「!」や「?」や「@」はフランス語で何という?パソコン記号に関するフランス語28選

2142

View

スポンサーリンク

意外と日常生活で使う場面が出てくる「!」や「?」や「@」などの、パソコン記号に関するフランス語をご紹介します。

スポンサーリンク

!(感嘆符・ビックリマーク)

「!(感嘆符・ビックリマーク)」はフランス語で「Point d'exclamation(ポワン ドゥ エクスクラマション)」といいます。

?(疑問符・はてなマーク)

「?(疑問符・はてなマーク)」はフランス語で「Point d'interrogation(ポワン ドゥ アンテロガション)」といいます。

,(カンマ)

「,(カンマ)」はフランス語で「Virgule(ヴェーグル)」といいます。

.(ピリオド)

「.(ピリオド)」はフランス語で「Point(ポワン)」といいます。

;(セミコロン)

「;(セミコロン)」はフランス語で「Point-virgule(ポワン ヴィエーグル)」といいます。

:(コロン)

「:(コロン)」はフランス語で「Deux-points (デュー ポワン)」といいます。

・・・(中断符)

「・・・(中断符)」はフランス語(現代用語)で「Points de suspension(ポワン ドゥ サスポンション)」といいます。

−(ハイフン)

「−(ハイフン)」はフランス語で「Trait d'union(トレ ドゥ ユニオン)」または「Tiret(ティレ)」といいます。

_(アンダーバー・アンダースコア)

「_(アンダーバー・アンダースコア)」はフランス語で「Tiret bas(ティレ バ)」といいます。バには「低い、下」という意味があります。

*(アスタリスク)

「*(アスタリスク)」はフランス語で「Astérisque(アステリスク)」といいます。

’(アポストロフィー)

「’(アポストロフィー)」はフランス語で「Apostrophe(アポストロフ)」といいます。

@(アットマーク)

「@(アットマーク)」はフランス語で「Arrobas(アロバス)」といいます。

/(スラッシュ)

「/(スラッシュ)」はフランス語で「Barre obllique(バー オブリク)」といいます。なお、英語の「スラッシュ」も通じます。

()(まるカッコ)

「()(まるカッコ)」はフランス語で「Parenthèses(パロンテーズ)」といいます。電話番号の表記などで見かけます。

スポンサーリンク

{}(中カッコ)

「{}(中カッコ)」はフランス語で「Accolades(アコラドゥ」といいます。数学の授業でおなじみの記号です。

[](角カッコ)

「[](角カッコ)」はフランス語で「Crochet(クロシェ)」といいます。

引用符(全般)

引用符(全般)はフランス語で「Guillemet(ギメ)」といいます。

+(たす)

「+(たす)」はフランス語で「Plus(プルス)」といいます。英語でいうmoreと同じ使い方もします。

−(ひく)

「−(ひく)」はフランス語で「Moins(モワン)」といいます。こちらも英語のlessと同じ意味合いがあります。

×(かける)

「×(かける)」はフランス語で「Multiplier (マルチプリエ)」といいます。

÷(わる)

「÷(わる)」はフランス語で「Diviser(デヴィゼ)」といいます。

=(イコール)

「=(イコール)」はフランス語で「Égal(イガル)」といいます。

_(下線)

下線はフランス語で「Soulignement (スーリンモン)」または「Tire bas(ティレ バ)」といいます。

〜(波線)

「〜(波線)」はフランス語で「Ligne ondulée(リン オンデュレー)」または「Tilde(チルダ)」といいます。

#(シャープ)

「#(シャープ)」はフランス語で「Dièse(ディエズ)」といいます。

&(アンドマーク)

「&(アンドマーク)」はフランス語で「Esperluette(エスペルットゥ)」といいます。

%(パーセント)

「%(パーセント)」は「Signe pour cent(サン ポー ソン)」や「Symbole de pourcentage(サンボル ドゥ パーソンタージュ)」といいます。

スペース

スペースはフランス語で「Espace(エスパス)」といいます。

まとめ

意外と辞書を引いても出てこないものも多いハズ。是非日常生活で困った時はお役立てください。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

フランスに住みたいなら

フランスに住んでみたいと思ったことはないですか?
フランスで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『フランス生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

フランスで働く方法を知る

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

クッキー
クッキー

日本でグラフィックデザイナーとして働いた後、ワーキングホリデービザで芸術大国フランスへ。パリで数ヶ月バイトをして貯めた資金で旅行三昧、現在は念願のリヨンで暮らしています。

http://freu.megabus.com/default.aspx

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談