車の名前からフランス語を覚えよう!フランス語の車の名前10選

1113

View

Wikimedia Commons

普段私たちが何気なく乗っている車にも、実はフランス語の名前が付けられているものがあります。一度は聞いたことがある車があるかもしれませんね!フランス語の名前の付いた有名な車をご紹介します。

スポンサーリンク

フランスの自動車メーカー

1.ルノー / セニック(scénic)

ルノー / セニック
Wikimedia Commons

フランスやヨーロッパではベストセラーとなっているルノー「scénic(セニック)」シリーズ。フランス語で「scénic」は「景色」を意味します。

2.プジョー / フェリーヌ(féline)

プジョー / フェリーヌ
Wikimedia Commons

2001年から生産を開始した、プジョー「féline(フェリーヌ)」シリーズ。フランス語で「féline」は「猫のような」を意味します。

3.シトロエン / プルリエル(pluriel)

シトロエン / プルリエル
Wikimedia Commons

欧州では人気のコンパクトカーのシトロエン・C3シリーズの「pluriel(プルリエル)」。フランス語で「pluriel」は「複数の」を意味します。屋根を外してオープンにしたり、後部座席を荷室にできるなど、複数の機能が備わっていることから命名されたそうです。

スポンサーリンク

日本の自動車メーカー

4.ホンダ / アヴァンシア(avancier)

ホンダ / アヴァンシア
Wikimedia Commons

1999年から2003年まで生産されたホンダのステーションワゴン「avancier(アヴァンシア)」。フランス語で「avancier」は「前進」を意味します。

5.トヨタ / ポルテ(porte)

トヨタ / ポルテ
Wikimedia Commons

プチバン(スライドドア式のコンパクトカー)で人気の、トヨタ「porte(ポルテ)」。フランス語で「porte」は「扉」を意味します。スライド式のドアが特徴なことにちなんで命名されたそうです。

6.日産 / アベニール(avenir)

日産 / アベニール
Wikimedia Commons

1990年から2005年まで生産された日産のステーションワゴン「avenir(アベニール)」。フランス語で「avenir」は「未来」を意味します。

7.ダイハツ / シャルマン(charmant)

ダイハツ / シャルマン
Wikimedia Commons

1974年から1981年まで生産され、当時はダイハツのフラッグシップモデル(メーカーを代表する最高級モデル)として販売されていた「charmant(シャルマン)」。フランス語で「charmant」は「魅力的」を意味します。

8.スバル / ビストロ(bistro)

スバル / ビストロ
Wikimedia Commons

1992年から1998年まで生産された、ダイハツの軽自動車、ヴィヴィオシリーズの「bistro(ビストロ)」。フランス語で「bistro」は「小さいレストラン(居酒屋)」を意味します。

9.スズキ / ラパン(lapin)

スズキ / ラパン
Wikimedia Commons

2001年から現在も生産されている、スズキの軽自動車「アルトラパン(通称ラパン)」。フランス語で「lapin(ラパン)」は「小さいウサギ」を意味します。ラパンは女性をターゲットに生産された車なので、可愛らしいイメージのうさぎが名前に使われたそうです。

10.三菱 / ギャラン(galant)

三菱 / ギャラン
Wikimedia Commons

1969年から2015年まで46年もの間、国内で生産された三菱のセダンタイプ車「galant(ギャラン)」。フランス語で「galant」は「勇敢な」を意味します。

まとめ

いかがでしたか?フランス語の名前の車を見ると、車のイメージに合った素敵な名前が多いと思います。有名な車の会社は、一台以上は自社の車にフランス語で名前をつけています。道路を何気無く走っている車から、フランス語が勉強できますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/