車内に残った新聞を読み回す?オランダの電車事情

418

View

Wikimedia Commons

オランダは公共交通機関が発達しており、多くの人が電車を利用しております。そんなオランダの電車事情について、日本とはちょっと違う面白い光景を見ることができます。

スポンサーリンク

オランダの電車事情とは?

オランダの駅構内の様子

オランダの電車事情については、電車、地下鉄、トラム(路面電車)の種類があり、通勤ラッシュの時間帯もあります。

朝の通勤時間滞ならば、新聞、コーヒー、クロワッサンなどを車内に持ち込んで乗ります。そして車内で朝食を済ませるというのもごく当たり前の光景です。その時間帯には、駅ではモーニングセットのようにコーヒーとクロワッサンが一緒になって売っています。

オランダの駅構内で売られているモーニングセット

これはお値打ちになっていますので是非オススメです。

スポンサーリンク

電車の中で新聞を読み回す?

各駅には無料の新聞が週末を除いて置いてあり、多くの人が車内でその新聞を読んでいます。ですが、この読み終わった新聞は、そのまま駅のごみ箱行きに、というわけではありません。

ほとんどの人が座っていた席や付属のテーブルに新聞を置いていきます。そして次にそこに座った人が読むのです。

初めて見たときは「ごみ箱に捨てないなんてマナーが悪いなあ」と正直思ってしまいました。しかし、オランダではそれが普通で、むしろ隣の人が新聞を読んでると一緒に覗き込んで読んでいる光景もよくあります。さらに、注目のニュースについて世間話がはじまる、なんてこともよくあります。

最初の頃はやたらとおじさんが覗き込んでくるので戸惑いましたが、今となっては気にせず自分のペースで読んでいます。

ちなみに、無料の新聞は朝の通勤ラッシュにあわせてなくなってしまいますので気をつけてくださいね。もちろん、車内に残っていれば読み回すこともできます。

まとめ

いかがでしたか?筆者がオランダ生活で実感した「こんなこともあるんだ。」というエピソードのひとつですが、実際日本を離れて生活みると、どんな小さな発見も楽しいものですね。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

nagisa
nagisa

2010年春、TokyoからRotterdamに引っ越してきました。オランダは好きです。趣味は、F1、スポーツ、電車の旅。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!