パタプライングリッシュを6ヶ月やった感想【パタプライングリッシュ・レビュー】

8086

View

スポンサーリンク

前回、パタプラグイングリッシュを3ヶ月やった体験談を記事にしましたが、その続編です!更に3ヶ月続けてみて効果はどうだったのか?果たしてパタプライングリッシュがお勧めできるのか?などご紹介します。

スポンサーリンク

「パタプライングリッシュ」という英語教材をご存知ですか?

「スピーキングはスポーツと同じ技能。必要なのは反復練習やトレーニング」という考えで作られた「ビジネス英語のスピーキング特化デジタル教材」です。

パタプラは中上級者を対象にした英語教材

↑ウェブサイトにあるこの図の通り中上級者を対象にしています。中上級者のみと潔くターゲットを明確にしている点は個人的に好印象でした。

先日、このパタプラを3ヶ月やった体験記事を書いたので、今回はその続編となります。

教材でも180時間の学習(トレーニング)を推奨していて、私も一通り終わったので感想を総括したいと思います。

パタプライングリッシュがどんな教材かは、前回の記事か公式サイトをご確認ください。

→ ビジネス英語教材パタプライングリッシュで3ヶ月勉強した感想【パタプライングリッシュ・レビュー】
→ パタプライングリッシュ公式サイト

【1ヶ月目】脳の疲労感、"筋トレ" を体感する

最初の1ヶ月はトレーニングの習慣化と慣れることに精一杯でした。

「I need you to〜 は部下に使えるが上司には使うべきではない」「Could と was able to の使い分け」など、今まで何となく使ってたけどシチュエーションによっては正しい表現じゃなかったかも・・・といった気づきが多くありました。

パタプラでは視覚情報に頼らないために、テキストを見ずに音声を聞いて口に出す、というトレーニングが基本になります。

後からテキストを見れば「こんなカンタンな文なのか」と思うのに、いざ音声だけでやってみるとなかなか口が回らない、細かいところまで気にする余裕がなくて the なのか a なのか分からない、長文になるのと何かが抜けてしまうことが多かったです。

聞いた音を意識せずに口にするだけなら難しくないのですが、学習ガイドに記載されている下記の4つのポイントを意識してやると、脳をフル回転で使っている感じがあり、ただ英文を言うだけなのにとても疲労感があります。

(a)聞こえた文の内容そのままに正確な英文を繰り返す
(b)ポーズ内(次の音声までの合間時間)に言い終われるまで練習する
(c)発音とリズムを少しでも近づける努力をする
(d)英文の内容を鮮明にイメージする

これがまさにスピーキングの筋トレなんだと実感しました。同時に、これを続ければスピーキングが上達する手応えも感じました。

【3ヶ月目】徐々に英語の "瞬発力" が付いてくる

3ヶ月トレーニングを続けると口が慣れ、徐々に英文の内容をイメージしながら発声できるようになりました。

レッスンの中から使えるフレーズ(チャンク)をピックアップすることでバリエーションが増えました。同時に自信を持って発言できるようになり、口から出るスピード・瞬発力も早くなってきました

とは言え、まだ頭の中で即座にチャンク(短い文章のカタマリ)を入れ替えて文を作るのは難しかったので、シチュエーションに最適な構文を使うことを意識したり、一文そのまま使えるものはどんどん使うように意識しました。

例えば、今までは何を依頼されても「Sure」と答えていたところを「Consider it done」と言ってみたり、相手を待たせた時に「I’m sorry I’m late」と言っていたところを「I’m terribly sorry for being late」にするなどです。

スポンサーリンク

【6ヶ月目】"話し始めてから" 英文をつなげていく

6ヶ月続けていくと頭の中にある文の内容を自然と入れ替え、シチュエーションに合わせて発声しながら英文を組み立てできるようになりました。

各レッスンから使える構文をピックアップして、
「It seems like bad weather today from the weather forecast.」
「How about starting new advertising to increase brand recognition?」
など、構文とチャンクの組み合わせを変えたり、一部の単語を入れ替えながら使える文を作っています。

「最後まで言いたいことを考えてから話す」のではなく、パタプラが提唱している「とりあえず話し始めてからチャンクをつなぎ合わせて話していく」感覚を掴むことができました。

とりあえず話し始めてからチャンクをつなぎ合わせて話していく

つぶやき応用練習(※)にもしっかり取り組んだことで「チャンクを意識する」「相手の表現を拾ってまた応用する」という習慣も身につきました。

※つぶやき応用練習とはパタプラが推奨する復習方法です。具体的な内容については公式ガイドにてご確認ください

中上級者でスピーキング力が伸び悩んでいるなら「パタプラ一択」

パタプラを6ヶ月やり、その効果を身をもって感じた上で、現時点である程度の英語力がありスピーキングに伸び悩んでいる人にはパタプラを強くお勧めできます。

パタプラはとにかく無駄がなく、初心者向けでないので構文や単語の細かい説明もありません。

そのため、最も必要な「反復練習」に集中して学習を進めることができます。これまで足りなかった「絶対的な練習量」「知識を形にする訓練」をカバーできるようになっています。

また「ビジネスの場面で相応しい表現なのか」しっかり解説してくれるので、安心してビジネスシーンで使うことができます。

「知識はあるが口から出てこない」という人は、ぜひ取り組んで頂きたいです。返金保証もあるので騙されたと思って、まずは試してみてください!

60日返金保証もあります

パタプライングリッシュ公式サイト

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • パタプライングリッシュ
  • ビジネス英語
  • パタプラ
  • スピーキング

この記事を書いた人

みずうみ
みずうみ

YMSにてイギリスに2年滞在。田舎街ボーンマスでのんびりとした生活を満喫。現在はアジア周遊を夢見て日本で充電中。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!