タイに行く前に日本から持参した方が良い物15選

474

View

Wikimedia Commons

バンコクなどの都会ではお金さえ出せば必要なものはほとんど購入できますが、これからタイに留学などで長期滞在される方が、できれば日本から持参した方が良いものをまとめました。

スポンサーリンク

日本から持参した方が良い物とは?

タイに限らず海外に行くときに日本から持参した方が良い物とは、以下のような物が挙げられます。

  • 現地でなかなか手に入りにくいもの
  • 現地にあるけど日本で買ったほうが安いもの
  • 同じようなものはあるけど日本の方が品質が良いもの
  • 国内に持ち込みできるもの

この辺りが買い物を考える際にベースとなる条件となるでしょう。

食料品

麦茶のティーバッグ

1.麦茶パックなどのお茶

日本を身近に感じられるアイテム!タイで販売されているお茶は甘い味が多く、かと言って毎日水を飲むのも嫌なので重宝します。タイ人の友人が遊びに来たときに出してあげると喜ばれますし、お土産にも良いですね。

2.インスタントコーヒー

タイのコーヒーブラックという概念があまりなく、しかもコーヒーは現地の物価を考えると少し高いので、あると重宝します。

3.かつおぶし

かつおぶしをタイで購入しようとすると500バーツ近くしてしまいかなりの高級品です。なかなか自分で出汁を取って料理はしませんが、それでも、たまにお好み焼きなどを作るときにあると便利ですね。

4.調味料

醤油などの調味料は手軽に手に入りますが、柚子胡椒やたべるラー油、その他お気に入りの調味料があれば日本で購入しておくと良いでしょう。

5.カレールーなど保存食系

タイにもグリーンカレーやガパオライスの素など充実してますが、あくまでタイ料理です。カレーやシチューのルー、パスタの素、ふりかけ、マーボー豆腐、炊き込み御飯の素など、日本の保存食系は種類も少なく割高なのでお気に入りのものがあれば持参すると良いでしょう。

6.日本のお米

タイにもチェンライ産コシヒカリやおいしいタイ米もありますが、やっぱり日本の米は美味しいです。海外に持っていくのは大変ですが、筆者はペットボトルに詰めて持参しています。

7.日本酒、焼酎、ウイスキーなどの酒類

タイでも売っていますが高いです。基本的は日本の値段の3倍くらいします。タイでは日本のウイスキーや日本酒は大人気なので、お土産にあげても良いですね。

スポンサーリンク

日用品、生活雑貨

薬

8.ユニクロの服

タイにもユニクロはありますが日本の土日セールには勝てません。

9.化粧品

SHISEIDO、KOSE、POLAなどの化粧品はタイにもありますが割高です。

10.女性用下着

タイの下着は超セクシーかダサいかのどちらか。日本の下着の方がが可愛いし、持ちも良いです。

11.綿棒

タイの綿棒は柔らかいといいますが、すぐにくにゃっと折れ曲がってしまうものが多いです。

12.常備薬

タイには日本のように健康保険制度がありませんのでどこの病院でも3割にはなりません。公立病院は安いですが待ち時間が長く、私立病院は早いけど値段が高すぎる。なので基本的に病院に行く前に薬局に行くのですが、タイの薬は非常に効きが強いのです。普段日本で飲みなれている薬があれば持参しましょう。

13.手帳

海外にいると日本の祝日を忘れてしまいます。仕事の関係などで日本とのやりとりすることが多い方は必須ですね。

14.子供服

こちらも可愛いものはありますが日本のものの方が品質は高いです。オムツも質が違うので、おしりが被れてしまったりすることもあります。

15.サランラップ

タイのラップは切れ味が非常に悪く使いにくいです。

まとめ

いかがでしたか?現地でも調達可能な物はありますので必要な物を計画的に準備しましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

すだめ
すだめ

2015年4月にタイ・バンコクに仕事のため着任しました!まさかの事情によりタイで転職活動をすることになり最近やっとあたらしい職場をみつけ落ち着いたアラサー女子です。韓国、中国、フィリピンと留学し(中国とフィリピンにおいては短期)20代の最後をなぜか まったく自分の人生プランには描かれていなかった タイ バンコクでの海外生活をスタートすることになり奮闘中です。