雨の日お勧めレジャー!カナダ最大の水族館「バンクーバー水族館」

6592

View

バンクーバー水族館は、バンクーバーのスタンレーパーク内にある、カナダ初にして最大の水族館です。ここでは、雨の日でも楽しめる、バンクーバー水族館について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

雨の日でも大丈夫な全天候型施設

バンクーバー水族館

バンクーバーは、カナダの都市の中でも年間の降水量が多いことで知られています。以前に書いた「雨の日でも大丈夫なバンクーバーのおすすめスポット4選」の記事でも、バンクーバー水族館をご紹介しています。

イルカ、ラッコ、ベルーガなどの水槽は外にありますが、それ以外の大部分は屋内にあるので、雨の日でも大丈夫。むしろ、雨の日には普段より少し混雑しているかもしれません。(みんな考えることは一緒ですね)

バンクーバー水族館の情報
住所:845 Avison Way, Vancouver, BC
電話:604-659-3474
URL:https://www.vanaqua.org/
時間:年中無休、毎日10~17時(季節、祝日によっては18時まで)
料金:大人$34/学生$25(学生証の提示が必要)

*ダウンタウンから、スタンレーパーク行きのバス19番に乗って、終点で下車。降りるとすぐに地図や看板があるので、迷うことはありません。

珍しいベルーガイルカのショーは必見!

珍しいベルーガイルカのショーは必見!

バンクーバー水族館でぜひチェックしたいのが、真っ白なベルーガイルカのショー(公式サイトの詳細情報)。体が比較的大きいためにイルカほどの俊敏性はありませんが、ジャンプしたり、いろいろな音を出したり、とてもかわいいベルーガイルカ。一般的な日本のイルカショーと比べると、バンクーバー水族館のベルーガイルカのショーはもっと「educational(教育的)」で、謎につつまれたその生態や、研究活動についても紹介しています。

その他にも、アフリカペンギン、イルカ、オットセイ、ラッコなどが屋外で飼育されています。それぞれ、ショーや餌付けの時間も設定されているので、時間をチェックして行ってみましょう。

(ラッコたちが眠る姿は愛嬌たっぷり)

(ラッコたちが眠る姿は愛嬌たっぷり)

4Dショーはスリル満点!

4Dの体感型シアター(視覚、触覚、嗅覚、聴覚)は、定期的にテーマが変わります。私が行ったときには、「Sea Monsters」と題した、恐竜が存在した時代に海の中に住んでいた生物を追うムービーを上映していました(上映中の4Dショーは公式サイトで確認できます)。サメが飛び出してきて目の前で魚を食べたり、恐竜たちが歩く振動が椅子から伝わってきたり、大人でも思わず叫んでしまうようなスリル満点のショーです。こちらもお見逃しなく。

スポンサーリンク

カナダの海とブリティッシュコロンビア州の海

カナダの海とブリティッシュコロンビア州の海

カナダ最大の水族館ということもあり、カナダ太平洋の海と、ブリティッシュコロンビア州の海の生態系の展示にも力を入れています。

ベルーガイルカの水中の様子

地下のフロアへ足を運べば、先ほどのベルーガイルカの水中の様子も見ることができます。

熱帯エリア・アマゾンギャラリー

帯エリア・アマゾンギャラリー

熱帯エリア(Tropic Zone)では、クマノミや色鮮やかな熱帯魚を展示しています。他にも、世界中から集めたたくさんの種類のカエルが見られるのもポイント。アマゾンギャラリー(Graham Amazon Gallery)では、ナマケモノ、ワニ、鳥やカメなどの動物を間近に見ることができます。

まとめ

雨の日でも楽しめて、大人から子どもまで大満足なバンクーバー水族館。入場料がやや高いのが難点ですが、海の生態系の保全活動にも取り組んでいるからの値段なのかなと思います。バンクーバーにお越しの際には、ぜひチェックしてみてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。