丁寧な言い方できてる?知らないと失礼になる英語表現3選

1819

View

スポンサーリンク

「What's your name?」は失礼!?間違った意味合いになる”要注意”英語フレーズを紹介します。
気づかないうちに先生や上司などの目上の人、初対面の人に失礼な言い方をしないように丁寧な表現で話すコツもお答えします!

スポンサーリンク

ebook「英語フレーズ100選」を無料配布中!【期間限定】

留学生活、海外生活で実際に使う、英語フレーズ集を期間限定で無料配布しています。
ご希望の方はebookダウンロードページから申請ください。

上から目線に聞こえる英語表現

知らずに使ってしまい、失礼になる要注意なフレーズを3つ紹介します。

1.What's your name?(あなたのお名前は何ですか?)

文法的には間違ってませんよね。でもネイティブには「アンタの名前、何?」と聞こえます。ちょっと上から目線っぽい言い方なんです。

  1. May I have your name?」を使うといいよ

    キリン先輩

2.What's your job?(あなたの仕事は何ですか?)

かなりぶっきらぼうな言い方で「アンタの仕事は何?」っぽく聞こえます。

  1. ペンギンちゃん

    仕事を聞くなら「What field do you work in?」がおすすめ!

「どういった業種ですか?」という意味ですが、相手に仕事を聞く時に使える表現です。

3.Do you have any idea?(何かアイディアがありますか?)

「idea」という単語は単数形だと「認識」のニュアンスを持つことが多いです。

「アンタにわかるの?」という、これまた上から目線の意味合いになってしまいます。複数形だと「アイディア」の意味になります。

  1. 間違いやすいけど「Do you have any ideas?」を使おうね

    キリン先輩

目上の人に使うと失礼になる表現

「What」「Can」「How」などから始まる文章は、カジュアルな表現になってしまったり、人によってぶっきらぼうに聞こえてしまったりします。

先生や上司に「What did you say?(なんて言ったの?)」や「Can I borrow your pen?(ペン借りてもいい?)」を使うのは避けましょう。

意味は伝わりますが、格式張った場では印象が悪いです。

そこで便利なのが、「Do you mind if〜?」や「Could you〜?」などの前置きです。

1.Do you mind if〜?(〜してもいいですか?)

「Do you mind if〜?」は、〜してもいいですか?(しても構いませんか?)という丁寧な表現です。

例)Can I borrow your pen? → Do you mind if I borrow your pen?
訳)ペンを借りてもいいですか?

2.Could you〜?(~していただけますか?)

「Could you〜?」は、~していただけますか?とお願いするときに使用する丁寧な表現です。

例)What did you say? → Could you repeat what you just said?
訳)もう一回言ってくれますか?

スポンサーリンク

友達にしか使えない英語の相槌

英語を話すのに慣れてくると「Yeah」、「Uh-huh」などという相槌を打ちがちですが、友達にしか使わないほうがいいです。

公式な場に適した相槌4つを紹介します。

スマートに聞こえる相槌

  • Right(確かに)
  • Exactly(その通り)
  • Definitely(その通り)
  • Absolutely(その通り)
  1. 基本的にこの4つを繰り返しておけばいいよ

    キリン先輩

ちなみに「Totally.」も、その通りだねという意味になりますが、これはティーンエージャーの間でよく使わる表現です。

実際これは「本当そう!」みたいな、女子高生が使うような言葉遣いに聞こえてしまいます。

英語には丁寧語がある

日本のように尊敬語・謙譲語・丁寧語と、体系だった敬語のシステムはありませんが、丁寧に話す表現はたくさんあります。

文法的には正解でも、使う場面や相手によって失礼になることがあります。

今回紹介した英語表現をもとに文法だけでなく、「この場面でこのフレーズは適しているのか?」も考えるきっかけなれば嬉しいです!

ebook「英語フレーズ100選」を無料配布中!【期間限定】

留学生活、海外生活で実際に使う、英語フレーズ集を期間限定で無料配布しています。
ご希望の方はebookダウンロードページから申請ください。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • 語学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!