フランスの日常生活で使われる!数字の「2」を使ったフランス語比喩表現7選

1634

View

スポンサーリンク

フランス語では数字の「2(ドゥ)」を使った表現がよくあります。ここではフランス語の「2」にまつわる比喩表現の中から、実際にフランスでの会話によく登場するものをご紹介します。

スポンサーリンク

Deux pas

フランス語で「Deux pas(ドゥ パ)」というと、ごく近く、という意味合いになります。文字通り2歩ではないのでご注意。「近所にある」ということを示す際など以下のように用いられます。

例文

Il y a un café à deux pas de la gare .(イリ ヤ アン カフェ ア ドゥ パ ドゥ ラ ガー)
駅の近くにカフェがあります。

Jamais deux sans trois

日本のことわざでもある、「二度あることは三度ある」はフランス語で「Jamais deux sans trois(ジャメ ドゥ サン トロォワ)」といいます。文字通りに訳すると「3がない2は無い」となります。

Ça fait deux !

フランス語で「Ça fait deux !(サ フェ ドゥ)」というと、2つの物事の相性が悪いことを意味します。

例文

Toi et la musique ça fait deux !(トワ エ ラ ミュージック サ フェ ドゥ)
君は音楽には向いてないね!

Couper la poire en deux

「Couper la poire en deux(クペー ラ ポワー オン ドゥ)」とは、文字通りに訳すると「梨を二つに切る」となりますが、双方に公平なように物事を解決・妥協させることです。

スポンサーリンク

Être à deux doigts de…

何かをする寸前である状況をフランス語で「Être à deux doigts de…(エットレ ア ドゥ ドワ ドゥ…)」といいます。

例文

Je suis à deux doigts de réussir à convaincre mon père(ジュスイ ア ドゥ ドワ ドゥ リユシィー ア コン ヴァックル モン ペー)」
父を説得するのにもうちょっとで成功しそうだ。

Deux pour le prix d’un

フランスのスーパーでよく見かける、「1+1」や「2+1」といった赤字表記、これは1つ購入でもう一つ無料、2つ購入で3つ目は無料といったプロモーションです。「Deux pour le prix d’un(ドゥ ポール プリ ダン )」は1つの値段で2つ、つまり1つ購入で2つ目は無料という意味になります。これは本当によく見かけます。

Attends deux secondes!

フランス語で「Attends deux secondes !(アトン ドゥ セコン)」というと、ちょっと待って!という意味になります。もちろん文字通り2秒で済むことは稀ですのでご注意を。目上の人や知らない人に言う場合は「Attendez deux secondes !(アトンデ ドゥ セコン)」となります。また、Secondes(秒)ではなく Minutes(分)を使う場合もあります。

まとめ

フランス語では文字通りに訳しても意味が通じない表現が盛りだくさん。少しずつ覚えて日々のコミュニケーションを豊かにしたいものですね。

フランスに住みたいなら

フランスに住んでみたいと思ったことはないですか?
フランスで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『フランス生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

フランスで働く方法を知る

「3週間の留学」を無料プレゼント中

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「3週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

クッキー
クッキー

日本でグラフィックデザイナーとして働いた後、ワーキングホリデービザで芸術大国フランスへ。パリで数ヶ月バイトをして貯めた資金で旅行三昧、現在は念願のリヨンで暮らしています。

http://freu.megabus.com/default.aspx

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談