいかもしれません。

それと確実にどこでも使える携帯電話ですね…。私は大学で必ず持っていかなければならない携帯電話と自分の日本で使っているスマートフォンを持って行ったのですが、どこでもモバイルデータ通信が使えるはずのレンタルの携帯電話が壊れていてWi-Fiがあるところでしか使えなくて…。

街にWi-Fiは飛んでいるのですが電波が弱くてすぐに切れてしまうので、モバイルデータ通信の使える携帯電話が必要だと感じました。

ーー もう一度留学するなら持ち物以外ではどんな準備をしますか?

英語をもっと勉強しておけばよかったと思いました。英語でコミュニケーションを取るときに自分の語彙などの知識の乏しさを痛感することがありました。また、日本のことを現地の人によく聞かれるので、英語で日本について詳しく説明できるようにしておけばよかったですね。

編集部コメント

短期留学でのホームステイを通して、日本とは全く異なるオーストラリアの家庭を知れたと話すまゆさん。大変だったこともあるけれどオーストラリアでの生活を思いっきり楽しんでいたことがとても伝わってきたインタビューでした。

今回紹介したクイーンズランド大学の口コミ

クイーンズランド大学のロゴです
名称The University of Queensland(クイーンズランド大学)
国・都市オーストラリア / クイーンズランド州 / ブリスベン
学校形態大学大学院
住所University of Queensland, St Lucia ブリスベン 4072
電話番号+61 7 3365 1111
公式サイトhttp://uq.edu.au/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/3526/

インタビュアー

大浦彩(おおうらあや)/早稲田大学2年/アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2780 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20936 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5201 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5483 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/