「薄味」や「濃い味」はフランス語で何という?味にまつわるフランス語9選

4305

View

スポンサーリンク

「薄味」や「濃い味」など味に関するフランス語の単語をご紹介していきます。

スポンサーリンク

基本的な味にまつわるフランス語

1.甘い

甘いはフランス語で「Sucré(スクレ)」といいます。「とっても甘いわ!」というときは「C'est très sucré!」。ちなみに甘党は「(Avoir) le bec sucré」といい「私は甘党です」は「J'ai un bec sucré」といいます。

2.塩辛い(しょっぱい)

塩辛いはフランス語で「Salé(サレ)」といいます。「これ、ちょっとしょっぱいなぁ」と言いたいときは「C'est salé」と言えばOK。「塩」のフランス語が「Sel」のため、こちらも覚えやすい単語のひとつです。

3.酸っぱい

酸っぱいはフランス語で「Acide(アシッド)」といいます。「このミルク酸っぱい感じがする」というときには、「Ce lait est acide.」といいます。

4.辛い

辛いはフランス語で「Épicé(エピセ)」または「Pimenté(ピモンテ)」「Piquant(ピカン)」 といいます。香辛料が効いた辛い食べ物が好きという場合には、「J'aime des plats pimentés.」となります。

5.苦い

苦いはフランス語で「Amer(アメー)」といいます。「このコーヒーは私には苦すぎる」という場合には「Ce café est un peu trop amer pour moi.」となります。

スポンサーリンク

食事の席で良く使う表現

続いて、味にまつわるものではないものの、食事の席で良く使う表現をご紹介します。

6.薄味

薄味はフランス語で表すならば「Goût léger(グー レジェ)」や「Simple(サンプル)」が使用されます。それに対し「味が全くない」や「薄味すぎる」というネガティブな意味で使われるのが「Fade(ファード)」です。

7.濃い

濃い味をフランス語で表すならば、胃がもたれるような「Lourd(思い)」や、、肉などの脂肪分が多い食べ物に対して使う「Gras(脂っこい)」といった単語があります。

8.熱い

熱いはフランス語で「Chaud(ショー)」といいます。日本では「熱い」と「暑い」は区別されますが、フランス語ではどちらも「Chaud」を用いて表現します。

ただ、間違えても「Je suis chaud!」と言わないように気をつけましょう。これでは「私はセクシーだわ!」という意味になってしまいます。暑いと言いたいときには「Il fait chaud.」または「J'ai chaud.」と言いましょう。

9.ぬるい

ぬるいはフランス語で「Tiède(ティエード)」といいます。また、冷めてしまった場合は「Froid(フォワ)」を使います。「ぬるいビールは大嫌いだ」と言いたい場合は「Je déteste de la bière tiède!」といいます。

まとめ

以上、味にまつわるフランス語をご紹介しました。食事はフランス人にとってとても大事な時間。ぜひ感じたことを表現豊かに表してみてください。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

海外に住みたいなら

海外に住んでみたいと思ったことはないですか?
海外で働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『海外生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

海外で働く方法を知る

「3週間の留学」を無料プレゼント中(2020/1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「3週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

クッキー
クッキー

日本でグラフィックデザイナーとして働いた後、ワーキングホリデービザで芸術大国フランスへ。パリで数ヶ月バイトをして貯めた資金で旅行三昧、現在は念願のリヨンで暮らしています。

http://freu.megabus.com/default.aspx

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談