フローニンゲン大学での留学生活と勉強ーーフローニンゲン大学の留学経験者インタビュー

1381

View

留学が決まったは良いけど、どこに住もう?留学したいけど、分からないことが多すぎて不安…あの大学の雰囲気はどんな感じなんだろう?そんな方必見!今回はオランダフローニンゲン大学に留学中の方にインタビューを行いました。

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューは、オランダ・フローニンゲン大学2年生の金仙華さん。正規留学生として留学中です。大学に入る前は、2年間イギリスのインターナショナルカレッジで学んでいました。現在オランダで学んでいる金さんに、フローニンゲン大学について語ってもらいました。

フローニンゲン大学とは

オランダ北部にあるフローニンゲン大学
Google map

オランダ北部、フローニンゲン市にある大学。1614年創立で、オランダで2番目に古く、3番目に大きな大学です。英語で学ぶこともできるのが特徴です。

生活費は7万円

ーー 現地での滞在方法はどうしていますか?

大学1年目は学生寮に住みました。場所は、大学まで自転車で15分でした。通学中も自然がいっぱいで気持ち良かったです。

ーー 寮で良かったですか?

そうですね。寮内で友達もでき楽しかったです。今年の9月、大学2年目からは大学まで自転車で10分のシェアフラットに引っ越します。

ーー 留学中に気になるのは生活費だと思うのですが、いくらくらいですか?

生活費は、家賃込みで月7万円くらいです。

ーー ヨーロッパって物価高くて大変そうだと思ったのですが、東京で生活するより安いくらいですね。続いて、学校の施設でジムや食堂などはありますか?

ジムは年間6,000円程度でたくさんのスポーツを体験できる設備の良いジムがあります。食堂もあります。ですが、特別安いわけでもないのであまり使いませんでした。

英語で国際関係学を学べる大学

ーー どうしてフローニンゲン大学を選んだのですか?

私はもともと英語力を伸ばし英語で何かを学びたい、と思い、日本の高校を卒業してからイギリスの高校へ入り直して、イギリスの大学へ進学しようと思っていました。でもイギリスに2年住んで、ヨーロッパの違う国に住んでみたくなったことと、イギリスの大学の学費は高いことから、違う国の大学に行くことにしました。ヨーロッパ圏内で英語で学べる大学、ということでフローニンゲン大学を見つけました。

ーー フローニンゲン大学での勉強はどうですか?

大変です。私は国際関係学を学んでいるので、そのコース2~3科目あり、マイナーとしてスペイン語も勉強しています。7週間授業を受けて8週間目にテストなので、常に忙しいですね。教科書の内容も難しく、分厚いので…また、単位を取ることが大変なので、進級できない人やついて行けなくてやめてしまう人も多いです。

ーー 日本の大学より卒業するのが難しい印象ですね。

そうですね。こっちの大学は3年間なんですが、3年間でちゃんと単位を取って卒業するのは大変です。なので、3年間で卒業することが1番の目標です。

スポンサーリンク

休学せずに南米への留学

ーー さらにほかの国への留学も考えているんですか?

はい。南米へ留学したいと思っています。

ーー なんで南米なんですか?

私がスペイン語を勉強していることもありますし、南米へ行ったことがないから、というのもあります。

ーー 休学せずに留学をすることができるんですか?

はい。私の学科では、自分のコースの単位を30単位取っておけば、1学期間何をしてもいい期間があるんですね。その期間に留学をするのが主流なんですが、私も留学したいな、と思っています。

ーー いいですね!

図書館の席が取り合いになる

ーー 他の学生の様子はどんな感じですか?

学生が図書館の席を取り合うくらい勉強しているのが驚きました。特にテスト前は、8時半に開館するのですが、10時にはもう満席です。大学生は大体、朝から夕方過ぎまで勉強して、夜は友達とご飯を食べたりお酒を飲んだりして遊ぶ、という感じです。勉強も遊びもどっちも精一杯やる、という印象ですね!

ーー 充実した感じですね。

そうですね。こういう暮らしが好きな人にはお勧めかもしれません。

しっかり勉強したい人にオススメの大学

ーー フローニンゲン大学をオススメするのはどんな人ですか?

海外の大学は入ってから遊べる!って感じじゃなくて、卒業するのが大変なので、しっかり勉強したい人にオススメです。というのも、卒業するのが大変なので、あまり遊べないんです。うちの大学にはヨーロッパからの留学生が多いので、ヨーロッパのことを学びたい学生にもオススメです。コースがヨーロッパの人向けに組まれているので、アジアの枠を飛び出していろいろ学んでいきたいという人には良いんじゃないんでしょうか。

オランダの学生もたくさんいるんですけど、それ以上に正規・交換の留学生がたくさんいるので、色々な人に出会える場所です。アジアからも、中国、韓国、インドネシアからの留学生が多いです。アメリカ大陸からはあんまりいないんですけど。ヨーロッパの中で友達をたくさん作りたいって思うんだったら、すごくオススメです。

編集部コメント

いかがでしたか?オランダ北部にあるフローニンゲン大学では、英語で学びながらヨーロッパの人々と関わることができます。勉強熱心な学生たちと充実したキャンパスライフを送ることができるでしょう。正規留学を考えている方も、交換留学を考えている方も、フローニンゲン大学を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

関連インタビュー記事

今回紹介したフローニンゲン大学の口コミ

フローニンゲン大学のロゴです
名称Rijksuniversiteit Groningen(フローニンゲン大学)
国・都市オランダ / フローニンゲン
学校形態大学
住所Broerstraat 5, 9712 CP Groningen, オランダ
電話番号+31 50 363 9111
公式サイトhttp://www.rug.nl/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/5119/

インタビュアー

鈴木莉帆(すずき りほ)/ 早稲田大学2年 / アブログインターン生

関連記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 体験談
  • 勉強
  • フローニンゲン大学
  • 国際関係学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/